特集 PR

Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

Ken Yokoyama『Bored? Yeah, Me Too』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織 編集:久野剛士、山元翔一(CINRA.NET編集部)

コロナ禍によってライブハウスの存在意義が社会問題化する中にあって、Ken Yokoyamaの発言を待っていた人はきっと多かったはず。しかし、昨年10月に『PUNKROCKERS BOWL』を体調不良でキャンセルして以降、バンドとしての表立った活動は一切なく、それどころか、コラムも昨年2月から更新がないし、Twitterでも代名詞の「もんげー!」を数度つぶやくのみ。Ken Yokoyamaはこの一年をどのように過ごし、なにを考えていたのか?

その答えは、以下のKen Bandのインタビューで赤裸々に語られている。ファンの方は少なからず動揺するだろうし、2011年の震災時の姿をイメージすれば、肩透かしを食らう部分もあるかもしれない。しかし、「今は個の人間力が問われる」という彼の発言には確かな説得力があるし、新ドラマーのEkkunを迎えて新体制となったKen Bandは、今まさに個としての強さを磨いている真っ最中だ。新作ミニアルバムのタイトルは『Bored? Yeah, Me Too』。「退屈してる? 俺もだよ」。この言葉をこの温度感で届けてくれるのは、やはりKen Yokoyamaしかいない。いつかの再会を願って、まずは現状報告をお届けする。

Ken Yokoyamaアーティスト写真(左から:Hidenori Minami、Ekkun、Ken Yokoyama、Jun Gray)
Ken Yokoyamaアーティスト写真(左から、Hidenori Minami、Ekkun、Ken Yokoyama、Jun Gray)

体調不良、コロナ、Ken Bandが直面した、空白の1年に続いた不測の事態

―昨年10月に出演予定だった『PUNKROCKERS BOWL』がKenさんの体調不良によってキャンセルになり、その後は表立った活動がなかったわけですが、まずは当時の状況を話していただけますか?

Ken(Vo,Gt):その前のツアー中の9月に、僕はまた抑うつ状態をやったっぽくてですね……そういうのって、病名とか難しいんですよ。骨折だったら骨折って言えるけど、気持ちの病気というか、症状というか、そういうのはなかなかジャッジが難しくて、ただ明らかにやばいぞっていう状態になっちゃってたんです。それで、メンバーに話をして、PIZZA OF DEATHに話をして、10月以降の予定を全部止めさせてもらって。

―なにが原因とは一言では言えないと思いますが、昨年は3月から新体制でのツアーが断続的に続いていて、その一方では、宮本浩次さんとの活動もあって、どこかオーバーワークな部分もあったのでしょうか?

Ken:いや、ホントに原因はわからないですね。全部楽しくやってたはずなんですよ。宮本さんとの共演もすごく楽しかったですし、Ken Bandのツアーも……バンドなのでいろんな課題があって、それをクリアしようとするのは当然のことですし、新曲も書き進めていて、すごく充実していたはずなんですけど、なぜかなっちゃったんですよね。

横山健が参加した宮本浩次“Do you remember?”

―メンバーのみなさんは話を聞いて、どう思われましたか?

Jun(Ba):ツアーで岩手にいたときに、ライブの前の日に「ミーティングをしたい」って言われて……突然といえば突然だったけど、そのツアー中「ちょっと疲れてんな、この人」くらいの感じはうちらもわかってて。悪くないライブをやっても、とにかく終わると相当疲れてるみたいな状態だったから、「調子悪いのかな?」くらいには思ってたんです。で、話を聞いて、「そういうことか。じゃあ、止めるしかないね」って。選択肢はそれしかないっていうか、騙し騙しやってもまずいだろうし。まあ、いっぱい曲も作ってて、レコーディングの予定もあったから、「あちゃー!」とは思いましたけどね。

Ken:フルアルバムを録るつもりで、12月にレコーディングスタジオを押さえてたんですよ。そういうのも全部白紙にしちゃって。

Minami(Gt):Matchanの脱退があって、その流れのままEkkunが入って、あんまり間を空けずにツアーを始めて、そのツアー自体も上手くいってるのかいってないのかっていう状態でずっとやっていて。なので、バンド的に一回休憩しなきゃねって状況ではあって。Ekkunも追いつめられてただろうから……まあ、結果必要な休みだったのかもしれないですね。

Ekkun(Dr):「俺にやらせろ!」くらいの感じで入って、気合十分でツアーに出たんですけど、自分の課題にいきなり直面しちゃって、あれよあれよという間にツアーが終わってた感じで……ちょっと打ちのめされてはいて。なので、そのときはあんまり全体を見られてなかったんですけど、今改めて思うと、できるだけ状況を冷静に捉えて、Kenさんがいつ戻ってきてもいいような状態をキープしようって、そんな風に考えてたかもしれないです。

―9月に活動を一度ストップして、水面下ではどのように動いていたのでしょうか?

