特集 PR

クラフトビールのブルックリン・ブルワリーが大切にした哲学と仲間

クラフトビールのブルックリン・ブルワリーが大切にした哲学と仲間

Brooklyn Brewery Alternatives Project
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:玉村敬太 編集:今井大介(CINRA.NET編集部)

ニューヨークでカルチャーとともに育ってきた世界的クラフトビールメーカー「ブルックリン・ブルワリー」が、日本で活動するアーティストをサポートするプロジェクト『Brooklyn Brewery Alternatives Project』(以下、『Alternatives』)をスタートさせる。1988年に創業され、アメリカのビール業界に変革を起こしたブルックリン・ブルワリーは、ブルックリンを拠点に、音楽やアート、ファッションなど、様々なカルチャーと関わりながら、ともに成長を続けてきた。そして、その哲学に共感する日本のアーティストともに、新たな価値観を生み出し、共有しようというのが今回のプロジェクトである。

その第一弾として、Yogee New Wavesの角舘健悟とのコラボレーションが決定。ヨギーの楽曲“Summer of Love”で歌われている「未知との遭遇」を掲げ、現在角舘が興味を持っている様々な領域のクリエイターとの出会いを通じて、新たな表現を模索し、それをメンバーシップ制のコミュニティで発信していくことが予定されている。今回はそのイントロダクションとして、ブルックリンブルワリージャパンの担当者に会社の歴史とプロジェクトの背景、彼らの重要視する「Brooklyn State Of Mind」の精神性について話を聞いた。

ブルックリンの活気を取り戻すために、「メインストリームじゃなくても、オリジナルなものに拍手を送る」というクラフトマンシップの価値観が作られていった。

―まずはブルックリン・ブルワリーがアーティストをサポートするための『Alternatives』というプロジェクトをスタートさせるに至った経緯についてお伺いしたいです。

小西:そもそもブルックリン・ブルワリーが生まれたきっかけは「ブルックリンという街をおいしいビールで元気にしたい」という想いだったんです。ブルックリンはもともと製造業とビールの街としてすごく栄えていたのですが、時代の変化と法改正の影響で、40以上あったブルワリーの全てが閉鎖されるなど、徐々に活気を失ってしまいました。マフィアがいる近寄りがたい街になってしまったそうです。でも、創業者のスティーブ・ヒンディは「ブルックリンには新しいものを生み出す力がある」と信じていて、彼が「もう一回ブルックリンに火を灯すんだ」という想いで作ったのがブルックリン・ブルワリーなんです。

小西裕太(こにし ゆうた)<br>ブルックリンブルワリー・ジャパン マーケティングダイレクター
小西裕太(こにし ゆうた)
ブルックリンブルワリー・ジャパン マーケティングダイレクター

―おいしいビールによって、街を元気にしようと。

小西:スティーブは、街を元気にするにはまず人を集めることが必要で、ビールは人を呼び寄せる魅力的な液体だという考えを持っていて。なおかつ、ブルックリンはもともと製造業の街だっただけに、その延長線上で、「何か新しいものを自分の手で作り出そう」というアーティストがいっぱい住んでいた街でもあったんですね。その歴史を考えると、ブルックリンが活気を取り戻すためには、アーティストの力も必要だと考えた。そういう中で、「自分の好きなものを見つける」とか「メインストリームじゃなくても、オリジナルなものに拍手を送る」というクラフトマンシップの価値観が作られていったんです。

―それがイコール、ブルックリン・ブルワリーの価値観になっていったわけですね。

小西:なので、そうやってブルックリン・ブルワリーがアメリカでやってきたことを日本でも再現したいっていうのが『Alternatives』の始まりです。「ビールによって、コミュニティを元気にする」ということと、メインストリームじゃなくても、実はすごくおいしくて楽しいものがあるっていうことを、アーティストと一緒になって掘り起こしたいということですね。

―クラフトビール自体、スティーブさんが中東で発見して、それをブルックリンに広めたそうで、そこからしてもうオルタナティブですよね。

小西:そうですね。当時のビールの常識は「軽い味わいのものを水のように流し込む」だったけど、スティーブが中東で見つけたのは、濃厚な味わいのゆっくり飲むビールだったんです。それを「こんなビールもある」って提示することで、そのおいしそうな匂いに人が集まってきたということだと思います。

―そして、その中にはいろんな分野のアーティストがいて、ブルックリン・ブルワリーのロゴを作ったミルトン・グレイザーもその一人だった。彼は「アイ・ラブ・ニューヨーク」のロゴの創案でも知られるグラフィックデザイナーです。

小西:スティーブがミルトンに「この街を象徴するロゴを作ってほしい」って依頼して、そこから生まれたロゴだそうです。「DIY=Do It Yourself」っていう言葉がありますけど、ブルックリン・ブルワリーが大事にしているのは「DIO=Do It Ourselves」で、メインじゃない裏面の価値を、それを称えてくれる人たちと一緒に作っていこうという考えなんです。なので、アーティストたちも仲間で、ミルトンもタダでやってくれたらしくて(笑)。

―え、タダだったんですか?

小西:当時、ほぼ紙切れ状態の名もない会社の株式と、「ブルックリン・ブルワリーのビールが一生飲める」っていう、そのふたつを報酬にやってもらったそうです。ミルトンは「俺が仕事をするのは自分が気に入ったやつだけだ」と言っていて、それは上から目線というわけではなく、一緒に新しいものを作れそうだと納得した人と仕事をしたいということで。ブルックリン・ブルワリーもコラボレーションするアーティストを選ぶときは、そのアーティストが何を成し遂げたいのか、一緒に何をしたいのかに注目して選んでいます。

日本橋兜町にあるブルックリン・ブルワリー世界初の旗艦店「B」
日本橋兜町にあるブルックリン・ブルワリー世界初の旗艦店「B」
Page 1
次へ

プロジェクト情報

『Brooklyn Brewery Alternatives Project』
『Brooklyn Brewery Alternatives Project』

「クラフトビール」がまだ一般的でなかった1980年代から、地元ブルックリンのアーティストやミュージシャンとコミュニティを作り、共に成長し、「クラフトビール」という新しいビール市場を開拓してきたブルックリン・ブルワリー。常に「自分たちらしく」歩んできたビールブランドとして、既成の価値にとらわれず、自分らしく活動するオルタナティブなアーティストの活動をサポートするプロジェクトが、『Brooklyn Brewery Alternatives Project』です。

本プロジェクトは、独自の視点でカルチャーの紹介を続けているWEBメディア「CINRA.NET」をパートナーに迎え、ものづくり精神を互いに共有できるアーティストを選出していくシリーズ企画。第一弾アーティストは、バンドYogee New Wavesのボーカルとして活躍する角舘健悟に決定。「未知との遭遇」をテーマに、角舘健悟が様々なアーティストと出会い、コラボレーションをしながら新しい創作物を生み出します。

また、『Brooklyn Brewery Alternatives Project』ではプロジェクトに賛同するコミュニティーメンバーも募集中。メンバー限定で、定期的にプロジェクトの活動レポートが届くほか、プロジェクトで生み出された創作物が抽選でプレゼントされる予定です。

プロフィール

小西裕太(こにし ゆうた)

ブルックリンブルワリー・ジャパン マーケティングダイレクター

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される