特集 PR

箭内道彦×今日マチ子 藝大で学んだ、個人と向き合うもの作り

箭内道彦×今日マチ子 藝大で学んだ、個人と向き合うもの作り

東京藝術大学
インタビュー・テキスト
長嶋太陽
撮影:持田薫 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

ものを作る上で大切なこととは。「風とロック」のクリエイティブディレクター箭内道彦と、漫画家・今日マチ子が対談。在学時期こそ違うものの、ともに東京藝術大学の卒業生である二人。その対話の中で浮き彫りになったのは、アートの存在意義であり、二人に共通するもの作りの基本姿勢だった。

※この取材は東京都の外出自粛要請が発表される前に実施しました。

自分のできることを模索した。二人が学生時代を回想

―箭内さんと今日マチ子さんは、今回が初対面なんですよね。

今日:きちんとご挨拶するのは初めてなんですけど、実は博報堂の入社試験の面接でお会いしてると思うんです。

箭内:え! 博報堂の入社試験を受けていたんですか?

今日:金髪の派手な方が作品を見てくれて、もしかしたら箭内さんかも? と思ったのですが、緊張しすぎていて、ちゃんと顔も見られず……。もちろん箭内さんのことは存じ上げていたのですが…(笑)。

箭内:金髪の派手な方、きっと僕ですね(笑)。改めてよろしくお願いします。

箭内道彦(やない みちひこ)<br>クリエイティブディレクター。タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」、リクルート「ゼクシィ」、サントリー「ほろよい」等、数々の話題の広告をディレクション。「月刊 風とロック」発行人、福島県クリエイティブディレクター、渋谷のラジオ理事長、2011年大晦日のNHK紅白歌合戦に出場した猪苗代湖ズのギタリストでもある。東京藝術大学 学長特命・美術学部デザイン科教授。
箭内道彦(やない みちひこ)
クリエイティブディレクター。タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」、リクルート「ゼクシィ」、サントリー「ほろよい」等、数々の話題の広告をディレクション。「月刊 風とロック」発行人、福島県クリエイティブディレクター、渋谷のラジオ理事長、2011年大晦日のNHK紅白歌合戦に出場した猪苗代湖ズのギタリストでもある。東京藝術大学 学長特命・美術学部デザイン科教授。

―お二人とも東京藝術大学(以下、「藝大」)の卒業生でもあると思いますが、箭内さんは現在、藝大の教授であり、広報ブランディング戦略の担当もされているんですよね。広報に関してはどんなことを考えているのでしょうか?

箭内:まず最初に、「藝大とはなにか」を考えるきっかけとしてタグラインの募集をしました。教職員、学生、OB、いろんな人に、それぞれが思う藝大を一言で表現してもらったんです。結果として、230を超える応募の中から、「才能の森、創造の泉」という応募作をブラッシュアップして「世界を変える創造の源泉」というタグラインに決まりましたね。

藝大タグライン冊子『GEIDAI is ○○』
藝大タグライン冊子『GEIDAI is ○○』

―ホームページのコンテンツも手がけているんですよね。

箭内:芸術家の卵である藝大生の親御さんに登場していただき、さまざまな苦労や思い出、人が芸術を志す過程を親目線で語ってもらう「藝大生の親に生まれて」、藝大の著名な卒業生に直系の現役藝大生がインタビューをする「藝大人たち」、あとは、藝大の理事であり、NHKでクローズアップ現代という番組を担当されていた国谷裕子さんが藝大の教授を訪ね、深掘りしていく「クローズアップ藝大」っていう企画も……。

―オマージュですね(笑)。

箭内:ちゃんと国谷さんの承認を得ましたよ(笑)。藝大の財産は人。面白い人がいっぱいいるということを伝えたいから、人を伝えるコンテンツを作っているんです。少し前に『最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―』(二宮敦人 / 新潮文庫)っていう藝大の本が話題になって、卒業生の大半は行方不明である……みたいな帯が書いてあったんですけど、ちゃんと所在のわかる人がたくさんいるんですよ、と。

今日:私もその本にコメントを寄せて、売るのに加担しちゃってました(笑)。

箭内:あ、そうだったんですか?!(笑)でも、はみ出しているところを丸くしない、というのも藝大らしさですからね。

―お二人は、学生時代にはどんなことを学んでいたのでしょうか?