Ken:30歳のときにやった抑うつは結構ひどかったんですけど、今回は軽度で済んで、11月には練習を再開できたんです。なんだけど、その時点で4月まで入っていた予定を全部キャンセルさせてもらったので、体調がよくなったからって、「じゃあ、ツアーしよう」みたいなわけにもいかなくて、ひたすら曲を作ってました。年明けくらいにもう一度レコーディングを、4月にブッキングしたんです。でも、2月から3月にかけて刻々とコロナの状況が悪くなっていったじゃないですか? 4月なんて、当然飛びますよね。それでまたもレコーディングがキャンセルになってしまって。

横山健(よこやま けん)<br>1969年東京出身。1991年にHi-STANDARDを結成、ギタリストとして活躍。1999年にレーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」を設立、社長を務める。Hi-STANDARD活動休止後の2004年にはアルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。その後、通称・Ken Bandを率いてライブを行う。また自身の主宰するレーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」でも精力的に活動し、これまでWANIMA、HAWAIIAN6、DRADNATS、GARLICBOYS、MEANING、SLANG、SAND、SNUFF等の国内外のバンドを輩出してきており音楽シーンにおいて常に第一線で活躍している。
横山健(よこやま けん)
1969年東京出身。1991年にHi-STANDARDを結成、ギタリストとして活躍。1999年にレーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」を設立、社長を務める。Hi-STANDARD活動休止後の2004年にはアルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。その後、通称・Ken Bandを率いてライブを行う。また自身の主宰するレーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」でも精力的に活動し、これまでWANIMA、HAWAIIAN6、DRADNATS、GARLICBOYS、MEANING、SLANG、SAND、SNUFF等の国内外のバンドを輩出してきており音楽シーンにおいて常に第一線で活躍している。

―また別の理由でキャンセルになってしまったと。

Ken:なにが原因で動けないんだか、わけわかんなくなってましたね。11月に練習を再開したときは、4月にレコーディングをして、6月くらいにツアーで復活、みたいな青写真を描いてたわけですよ。でもそれも崩れちゃって、あららどうしようっていう。

―いろいろなことが重なって、変に声明を出すのも難しかった?

Ken:SNSとの付き合い方を変えたっていうのもあって。「日常でパッと思った思想を垂れ流すのはどうなのかな?」って思い始めて……だから、完全に「もんげー!」おじさんになってて(笑)。たぶん……疲れたんでしょうね。Twitterのあの感じに疲れて、うんざりしたんだと思います。「治りました。ご迷惑おかけしました」っていうのも嫌だったんです。僕、Instagramのストーリーでふざけたことをいっぱいやっていて、そういうことはたまにやりたくなるんですけど、どうせ一旦引っ込んだんだから、全部やめておこうかなって。結局活動がなければ知らせることもないので、そのタイミングを待っていたら、コロナでさらに伸びてしまったという感じです。

―新型コロナウイルスの感染拡大以降、SNSでの誹謗中傷の問題や、メンタルヘルスの問題はよく話題に上がるようになりましたが、それは以前からあった問題ですもんね。

Ken:それはもう何年も前から思っていたことで、だからホントTwitterを見返すと……「もんげー!」と「攻めっから」しか言ってないです。発信したくないわけではなかったけど、する機会もなかったですし。やっとこのミニアルバムを録ったので、「聴いてください」って紹介する動きができましたし、また始めるかもしれないですけどね。

Ken Yokoyama『Songs Of The Living Dead』を聴く(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

リリース情報

Ken Yokoyama『Bored? Yeah, Me Too』通常盤
Ken Yokoyama
『Bored? Yeah, Me Too』通常盤(CD)

2020年9月25日(金)発売
価格:1,815円(税込)
PODRS-2

1. Runaway With Me
2. Woh Oh
3. Balls
4. Still I Got To Fight
5. Count Me Out
6. You Are My Sunshine

Ken Yokoyama
『Bored? Yeah, Me Too』Tシャツ付(CD)

2020年9月25日(金)発売
価格:4,565円(税込)
KN-117TS / PODRS-2

1. Runaway With Me
2. Woh Oh
3. Balls
4. Still I Got To Fight
5. Count Me Out
6. You Are My Sunshine

プロフィール

Ken Yokoyama
Ken Yokoyama(けん よこやま)

1969年東京出身。1991年にHi-STANDARDを結成、ギタリストとして活躍。1999年にレーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」を設立、社長を務める。Hi-STANDARD活動休止後の2004年にはアルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。その後、ソロバンド通称・Ken Bandを率いてライブを行い、2005年に『Nothin' But Sausage』、2007年に『Third Time's A Charm』をリリース。2016年3月には自身2度目となる日本武道館公演を「Dead At Budokan Returns」と称して開催。また自身の主宰するレーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」でも精力的に活動し、これまでWANIMA、HAWAIIAN6、DRADNATS、GARLICBOYS、MEANING、SLANG、SAND、SNUFF等の国内外のバンドを輩出してきており音楽シーンにおいて常に第一線で活躍している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を