特集 PR

NOISEMAKER×キム・ジョンギ 誰もが表現者の時代のプロの姿勢

NOISEMAKER×キム・ジョンギ 誰もが表現者の時代のプロの姿勢

NOISEMAKER『MAJOR-MINOR』
インタビュー・テキスト
小林千絵
撮影:垂水佳菜 編集:久野剛士、矢島大地(CINRA.NET編集部)

音楽とアート、日本と韓国。ジャンルも国境も超えて、2組の表現者たちがコラボレーションを実現した。前作『RARA』(2019年)ではニューヨーク在住のストリートアーティストWKインターアクトとコラボしたロックバンドNOISEMAKERが、10月にリリースした最新シングル『MAJOR-MINOR』で、アートワークを依頼したのは、底なしの筆力で「最強の絵師」とも呼ばれる韓国のドローイングアーティスト、キム・ジョンギだ。領域や活躍のフィールドが違っても、「表現」を生業にする者であれば繋がる心がある。両者の対談から、それが伝わってくるだろう。

制約がないことは、絵を描く人間としてはいいことなのかもしれないし、よくないことかもしれません。(キム)

―NOISEMAKERとキムさんとの出会いはどのようなものだったのでしょうか?

HIDE(Gt):僕とAGが昔からキムさんの作品のファンだったんです。今回の音源が出来上がってジャケットはどうしようと考えたときに、お願いしたいなと思いついたのがキムさんでした。ちょうど日本で展示会をやられていたので、見に行って。それが初対面だったんですけど、その場でジャケットを描いてもらいたいとお願いをしました。

AG(Vo):手紙を韓国語で書いて、音源と一緒に渡したんです。

キム:手書きの手紙をもらったのがひさしぶりで、すごくドキドキしました。字もちょっと子どもが書いたような字で……。

NOISEMAKER:あはは(笑)。

左から:YU-KI、HIDE、キム・ジョンギ、AG、UTA
左から:YU-KI、HIDE、キム・ジョンギ、AG、UTA

キム:でも見た瞬間に、丁寧に書いたという気持ちが伝わってきて感動しました。いまだに自分の作業場の机の上に飾ってあります。

AG:ええ! めっちゃうれしいです。

キム:お話自体、魅力的だったので、手紙をいただかなくてもきっと今回のお仕事は受けたと思うんですけど、手紙をいただいたので絶対にやろうと思いました。

―実際のジャケットの制作において、バンド側とキムさんでやりとりはあったんですか? 「こういう絵にしてほしい」とか。

AG:いや。完全にお任せです。ジャケットは自分たちの好きなアーティストからの答えだと思っているので、それについてのノーはないっていう考え方で。むしろどんな答えが返ってくるのか楽しみでしたね。

HIDE:僕らがお願いしたのはデザイナーさんじゃなくて、「アーティスト」の方。デザイナーだったら「こういうデザインにしてください」って要望を出して、修正してもらって……とやりとりをするんですけど、アーティストなので。僕らの作品に対しての、アーティストの方のイメージが欲しいんです。「こういうふうにしてください」っていうんだったら、自分たちで描けばいいわけですし。

NOISEMAKER(ノイズメイカー)<br>奥から、UTA(Dr)、YU-KI(Ba)、AG(Vo)、HIDE(Gt)<br>札幌にて結成。4人組オルタナティブロックバンド。パンク、ロックに留まらず、HIPHOPやR&B、グランジ、オルタナなど様々なジャンルをクロスオーバーした自由度の高いサウンドに支持を集める。「ROCK×ART」を信念に掲げ、アートワーク、デザイン、サウンドメイクなど全てをセルフで行い「日本一のDIY ロックバンド」とも評される。
NOISEMAKER(ノイズメイカー)
奥から、UTA(Dr)、YU-KI(Ba)、AG(Vo)、HIDE(Gt)
札幌にて結成。4人組オルタナティブロックバンド。パンク、ロックに留まらず、HIPHOPやR&B、グランジ、オルタナなど様々なジャンルをクロスオーバーした自由度の高いサウンドに支持を集める。「ROCK×ART」を信念に掲げ、アートワーク、デザイン、サウンドメイクなど全てをセルフで行い「日本一のDIY ロックバンド」とも評される。
NOISEMAKER『MAJOR-MINOR』を聴く

―「キムさんにジャケットをお願いする」こと自体が作品の一環というか。

HIDE:そうそう。キムさんは下書きなしで緻密な絵を描かれるなど、僕たちには想像もできないようなことをやられていて、要望を出すなんてむしろおこがましいです。

キム:ジャケットのデザインに関してミュージシャンの方から「こうしてください」「これはダメです」といった制約がないことは、絵を描く人間としてはいいことなのかもしれないし、よくないことかもしれません。以前韓国のヒップホップアーティストともお仕事をさせていただいたんですが、そのときはなかなかイメージが思い浮かばなくて苦労して、要望やテーマがあったほうが描きやすかったかなとも思っています。でも今回はお話をいただいた時点で、音楽を聴くよりも前にジャケットのイメージがパッと沸いて。デザインも100パーセント任されていたので、まったく苦労がなかったですね。

―思い浮かんだイメージというものはどんなものだったんでしょうか?

