特集 PR

TERATOTERAの10年を辿る 自分の価値観の変化こそアートの意味

TERATOTERAの10年を辿る 自分の価値観の変化こそアートの意味

TERATOTERA
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

アーティストも、ボランティアも、鑑賞者も、それぞれが変わること——。JR中央線の高円寺~国分寺間で2010年より展開されている『TERATOTERA』は、作品主義、コンセプト主義とも、まち作り目的とも違う、関わる人の変化にこだわり続けてきたアートプロジェクトだ。

アーティストである作り手と「テラッコ」と呼ばれる市民ボランティアは、一緒に企画を作り、日頃から食事や会話を楽しみ、立場を超えて交流。さらに、そのテラッコがイベントの運営主体となるなど、「ボランティアの顔が見える」特異なアプローチも行ってきた。

今回はそんな『TERATOTERA』の歩みと考え方を、ディレクターで、活動拠点である東京・吉祥寺のスペース「Art Center Ongoing」代表の小川希さんに聞いた。アートの内と外の境界が揺らぎ、互いに滲み出すような、その活動を通して見えてきた景色とはどんなものなのか。

10年前、アートは現在のように社会的な注目を集めていなかった。

―『TERATOTERA』には、アーティストと「テラッコ」と呼ばれる市民ボランティアが非常に近しい関係を築いている印象があります。しかも、その関係性はアート活動の範疇を超えて、普段の飲み会のような場面にまで広がっている。そもそも、『TERATOTERA』の活動拠点である「Art Center Ongoing」(以下、オンゴーイング)も、気軽に集まれる空間を設けることで、作家同士のネットワークを作りたいとの思いから生まれたスペースですよね。

小川:はい。僕が考える「アートセンター」は、アートを中心に人が集まれて、そこに行けば作家にも会えるし、作品も見られる場所。気軽に集まれて、コーヒーやお酒を飲める、会話ができる、知らない人に出会える、そんな場所があった方がいいなと思っていたんです。でも、オンゴーイングを設立した2008年当時、いや、現在でもそうかもしれないのですが、日本にはそういう場所はなかったんですよね。

小川希(おがわ のぞむ)<br>1976年東京・神楽坂生まれ。2008年に既存の価値にとらわれない文化の新しい試みを恒常的に実践し発信する場を目指して、東京・吉祥寺に芸術複合施設『Art Center Ongoing』を設立。現在、同施設代表。2009年よりJR中央線・高円寺駅~国分寺駅周辺地域で展開するアートプロジェクト『TERATOTERA』のディレクターもつとめる
小川希(おがわ のぞむ)
1976年東京・神楽坂生まれ。2008年に既存の価値にとらわれない文化の新しい試みを恒常的に実践し発信する場を目指して、東京・吉祥寺に芸術複合施設『Art Center Ongoing』を設立。現在、同施設代表。2009年よりJR中央線・高円寺駅~国分寺駅周辺地域で展開するアートプロジェクト『TERATOTERA』のディレクターもつとめる

―以前、小川さんにお話を聞いたとき、「日本においてアーティストは、とくに社会的なリスペクトも集めないし、経済的にも恵まれない。じゃあ、なぜ作家活動を続けるのかと言えば、『隣にいるこいつが続けているから』という部分が大きい」と話されていたのが印象的でした。(参考:東京アートポイント計画通信

小川:本当は美術館のような公共施設に、そういう人と人をつなぐ機能があったらとも思うんですけど、日本の美術館はやっぱり「作品のための空間」。近くのアーティストに出会うことは、オンゴーイングのような場がないとなかなか難しいと思うんです。

実際にそうした空間を作ってみたら、友達だけではなく世代も職業も超えた作家や住民が集まり、ここをハブに新しいことが生まれる場所になっていった。そこには、美術館のような制度から促されたのではない、フラットに物事が生まれてくるリアリティーがありました。

山本篤『祈りのフォーム』展、関連イベント『誠実な暖房とあたたかい時計②「兆」』での様子 / 会場:Art Center Ongoing
山本篤『祈りのフォーム』展、関連イベント『誠実な暖房とあたたかい時計②「兆」』での様子 / 会場:Art Center Ongoing

小川:2010年に始まった『TERATOTERA』も、都内各所でアートプロジェクト事業を展開するアーツカウンシル東京から、「オンゴーイングのような取り組みを街にも広げてみませんか」と声をかけられたことから生まれた活動です。2011年からは、『TERATOTERA祭り』という大規模展覧会を街を舞台に開催していて、次回で10回目を迎えます。

―アート好きが集まるオンゴーイングだけで活動した方がコンパクトでやりやすい印象もあるのですが、外に出ることのメリットは何だったんですか?

