特集 PR

STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

STUTS『Contrast』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:山本華 編集:川浦慧、山元翔一(CINRA.NET編集部)
2020/09/23

ここ数年考えていた「境界」をテーマに作られた楽曲。「陰と陽、対立する2つの要素や、自分の中にもいろんな人がいるよねということとか」

STUTS

―今作はSTUTSくんの音楽家としてのさまざまな個の色を描いている作品だと思うし、だからこそ作品全体で捉えると唯一ボーカルとラップに客演を招いている2曲目の“Mirrors(feat. SUMIN, Daichi Yamamoto & 鎮座DOPENESS)”は、陰影の濃いサウンドも含めて異色の存在だなと思います。ただ、この客演の組み合わせも、各ゲスト陣のフロウや歌唱の言語感覚においてもボーダーレスで既存のスタイルにとらわれていないもので。メッセージとして本作に重要なパーツだったのかなと。

STUTS:そうですね。アルバムタイトルにもなっている『Contrast』は自分の中で「境界線」をイメージして出てきた言葉で。根本的には境界をテーマに作品を作りたいとずっと思っていて。この曲で歌われている陰と陽もそうだし、対立する2つの要素だったり、自分の中にもいろんな人がいるよねということだったり──。

―それは音楽家としての多面性を提示するという本作の核でもありますよね。

STUTS:そうかもしれません。自分の中にあるいろんな面を受け入れうたうえで「すべて自分なんだ」と言えるイメージ。そんなことを思いながらこのトラックを作ったときに鏡のようなイメージが浮かんできたので。それを客演のみなさんにもお伝えしてリリックを書いてもらいました。

―自分の中から境界線というテーマが出てきたのはなぜだと思いますか?

STUTS:この2年くらいで仕事でもプライベートでもいろんな変化があったので。上手く言葉にしづらいんですけど、自分が思う自分と人から見える自分だったり、自分が常識と思い込んでることが人にとっては非常識だったり。音楽面でも、音楽以外の面でもそういうことについて考えるタイミングが多くて。そこから感じたことを作品として表現できたらいいなと思いました。

STUTS

―今作を作ったことで見えたこともたくさんあると思うし、次の一手として浮かんでるイメージはりますか?

STUTS:う~ん、なんとなくはあるんですけど、その前に今作をリリースしてみないとわからないですね。でも、今作でいろんな可能性を提示できたのはよかったのかなと思います。

―今までとリリース前の心構えが違う?

STUTS:全然違いますね。今までの作品はプロデューサーとしてのアルバムという側面が強かったから客観的に聴けたんですけど、今作はよりパーソナルなものになっていると思うので客観的に聴けないんですよね。だから、ちょっとナーバスになってます。(笑)

―10月に東京と大阪で予定されているワンマンライブではMPCを叩きながら歌ってラップするSTUTSくんが見えるかもしれないですよね?

STUTS:見た目的にどうなんでしょうね?(笑)

―でも、生ドラムを叩きながら歌うアーティストだっているわけですから。ライブでもさらにSTUTSくんならではのスタイルを確立できるのではないかと思います。

STUTS:そうですね。アンダーソン・パーク的な。まだやるかわからないですけど、試してみていい感じだったらやってみたいですね。1月のワンマンではバンドセットでやらなかった曲もやってみようかなと思ってますし、1人でパフォーマンスする時間もけっこうあると思いますし。ここから詰めていきます。

Page 4
前へ

リリース情報

STUTS『Contrast』
STUTS
『Contrast』(CD)

2020年9月16日(水)発売
価格:2,200円(税込)
PECF-5004

1. Conflicted
2. Mirrors(feat. SUMIN, Daichi Yamamoto & 鎮座DOPENESS)
3. See the Light
4. Contrast, Pt. 1
5. Contrast, Pt. 2
6. Vapor
7. Landscapes
8. Seasons Pass

イベント情報

『STUTS “Contrast” Release Live』
『STUTS “Contrast” Release Live』

名古屋公演
2020年10月17日(土)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN’
1公演目:開場 16:15 / 開演 17:00
2公演目:開場 19:45 / 開演 20:30

大阪公演
2020年10月18日(日)
会場:大阪府 心斎橋 LIVEHOUSE ANIMA
1公演目:開場16:00 / 開演16:30
2公演目:開場19:30 / 開演20:00

東京公演
2020年10月26日(月)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
開場:18:30 / 開演 19:30

プロフィール

STUTS
STUTS(すたっつ)

1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作等を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優