特集 PR

春ねむり、愛と怒りで叫ぶ激情 この世はクソ、でも優しく生きたい

春ねむり、愛と怒りで叫ぶ激情 この世はクソ、でも優しく生きたい

春ねむり『LOVETHEISM』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:松永つぐみ 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2020/04/30

「ロックンロールって、ずっと新しくなり続けることだなって私は思うんです」

―「許す」というのは、ひとりぼっちな、孤独な行為だなと思います。

春ねむり:そうですね。だから、宗教は外側に理由を作るんだと思うし。でも、人を許すために外側に理由を作るのは、私はすごく罪深いことだと思う。私は、私自身の「許し」に他人を巻き込むのが怖いです。怖いから、それをしないように自分に言い聞かせている。本当にひとりでいないと、本当のことはわからないんだろうなって思います。

春ねむり

―ねむりさんの書く歌詞には、ときに「神」という言葉が出てきますね。それを聴いていて感じるのは、ねむりさんは神や信仰の存在をすごく疑っているし、ときに嫌悪もしているんだけど、それでもどうしようもなく祈ってしまう、祈らずにはいられない……そんな人間の在り様を、音楽に刻んでいるんじゃないか、ということで。

春ねむり:そうですね……。私、中高6年間キリスト教の学校に通っていて、そこでは毎日、礼拝があったんですよ。私、その礼拝の時間がすごく嫌いで……。手垢のついた思想が嫌いなんですよね。アップデートしないものが嫌い。

歴史を知ることと、そこにあるものにすがりつくことは全然違うことだから。新しくならない人や、新しくならない思想がすごく嫌いなんです。でも、宗教って、そういうシステムじゃないですか。私自身がそう見られるのも嫌だし、自分がなにかをそうやって扱ってしまうことも嫌だなって思う。

―うん。

春ねむり:学校の礼拝の時間では、礼拝堂に集合して、歌って、先生の話を聞いて、また歌って、そのあとに祈るんです。私は宗教とか、礼拝自体は嫌いだったけど、祈る時間だけは好きだったんですよね。

その空間では、いわゆるキリスト教的な神は、もはや形骸化しているんですよ。でも、みんなそれぞれ違うものに祈っている。「祈り」だけが、ただそこにあるっていうことが、すごく美しいなと思っていました。

―祈るというのも、また、すごく個人的な行為だなと思います。

春ねむり:だからこそ、「その祈りに名前をつけないでくれ」ってずっと思ってきたし、そういうことをしている人を見ると、本当に腹が立つ……。なんで、「ただ、そこにある」だけで美しいものを、わざわざ引きずり降ろして、みんなでわかり合う必要があるんだろう? って。ミュージシャンでそういうことをしている人を見ると、「なんのために歌っているんだろう?」って思う。「なんのために旋律はあるの?」って。

春ねむり“Pink Unicorn”を聴く(Apple Musicはこちら

―暴論なので怒られるかもしれないですけど、言い切ってしまうと、僕のなかで「神や信仰を持たない祈り」というのは、ねむりさんの歌詞のなかにも出てくる「ロックンロール」という言葉と、ほとんど同義なんです(笑)。

春ねむり:なるほど(笑)。……「ロックだなぁ」って思う人はいっぱいいるけど、「ロール」している人ってあんまりいないですよね。ロックンロールって、ずっと新しくなり続けることだなって私は思うんです。変わることって、すごく怖いことで。でも、アップデートしていかないと本当の意味で、優しくはなれないから。

だから、「この人はロックンロールだな」と思う人って、すごく優しいなって思う。もしかしたら、その軸に、祈りがあるのかもしれない。なにもかもが変わっていく、その軸に、ただあるだけの祈り。なんて美しい……なんだか曲が書けそうですね(笑)。

春ねむり

「『ただそこにある』ことを自分が認めてあげられることが、大きな意味での『愛』だと思うんですよ」

―新作『LOVETHEISM』の話にいくと、音楽的にはヘビーな作品ですよね。たとえば“海になって”のギターサウンドとか、ものすごく激しく、それでいて静けさがありますね。

