特集 PR

能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

『ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」』
インタビュー・テキスト
松井友里
撮影:前田立 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

千々に揺らいで、ひとところにとどまらず移ろう。そんな「光」のあり方を表したように見えた『ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」』。新型コロナウイルス感染症の影響により、会期の短縮を余儀なくされながらも、日時指定制による入場者数制限、検温などのさまざまな感染予防対策のもと、10月11日まで開催中だ。

インド・ニューデリー在住の3人組アーティスト、「ラクス・メディア・コレクティヴ」をアーティスティック・ディレクターに迎えた今回の『ヨコハマトリエンナーレ』。世界に対して常に問い続ける状態を示す自身による造語「動的熟考」という言葉を活動の核とするラクスの思想を反映するように、流動的な思索を促す企図が会場全体に満ちていた。

今回、そんな同展を巡ったのは、文筆家、イラストレーターとして活動する能町みね子。世界を類型化・単純化することに抗うように言葉をつくしてきた彼女は、どのようにこの展覧会を観たのだろうか。

(メイン画像:ファーミング・アーキテクツ 『空間の連立』 2020年)

作品を観ているときには自分も「わかる」ことをゴールにしていたんだと気づかされました。

『ヨコハマトリエンナーレ2020』の会場となっているのは、横浜美術館とそこから7分ほど歩いた場所に位置するプロット48。30以上の地域から全67組のアーティストが参加しており、その半数以上が日本での作品発表が初めて。長時間の映像作品も多く、少し駆け足で2会場を巡ったあと、横浜美術館主任学芸員で、『ヨコハマトリエンナーレ2020』の企画統括を務める木村絵理子にも同席してもらい、話を聞いた。

ハイグ・アイヴァジアン 『1,2,3 ソレイユ!(2020)』 2020年 ©Haig Aivazian<br>能町みね子(のうまち みねこ)<br>北海道出身。近著『雑誌の人格(全3巻)』(共に文化出版局)、『結婚の奴』(平凡社)、『逃北』『言葉尻とらえ隊』(文春文庫)、『ときめかない日記』(幻冬舎文庫)など。ほか雑誌連載多数、テレビ・ラジオにも出演。
ハイグ・アイヴァジアン 『1,2,3 ソレイユ!(2020)』 2020年 ©Haig Aivazian
能町みね子(のうまち みねこ)
北海道出身。近著『雑誌の人格(全3巻)』(共に文化出版局)、『結婚の奴』(平凡社)、『逃北』『言葉尻とらえ隊』(文春文庫)、『ときめかない日記』(幻冬舎文庫)など。ほか雑誌連載多数、テレビ・ラジオにも出演。

―2つの会場を回ってきましたが、いかがでしたか。

能町:作品を観たあと、自分の中である程度意図が見えたり、しっくりくる結論が出るとほっとするんですけど、今回はどの作品においても結論めいたものがほぼ見えないまま放り出されて、「あれはなんだったんだろう」ともやもやしながら、次の作品を観ていくような感じでした。わかりやすいものばかりが求められていることに対する批判は最近、結構多いと思いますし、自分もその批判には同調しているつもりだったんですけど、こうして作品を観ているときには自分も「わかる」ことをゴールにしていたんだと気づかされましたね。

今回は先に作品を観てから掲出されているキャプションを読むようにしていましたが、作品を観ながら身体がものすごく作品に対する説明を求めているような感覚になってしまって、悔しかったです(笑)。かといって、「考えるな感じろ」的に、ただ感じたままに好きだの嫌いだの言うのはあまりにも安易ですし。

ジェイムス・ナスミス『「ザ・ムーン:惑星、世界、衛星としての月」挿図より』、1903年
ジェイムス・ナスミス『「ザ・ムーン:惑星、世界、衛星としての月」挿図より』、1903年

―キャプションも「わかる」ためではなく、さらに思考を促すように詩的な表現がされていたのが特徴的でしたね。

能町:普段、展覧会を観るときは、作家の年齢やどこの国の人であるかなどをなんとなく把握しつつ観ていたんですけど、今回はそれがわからないままだったので、全体に特定の国や地域の印象があまりないんですよね。そこがすごく新鮮でした。

