特集 PR

永戸鉄也×ENZO Kawaiiの未来を映すデジタルコラージュの油絵

永戸鉄也×ENZO Kawaiiの未来を映すデジタルコラージュの油絵

永戸鉄也『Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

ありとあらゆるモノが好きなんです。たとえクズやゴミであっても、人によって、あるいは見る角度によっては様々な意味を持つところが面白い。(ENZO)

―2016年の2人の初めての共作展『Paper Show』でも、コラージュが用いられていますね。ベルリンの街中で収集したポスターを素材に、手作業により作られたコラージュ、インスタレーションを展示したものでした。

ENZO:ベルリンに行った時に、街の至るところにポスターが貼ってあるのが目に入ったんですよ。いろんなポスターを、古いものも剥がさずどんどん重ねて貼っていくんですね。

しかも適当な糊を使っているから、ちょっと雨が降るとごそっとまとめて剥がれちゃって、まるで壁が剥がれ落ちたみたいになっている(笑)。それを道端で拾って永戸さんに見せたらすごく面白がってくれて。

永戸:最終的に150キロくらい送ってもらった(笑)。それを全部ギャラリーに集めて1つずつ水でふやかして。1枚ずつ剥がして乾燥させて……っていう、ちょっと異常なプロセスを踏みながら仕上げていきました。あれはなかなかハードだったな。

ベルリンから送られた何枚も貼り重ねられたポスター束をふやかし剥がし乾燥させてからそれをコラージュしていく。そのプロセス込みで作品という感じがしましたね。アートでありながらエンターテインメントでもある。それで「紙のショー」、つまり『Paper Show』というタイトルをつけたんです。

『Paper Show』展示会場 ©104GALERIE
『Paper Show』展示会場 ©104GALERIE

ENZO:僕は2013年にこのギャラリーをオープンしたのですが、明確に「これをやる」というようなことは決めていなかった。その時から考えていたのは「モノをちゃんと見る」「ちゃんと扱う」こと。というのも、ずっとモノが好きなんです。ありとあらゆるモノ……たとえクズやゴミであっても、見る角度によっては様々な意味を持つところが面白い。

―そもそもお2人が知り合ったのは、ENZOさんが美術、永戸さんがディレクターとして関わったミュージックビデオの仕事だったそうですね。

永戸:RADWIMPSの『おしゃかしゃま』(2009年)ですね。そこでENZOくんにセットを作ってもらったのがきっかけだった。紙の集積所が近所にあって、そこでバンドショットを撮りたかったんだけど、あまりにも突然思いついたものだから許可が取れなかったんです。

それを再現して欲しくて、その集積所の写真を彼に何枚か渡したら、もうほぼそのままっていうくらい忠実なセットを作ってくれた。その衝撃は今でも覚えています。

ENZO:その時の僕の印象としては、「とにかくこの人は紙に執着しているんだな」ということ(笑)。

永戸:『おしゃかしゃま』では「紙」の持つ儚さや、自分がライフワークとしているコラージュ、その手作業の「無意味さ」みたいなものを引っくるめて映像に込めたかった。そこで力になってくれたのがENZOくんだったんです。

もし僕が油絵に描き起こしたら、そこには思い入れが映り込んでしまうと思うんです。(永戸)

―永戸さんが長年続けている「コラージュ」という手法には、どのような魅力があるのでしょうか。

永戸:コラージュには作家性よりも、さっき話したような自動生成的な感覚があるんですよね。自分が装置になって、目の前にある様々な素材に触れることで作品が生まれるような。見えない磁力、というのか……基本的にはどんなものに触れても作品にすることができるのでは、と思っています。

ただ、今回の個展『Kawaeye』は、コラージュではなく絵画作品として完結しています。例えば、もし僕が油絵に描き起こしたら、そこには文脈に対する思い入れが映り込んでしまうと思うんです。

『Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato』展示会場
『Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato』展示会場

永戸:でも、贋作村に委ねたことで、文脈への思い入れみたいなものが一切排除された絵が上がってくるんですよ。つまり、めちゃくちゃ上手いんだけど、そこには「想い」が一切入ってない。とても奇妙で、少なくとも僕自身は今までにない感覚を味わいました。最初に見たときは思わず笑ってしまったし。

ENZO:コピー商品としての絵を描いている村にすれば、できるだけ短時間で効率よく仕上げていきたいんですよね。それで流れ作業みたいにして数をこなしていく。その効率性が絵にしっかり出ているんです。でも模写として質の高いものを作ろうという意識はあって、描き込み具合とかがすごいところもある。それがすごくおかしな感じで見えてくる。

永戸:この贋作村自体がそもそもは大量生産、大量消費社会が生んだ歪みと言えます。そういう角度で見ると、この絵はオリジナル作品なのか、コピー商品なのか、という問いも生まれてきますよね。そもそもネットから拾った画像のコラージュが大元で、それが油絵に複製されているという、この状況は何なんだ? っていうことです。

ENZO:全てが本物で、全てが偽物。

―その、空虚な感じが現代っぽくもありますよね。

永戸:そうなんです。今回の展示はとても異質なものになっています。僕の作風としても異質だし、皆さんがこれまで観てきたどの絵画とも違うという意味でも異質。ただ、アートだけど決して難解ではないから、子供から老人まで楽しめると思います。

笑って観てもらえるエンターテイメント性もあるし、じっくり読み解いていけば、現代社会への様々なメッセージが込められています。いろんなレイヤーで楽しめるので、多くの人にぜひ足を運んでいただきたいですね。

『Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato』展示会場
『Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato』展示会場
Page 2
前へ

イベント情報

『Kawaeye』
永戸鉄也
『Kawaeye』

2020年1月25日(土)~3月15日(日)
会場:東京都 池尻大橋 Warszawa、104GALERIE
時間:11:00~18:00(入場は閉場の30分前まで)
休廊日:日、月曜

『Kawaeye』
『Kawaeye Special Talk: 永戸鉄也 × 三宅正一』

日時:2020年2月28日(金)20:00〜21:00
会場:東京都 池尻大橋 Warszawa
入場料:無料
※当日のギャラリー営業時間は11:00〜21:00 です。トークショーへはご自由にご参加ください。
※対談の模様は撮影いたします。ご了承ください。

プロフィール

永戸鉄也(ながと てつや)

アートディレクター。1970年東京生まれ。広告、パッケージデザイン、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー映像、展覧会キュレーション等。音楽、ファッション、アートの領域でディレクションを行う。

ENZO(えんぞ)

セットデザイナー / アーティスト 1972年生まれ。R.mond inc.主宰。PVやCMなどのムービー撮影、雑誌や広告等のスチール撮影、店舗デザイン、展覧会などのオブジェ制作など、あらゆるメディアにおける美術制作を手掛ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子