小川:理由の1つは、外に出ることで作家を広く紹介できること。もう1つは、作家たちに経済的な還元ができることです。

オンゴーイングの経営は基本的には赤字続きで(笑)、外の仕事を受けることでギリギリ回している状態。そうしたなかで、オンゴーイングの展示では作家にギャラを出せないけど、外の仕事では制作費やギャラが出せる。作家たちにもさまざまな外の世界とのつながりが生まれる。まずはそれが大きかったですね。

それとオンゴーイングは、作り手が本当に自分の欲望を追求できる場所。僕が良いと言えば、基本的には何をやってもいいんですよ。でも街中に出たら、そうはいかないじゃないですか。もちろん公共性も考えないといけないし、開催地域との関係も出てくる。

東野哲史『a頭かな柔さはら』展、関連イベント『ホネグミ 4th ギグ 4 UWI』での様子 / 会場:Art Center Ongoing
東野哲史『a頭かな柔さはら』展、関連イベント『ホネグミ 4th ギグ 4 UWI』での様子 / 会場:Art Center Ongoing

―作家にとっては、「アートの常識」が通用しない世界に触れる場にもなりますね。

小川:そもそも『TERATOTERA』が始まった10年前、アートは、現在のように社会的な注目を集めていなかったんです。多くの人にとってアートなんて「わからないもの」だからこそ、手放しでやれていた部分があった。

それが、昨年の『あいちトリエンナーレ2019』をめぐる騒動をはじめ、この数年で一気に圧力が強まり、むしろアートだからこそ注視されて規制がかかってしまう状態が生まれてきています。でも僕は、そんな厳しい社会環境のなかで作家が自分の活動を考えることは、すごく意味があることだと思うんです。

小川希

小川:何でもできるわけではない状況のなかで、自分の活動をどう考えるのか。そこには、閉じられた空間では経験できないダイナミズムがあります。

これは、街の人たちにとっても同じですね。街角で、急にギョッとするものと出会う経験はなかなかない。アートプロジェクトは、住民がその耐性を獲得していく機会にもなります。今後、そうした活動はますます難しくなると思うのですが、この10年は、そんな社会実験が公共空間でやれていたありがたい時期でした。

何かにギョッとし、自分の価値観が変わることこそアートの意味だと思う。『TERATOTERA』はそんな体験をさせてもらった場所だと思います。

佐塚真啓『駅伝芸術祭 リターンズ』での様子(2019年) Photo: Takafumi Sakanaka
佐塚真啓『駅伝芸術祭 リターンズ』での様子(2019年) Photo: Takafumi Sakanaka
Page 1
次へ

プロジェクト情報

TERATOTERA

東京都とアーツカウンシル東京と、吉祥寺に拠点を置いて現在進行形の芸術をフィーチャーしている一般社団法人Ongoingが協働して、平成21年度よりJR中央線高円寺駅~吉祥寺~国分寺駅区間をメインとした東京・杉並及び武蔵野、多摩地域を舞台に展開する、地域密着型アートプロジェクト。

主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、一般社団法人Ongoing
※本事業は「東京アートポイント計画」として実施しています。

Art Center Ongoing

いまの時代を担う必見アーティストを紹介するギャラリースペース、新旧アートブックの閲覧も可能な交流の場としてのカフェ&バースペース、そして独自のネットワークにより編纂した広範なアーティスト情報を提供するライブラリーブースを併設する芸術複合施設です。シンポジウムやライブ等のイベントも積極的に行い、現在進行形の表現の可能性を探っていきます。いまアートに何が起きているのか? 新しいつながりから表現の未来を開拓するArt Center Ongoingに、ぜひご来場ください。

プロフィール

小川希(おがわ のぞむ)

1976年東京生まれ。2001年武蔵野美術大学映像学科卒業。2004年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。2007年東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。2002年から2006年にわたり、東京や横浜の各所を舞台に大規模な公募展覧会『Ongoing』を企画、開催。2008年に既存の価値にとらわれない文化の新しい試みを恒常的に実践し発信する場を目指して、東京・吉祥寺に芸術複合施設『Art Center Ongoing』を設立。現在、同施設代表。また、2009年よりJR中央線・高円寺駅~国分寺駅周辺地域で展開するアートプロジェクト『TERATOTERA』のディレクターをつとめる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」