春ねむり:私、ギターを弾けないので、「こういう感じの音にしたいです」ってギタリストの方に送ってから、届いた音を、またエンジニアさんに「こういう音にしたいです」って送るんですけど、毎回、「もっと歪ませてください、もっと歪ませてください」って言っているんですよね。だから、通常よりも歪んでいるのかもしれない(笑)。

―ははは(笑)。

春ねむり:“海になって”って、2017年に作った曲なんですよ。今回の曲のなかで一番古い曲なんですけど、この曲のギターは西田修大さん(ex.吉田ヨウヘイgroup、現在は中村佳穂や君島大空のサポートなどで活動。西田は春ねむりの大学の先輩にあたる)に弾いてもらったんです。

春ねむり“海になって”を聴く(Apple Musicはこちら

春ねむり:でも、エンジニアさんとのコミュニケーションが上手くいかなくて、一度、西田さんにクリーンの音を送ってもらって、「Logic」(Appleによって開発・販売されている、macOS上で動作するMIDIシーケンサー及びデジタルオーディオワークステーションの機能を持つ音楽制作ソフト)に入れたその音を自分で、とりあえずフルテンからいじっていくっていう感じで作りました(笑)。そのときライブで台湾にいたので、台中から台北に行くバスのなかで、イヤホンをしながらその作業をやったんですよ(笑)。

―(笑)。今作の音を聴いていると、「不在の在」というか、音のなかに、ねむりさんが「いないのに、いる」という感覚を受けました。

春ねむり:嬉しいです。私のなかで、「私」と「春ねむり」ってちょっと違うんですよね。すごく違うわけではないんだけど、ちょっと違っていて。私が「こういうふうに生きたい」と思う在り方そのものが「春ねむり」だから、踊っているのも歌っているのも「私」だけど、「私じゃない」っていう感じはすごくあるんです。

だから、ステージのうえで歌ったり踊ったりしているのも私だけど、本当の意味での「私」は、そこでただ祈っているだけなんです。そういう意味では、観ている人と、そんなに大差ないんですよね。その状態が一番美しいと思うんです。

春ねむり

―タイトルもそうなんですけど、この作品のなかでは「愛」という言葉が、とても大切なものとして歌われているという印象を受けました。ねむりさんにとって「愛」という言葉は、どういうニュアンスを持つものですか?

春ねむり:なんだろう……「ただそこにある」ことを自分が認めてあげられることが、大きな意味での「愛」だと思うんですよ。でも、それを信じられなくなるときってよくあると思うんですよね。

「生きていけない」と思ったり、誰かを「わかりたくない」と思ったり、意味のわからないものとして切り捨ててしまいたくなったり。私はそういう態度をとることで、どんどんと「愛」そのものから遠ざかっていってしまう気がするんです。自分にも、そういう部分があるんだって、言い聞かせている感じもするんですよね、この作品は。だから、<愛よりたしかなものなんてない>って、半ばやけくそに叫んでる(笑)。これはもう、自分に言い聞かせているなって思うんですよね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

春ねむり『LOVETHEISM』
春ねむり
『LOVETHEISM』

2020年3月20日(金)配信

1. ファンファーレ
2. 愛よりたしかなものなんてない
3. Pink Unicorn
4. Lovetheism
5. 海になって
6. Riot
7. りんごのうた

春ねむり
『LOVETHEISM』(CD)

2020年6月12日(金)発売
価格:2,000円(税込)
TO3S-0014

1. ファンファーレ
2. 愛よりたしかなものなんてない
3. Pink Unicorn
4. Lovetheism
5. 海になって
6. Riot
7. りんごのうた

プロフィール

春ねむり
春ねむり(はる ねむり)

神奈川・横浜出身のシンガーソングライター / ポエトリーラッパー。2016年に“春ねむり”としての活動を始め、自身で全楽曲の作詞・作曲を担当する。2018年4月に初のフルアルバム「春と修羅」をリリースした。2019年にはヨーロッパを代表する20万人級の巨大フェス「Primavera Sound」に出演。さらに6カ国15公演のヨーロッパツアーを開催し、多数の公演がソールドアウトとなった。2020年3月に約2年ぶりとなるオリジナルアルバム「LOVETHEISM」を配信リリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子