木村:今回、キャプションにおいて生まれ年や出身地などの情報を作家名の隣に書かなかったのは、それらによって自分のアイデンティティを語られたくないというアーティストが少なからずいたからなんです。そんな中で何か一つのフォーマットに統一しようとすると、どうしても齟齬が起きてしまいますし、作品と直結する形でそうした情報を出さないのも、一つの方法だと思いました。

木村絵理子(きむら えりこ)<br>横浜美術館・主任学芸員、ヨコハマトリエンナーレ2020 企画統括
木村絵理子(きむら えりこ)
横浜美術館・主任学芸員、ヨコハマトリエンナーレ2020 企画統括

能町:とはいえ、例えばボコ・ハラム(イスラム教過激派組織)によって荒らされたナイジェリアの学校を題材にした作品(ラヒマ・ガンボ『タツニヤ(物語)』)がありましたけれど、そのバックグラウンドがわかったところで、作品に対してどう思えばいいのか、そこから先、結論のようなものまでの距離がすごく長くて、投げ出されている感じがするんですよ。その投げ出された部分について自由に考えることを楽しめる展示でもあると思います。

ラヒマ・ガンボ 『タツニヤ(物語)』 2017年(2020年プリント) ©Rahima Gambo を見る
ラヒマ・ガンボ 『タツニヤ(物語)』 2017年(2020年プリント) ©Rahima Gambo を見る
ラヒマ・ガンボ 『タツニヤ(物語)』 2017年(2020年プリント) ©Rahima Gambo を見る

今回、大きな特徴となっているのが、「ソース」と呼ばれるテキストが基盤になっていること。一つの大きなテーマに収斂していくのではなく、日雇い労働者として横浜・寿町に住みながら独力で哲学を学んだ西川紀光のインタビューや、大正時代にベンガルから日本の貿易商のもとに嫁いできたホリプロバ・タケダの手記といった5つのテキストを共有し、そこから導き出された「独学」「発光」「友情」「ケア」「毒」というキーワードを参加アーティストそれぞれが読み解きながら制作するという手法がとられている。

能町:悪い意味じゃなく、全体に散漫な印象を持ったんですよね。みんなで一つにまとまろうとするんじゃなくて、ソースの言葉を使うと、それぞれがばらばらに発光していて。散漫に光っているという意味で一貫性があるように思いました。

木村:今回、ソースそのものが、いわゆる「公」ではない歴史に注目していることもあり、腑に落ちやすい起承転結のようなものがない作品が集まっていると思います。

能町:まさに脈絡がないものからスタートしているんですね。私は基本的に、似たもの同士が集まっているよりも、まったく関連性のないものがポツンとあるほうに魅力を感じるんです。

大学生の頃、語学の授業を取るときに、たいていの人はまず英語を選ぶんですけど、私はアルファベットが世界征服している中で、そのほかの言葉たちがアルファベットに置き換えて書かれていることに当時から抵抗があって。アルファベットじゃない言葉を知ろうと思って、アラビア語や韓国語、中国語、広東語などを学んでいたんです。

マックス・デ・エステバン『赤い印 (「20の赤信号」より)』、2017年、CGAC Collection, Santiago de Compostela
マックス・デ・エステバン『赤い印 (「20の赤信号」より)』、2017年、CGAC Collection, Santiago de Compostela
Page 1
次へ

イベント情報

『ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」』

2020年7月17日(金)~10月11日(日)
会場:神奈川県 みなとみらい 横浜美術館、プロット48
時間:10:00~18:00(10月11日は20:00まで、10月2日、10月3日、10月8日~10月10日は21:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休場日:木曜(10月8日は開場)
チケット:チケットは、日時指定の予約制です。
料金など詳細は下記をご覧ください。

プロフィール

能町みね子(のうまち みねこ)

北海道出身。近著『雑誌の人格(全3巻)』(共に文化出版局)、『結婚の奴』(平凡社)、『逃北』『言葉尻とらえ隊』(文春文庫)、『ときめかない日記』(幻冬舎文庫)など。ほか雑誌連載多数、テレビ・ラジオにも出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開