特集 PR

小谷実由は「好き」を原動力に。思いや記憶を慈しみ、布教する

小谷実由は「好き」を原動力に。思いや記憶を慈しみ、布教する

LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」
インタビュー・テキスト
松井友里
撮影:寺内暁 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

喫茶店、花壇、チョコミントアイス、猫、お洋服や化粧品。モデルとして活動しながら、こよなく愛するものたちへの思いを、SNSや執筆活動などを通じて発信している小谷実由。大切だと思うものに惜しみなく心を尽くし、「伝えたい」という気持ちを原動力としている彼女が、昨年立ち上げたスカーフプロジェクトが「moderni(モダニ)」だ。

「東京」「奈良」といった、地名に由来する名前が付けられている「moderni」のスカーフたちもまた、彼女が過去に訪れた土地や、空間に関する記憶への愛着や思いをインスピレーション源に、デザインが生み出されているのだという。

空間を豊かにするLIXILの壁材商品「エコカラット」の新プロジェクトLIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」とCINRA.NETがコラボレーションし、空間と人との関係にフォーカスして、インタビューを行っていくこの連載企画。作り手から受け取った思いや、空間にまつわる大切な記憶、スカーフやヴィンテージマンションなど古くから伝わってきたもののよい部分を、自分らしいやり方で慈しみ、時代に即した形でそっと差し出すような活動を行っている小谷の根幹にあるものを教えてもらった。

もの作りの過程を知り、熱量を知る。だから好きになるーー小谷実由の審美眼を聞く

小谷実由(おたに みゆ)<br>ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。
小谷実由(おたに みゆ)
ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。

―おみゆさん(小谷の愛称)はたくさんの「好きなもの」を持っていて、それらを愛でつつも、インスピレーションの源として新しいものを作っている印象を受けます。ご自身が心惹かれるものにはどんなところが共通していると思いますか。

小谷:いつも直感的に好きになってから、知っていくうちに好きな理由が増えていくんですけど、共通しているのは、作り手の方の思いや熱量が表れているものであることだと思います。ただデザインが好みなだけじゃなく、ものが作られた背景に共感できたり、素晴らしいと思えると、もっと好きになります。

―バックグラウンドにあるストーリーに惹かれるんですね。

小谷:自分の行動においても、結果よりも過程を大事にしていきたいと思うタイプで。だから、ものが作られていく工程もできるだけ知りたいなと思うんです。

―そうした部分を意識するようになったのは何かきっかけがあったのですか?

小谷:私は「Mame Kurogouchi」がすごく好きで。毎シーズンきちんとストーリーがあって、工場の場所や染め方の手法まで、デザイナーの黒河内さんの日記などをもとに細やかに発信されているんです。

初めて目にしたときから素敵なものばかりだと思っていたんですけど、そうした工程を経てできた服だと知って、さらに愛着がわきました。作られた背景を知っているのと知らないのとでは、思い入れが全然違います。それから、ただ「かわいい」と思うだけで終わらずに、ものの背景にある過程も知りたいと思うようになったんです。

「Mame Kurogouchi」のトップスを着ている小谷

小谷実由
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロジェクト情報

LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」

壁は間取りを作るためのものだけではなく、空間を作り、空気感を彩る大切な存在。その中でインテリアや照明が溶け込み、人へのインスピレーションを与えてくれる。
LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」は、LIXILとCINRA.NETがコラボし、7名のアーティストにインタビューを行う連載企画。その人の価値観を反映する空間とクリエイティビティについてお話を伺います。

プロフィール

小谷実由(おたに みゆ)

ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」