箭内:僕は3浪してデザイン科に入りました。当時のデザイン科は倍率が50倍。3浪もすると「合格して藝大生になること」が最終目標みたいになっちゃって、合格したら目標を達成した気になって、いつのまにか4年経っちゃいました。「自分にしか描けない絵・デザインってなんなんだ?」っていろいろ試すんだけど、全部誰かがやったなにかに似てたりして、もがきながら逃げながら、広告の世界にたどり着いたという感覚です。

―もともとは「広告の道に進む」という強い意志を持っていたわけではなかったのでしょうか?

箭内:いえ、広告をやろうと思っていました。当時は「芸術はわかる人にだけわかればいいものだ」という風潮があって、それが嫌だったから、たくさんの人が笑顔になる仕事のほうがいいなって。ある意味、芸術への反抗で広告の道を選んだんです。

―芸術の権威的なところに反発していたんですね。

箭内:自分の置かれた場所に文句をいったり、反抗したりするのが好きだったんですよ。当時は就職するよりも、パンの耳をかじってでも自分の作りたいものをを作る人が圧倒的にかっこいいっていう空気も強くありました。僕自身はそれを選ばなかったし、選べなかったんですよね。

―今日さんはどんな学生だったのでしょう?

今日:私は先端芸術表現科でした。実際に入ってみると、他の学部と違って新しい学科なのでシステム自体がまだ確立されていなくて、先生方が新しいなにかをしようとするたびに学生が反発するみたいな構図になっていましたね(笑)。ひたすら誰かと誰かが対立していた記憶があります。

今日マチ子(きょう まちこ)<br>漫画家。1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題に。4度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。戦争を描いた『cocoon』は「マームとジプシー」によって舞台化。2014年に手塚治虫文化賞新生賞、2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門を受賞。短編アニメ化された『みつあみの神様』は海外で23部門賞受賞。近著に『センネン画報 +10years』『もものききかじり』『ときめきさがし』等。現在『かみまち』をグランドジャンプで連載中。
今日マチ子(きょう まちこ)
漫画家。1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題に。4度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。戦争を描いた『cocoon』は「マームとジプシー」によって舞台化。2014年に手塚治虫文化賞新生賞、2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門を受賞。短編アニメ化された『みつあみの神様』は海外で23部門賞受賞。近著に『センネン画報 +10years』『もものききかじり』『ときめきさがし』等。現在『かみまち』をグランドジャンプで連載中。

―混沌とした状況だったんですね。

今日:やる気があったからこその対立、ともいえるんですけどね。私は当時、自分になにができるのか模索していて、イラストと作文が好きだったので、今でいうZINEを作っていました。2年次以降の課題はすべてそれで通して卒業したんです。デザイン科はみんな仲がよくて、すごく羨ましかったのを覚えています。

箭内:僕が通っていた当時もデザイン科は仲がよかったですね。みんなで旅行に行ったりもしてました。ただ、仲はよくても、「自分にはなにができるんだろうか? なにもできていないな」って毎日突きつけられる感覚はありました。だから僕にとって、藝大ってなにかを教えてもらう場所というより、ヒリヒリとした感覚とともに自分に向き合う場所だったんですよね。

Page 1
次へ

サービス情報

東京藝術大学

東京藝術大学が運営するウェブサイト。箭内道彦がコンテンツのディレクションをして、藝大生の親の苦労が語られる「藝大生の親に生まれて」、藝大の卒業生に現役藝大生が話を聞く「藝大人たち」などの企画がある。

プロフィール

箭内道彦(やない みちひこ)

クリエイティブディレクター。タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」、リクルート「ゼクシィ」、サントリー「ほろよい」等、数々の話題の広告をディレクション。「月刊 風とロック」発行人、福島県クリエイティブディレクター、渋谷のラジオ理事長、2011年大晦日のNHK紅白歌合戦に出場した猪苗代湖ズのギタリストでもある。東京藝術大学 学長特命・美術学部デザイン科教授。

今日マチ子
今日マチ子(きょう まちこ)

漫画家。1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題に。4度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。戦争を描いた『COCOON』は「マームとジプシー」によって舞台化。2014年に手塚治虫文化賞新生賞、2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門を受賞。短編アニメ化された『みつあみの神様』は海外で23部門賞受賞。近著に『センネン画報 +10years』『もものききかじり』『ときめきさがし』等。現在『かみまち』をグランドジャンプで連載中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察