特集 PR

枝優花が照射する歪な「男/女らしさ」 新しい時代への確固たる意志

枝優花が照射する歪な「男/女らしさ」 新しい時代への確固たる意志

WOWOW『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』
インタビュー・テキスト
村上広大
撮影:鈴木渉 編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

ジェンダーに関する議論が様々な場所で絶え間なく起こっている昨今。これまでの時代が作り上げた紋切り型の「男らしさ」「女らしさ」という固定観念が揺らいできている。WOWOWプライムで現在放送中のドラマ『彼らを見ればわかること』では、「夫婦関係の多様化」を軸に、これまでのジェンダーロールや、選択することの自由に対して問題提起がされている。

今回、映画監督の枝優花を招いてドラマのストーリーを交えながら話を伺った。映画界は男性社会が今でも根強い。製作される映画の多くは男性監督によるものだし、近年のMeToo問題が巻き起こったのも映画界が発端だった。そうした男性社会の中で作品を撮り続けている枝優花は、女性のジェンダーロールや、生き方の選択についてどのように考えているのだろうか。

「結局は私の人生なので、飛び込むしかない。そうやって自分で自分を崖っぷちまで追い込めば、意外と馬力は出るもんだなと思います」

―今回のドラマは「選択」がテーマのひとつになっています。枝監督は自らの意志で選択して道を切り拓いてきていると感じるのですが、過去の選択について後悔することはありますか?

:もちろん細かな後悔はたくさんありますよ。何でこのシーンをこうやって撮っちゃったんだろうとか。でも、人生的な後悔はないです。もともとものづくりに携わりたいという気持ちがあったので。むしろ、20代のうちから実現できていることはありがたいなと思います。

枝優花(えだ ゆうか)<br>1994年3月2日生まれ。群馬県高崎市出身の映画監督。2018年、初長編監督となった『少女邂逅』が、2018年3月の香港国際映画祭にも正式出品されて話題作に。大学時代から映画の現場に従事し、山下敦弘監督『オーバー・フェンス』特典映像撮影編集、吉澤嘉代子、indigo la End、マカロニえんぴつのMV監督なども務めた。その他も、『ViVi』『装苑』などでのスチール撮影、メイキング、助監督とその活動は多岐に渡る。
枝優花(えだ ゆうか)
1994年3月2日生まれ。群馬県高崎市出身の映画監督。2018年、初長編監督となった『少女邂逅』が、2018年3月の香港国際映画祭にも正式出品されて話題作に。大学時代から映画の現場に従事し、山下敦弘監督『オーバー・フェンス』特典映像撮影編集、吉澤嘉代子、indigo la End、マカロニえんぴつのMV監督なども務めた。その他も、『ViVi』『装苑』などでのスチール撮影、メイキング、助監督とその活動は多岐に渡る。

:でも、やりたいことはあるけど選択できない人ってけっこう多いんですよね。私も同世代からSNS経由で相談のメッセージをいただくことがあるんですけど、選択した身からすると「やればいいじゃん!」って思っちゃいます。もちろん、いろんな事情で行動できないのだろうけど。

―そうですね。

:両親から「映画界は一握りの人しか成功できない」と言われたことがあるんですよ。でも、そもそも両親は映画界にいたわけでもないから、そんなアドバイスを聞いてもしょうがないと思っちゃったんですよね。それに親が反対したから自分はできなかったなんて言い訳は絶対にしたくないんです。迷ってもしょうがない。ダメならダメなだけ。結局は私の人生なので、飛び込むしかない。そうやって自分で自分を崖っぷちまで追い込めば、意外と馬力は出るもんだなと思います。

同じマンションに住むごく普通の3家族が、それぞれの事情や欲望を通して、多様な結婚観、夫婦観や女性の生き方を問いかける。『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』ポスタービジュアル
同じマンションに住むごく普通の3家族が、それぞれの事情や欲望を通して、多様な結婚観、夫婦観や女性の生き方を問いかける。『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』ポスタービジュアル
『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』今後の見どころ

「映画なんて極論言えばあってもなくてもいいものじゃないですか。私のやっていることは世のためになってるのかな? とたまに考えることがあるんです」

―昔からそうやって自分を追い込むタイプだったんですか?

:いえ、そうやって割り切れるようになったのは最近のことなんですよ。以前は保険をかけるタイプで、映画の専門学校なんて怖くていけませんでした。それで大学に行くことにしたんですけど、そこでも単位を落とすのが怖かったから、遊ぶことなく取り組んでいました。

―何かがあって変わった?

:私はお芝居からこの道に入ったんですけど、師匠みたいな人に「世の中にお前のファンなんて一人もいない。どんな有名人でもそう。それは一人ひとりが自分の人生を生きているから。だからこそ、誰かの人生において1%でも意味のある存在になれたらすごいことだと思う」と言われたことがあって、確かにそうだなって。

枝優花

:それからは自分の人生は自分で応援しようと考えるようになったんですよね。それに今は私の作品を見て救われたって言ってくれる人もいるから、以前より自信を持つことができるようになったし、自分が作ったものでお金をもらうことに少しずつ罪悪感も感じなくなってきました。

―罪悪感?

:映画なんて極論言えばあってもなくてもいいものじゃないですか。これが電気やガスを生み出す仕事だったらそうは思わないと思うんですけど。

私のやっていることは世のためになってるのかな? と良く考えてしまいます。だからこそ、楽しいだけで映画を作ってはいけない気持ちがあって。それに苦しみがないと達成感もないだろうから、罪悪感も増える気がするんですよね。ただでさえ芸能界は華やかに見られがちなので。舞台挨拶とかはすごく豪華だし。でも、それって全体の1%くらいで。それ以外の時間はみんなすごく苦しんで悩んでいる。だからと言って、本当は大変なんだと言いたいわけではないんですけど、多くの人は華やかな部分を見て憧れの気持ちを抱くわけだから、私にとってはその1%がすごく大きいし、その裏側の頑張りを大切にしたいんです。

枝優花
Page 1
次へ

番組情報

『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』
『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第4話

2020年2月1日(土)22:00~WOWOWプライムで放送

2月1日(土)WOWOW「無料放送DAY」
8:30から第1話~3話まで一挙無料放送
22:00から第4話を無料放送

監督:深川栄洋
脚本:沢木まひろ
音楽:福廣秀一朗
出演:
中山美穂
木村多江
大島優子
髙橋優斗(HiHi Jets / ジャニーズJr.)
佐久間由衣
七瀬公
中川翼
笠原秀幸
駒木根隆介
堀内敬子
桂三度
片瀬那奈
高橋惠子(特別出演)
片岡鶴太郎(特別出演)
上地雄輔
長野博
生瀬勝久

プロフィール

枝優花(えだ ゆうか)

1994年3月2日生まれ。群馬県高崎市出身。監督作『さよならスピカ』(2013年)が第26回早稲田映画まつり観客賞、審査員特別賞を受賞。翌年の第27回早稲田映画まつりでも『美味しく、腐る。』(2014年)が観客賞に選ばれる。大学時代から映画の現場に従事し、山下敦弘監督『オーバー・フェンス』特典映像撮影編集、吉澤嘉代子、indigo la End、マカロニえんぴつのMV監督なども務める。その他も、『ViVi』『装苑』などでのスチール撮影、メイキング、助監督とその活動は多岐に渡る。初長編監督となった『少女邂逅』は、2018年3月の香港国際映画祭にも正式出品されて話題作に。6月30日から全国で上映され新宿武蔵野館では9週間のロングランとなった。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」