キム:「自分の道をしっかり歩いてる人」が最初に思い浮かびました。韓国ではアイドルなどと比べるとロックってそこまでポピュラーな音楽じゃないんです。韓国に比べたら日本はそんなことないと思いますが、それでもNOISEMAKERさんは10年以上続けていて。しかもバンドは1人で活動するわけじゃなくて、4人で動かないといけないから、4人が協力して、長く自分たちの道を歩いてきたんだと思うんです。その力強さを表現したかった。

キム・ジョンギ<br>1975年、韓国生まれ。東義大学の美術学科で美術とデザインの修士を取得。2002年『ヤングチェンプ』誌でデビュー作『Funny Funny』を発表。現在はライブドローイングを中心に世界各国で活動している。
キム・ジョンギ
1975年、韓国生まれ。東義大学の美術学科で美術とデザインの修士を取得。2002年『ヤングチェンプ』誌でデビュー作『Funny Funny』を発表。現在はライブドローイングを中心に世界各国で活動している。
キム・ジョンギの作品
キム・ジョンギの作品
Page 1
次へ

リリース情報

『MAJOR-MINOR』(CD+DVD)
NOISEMAKER
『MAJOR-MINOR』(CD+DVD)

発売日:2019年10月16日
価格:1,980円(税込)
品番:VPCC-82665

[CD]
1. MAJOR-MINOR
2. Dry
[DVD]
「RARA TOUR」FINAL@TSUTAYA O-EAST
1. RARA AVIS
2. NAME
3. THIS IS ME
4. Change My Life
5. Something New
6. YayYayYayYayYayYayYayYay
7. SADVENTURES
8. One Day
9. Dharma Light
10. Flag
11. To Live Is

プロフィール

NOISEMAKER(ノイズメイカー)

札幌にて結成。AG(Vo)、HIDE(Gt)、YU-KI(Ba)、UTA(Dr)からなる4人組オルタナティブロックバンド。パンク、ロックに留まらず、HIPHOPやR&B、グランジ、オルタナなど様々なジャンルをクロスオーバーした自由度の高いサウンドに支持を集める。“ROCK×ART”を信念に掲げ、アートワーク、デザイン、サウンドメイクなど全てをセルフで行い”日本一のDIY ロックバンド”とも評される。結成以来、「ROCK IN JAPAN FES」や「SUMMER SONIC」、「OZZFEST JAPAN」、「COUNTDOWN JAPAN」など、全国各地の大型フェスに出演。シンガポール、台湾など海外のフェスにも出演し海外からも大反響を得る。初のワンマンツアー「NOISE MANIA」を大盛況に終えた後、中国ツアー「NOISE MANIA IN China」を開催。2018年1月27日に恵比寿LIQUIDROOMで行われたワンマンライブ「RED APHELION TOUR FINAL ONE MAN」ではソールドアウトし、大成功を収めた。同年5月20日に北海道を代表する大きなフェスにしたいという思いを込め、バンドの故郷北海道(札幌)にて「KITAKAZE ROCK FES. 」を主催。現在まで2年連続で開催している。同年7月にはJESSE(The BONEZ、RIZE)をフィーチャリングゲストに迎えたシングル『Wings』を発売し、東名阪札リリースツアーも即完売させた。近年ではアルバム『RARA』をリリース。AGとHIDEによるアートプロジェクト「DOTS COLLECTIVE」の繋がりから、ニューヨークよりストリートアーティスト 「WK Interact」を招き、制作費約1000万円をかけ渋谷のビルの壁に(12m x 12m)にRARAのジャケットを制作し大きな話題となった。リリース後は全国15ヵ所を巡った「RARA TOUR」で各地軒並み完売を続出。ファイナルの渋谷TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブも見事ソールドアウトさせた。

Kim Jung Gi(キム・ジョンギ)

金政基。1975年、韓国生まれ。東義大学の美術学科で美術とデザインの修士を取得。2002年「ヤングチェンプ」誌でデビュー作「Funny Funny」を発表。現在はライブ・ドローイングを中心に世界各国で活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」