特集 PR

リ・ファンデが叫ぶ、心の凹み はぐれ者が自分の色を愛せるように

リ・ファンデが叫ぶ、心の凹み はぐれ者が自分の色を愛せるように

リ・ファンデ『HIRAMEKI』
インタビュー・テキスト
ドリーミー刑事
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

真舘晴子(The Wisley Brothers)の歌声の可能性を広げた“おかしなふたり”。真舘へのQ&Aを踏まえて、その魅力を掘り下げる

―今回ゲストとして参加してもらったミュージシャンに、それぞれ質問を用意して回答いただいています。まずはThe Wisley Brothersの真舘晴子さんとデュエットした“おかしなふたり”について、真舘さんからこのようなお返事をいただいています。

―“おかしなふたり”を最初に楽曲を聴いた時はどのような印象でしたか?

真舘:ドラムが刻みはじめべースが停滞して漂い、管楽器がメロディを歌うロマンチックな曲の始まりに、どきっとしました。こんな曲に自分の声が入ったらどんなサウンドに仕上がるのだろう? と。自分はもうそんなに大人なのか? と。歌う練習をしていると、管楽器やリさんの声を聴きながら、いつもの歌のこころの持っていき方とは、また異なる歌い方が出てきた気がしました。

真舘晴子(The Wisley Brothers)。“おかしなふたり”のレコーディングより / 撮影:Daisuke Murakami
真舘晴子(The Wisley Brothers)。“おかしなふたり”のレコーディングより / 撮影:Daisuke Murakami

真舘:レコーディングは管楽器を含めた大人数のバンドとの一発録りをしたことも、すごく新鮮でした。途中でサックスがウォ~! っと掻き立てるように吹くメロディを生で聴くと、次の自分の歌の番でさらに感情的になったりして。中学校のときに吹奏楽部でクラリネットを吹いてコンクールに向けて励んでいた日々も思い出して、私も近頃、管楽器が吹きたくて仕方ないです。

―真舘さんにとっても本格的なデュエットソングのレコーディングは初めてだったと思いますが、リさんと歌った感想は?

真舘:リさんのまぶしい声に対して自分はもろい声のようにも思えたのですが、歌の練習を重ねていくうちに、リさんの心の強さのようなものに支えられていき、どこか芯のある歌になった気がしています。ちょうど、自分の声について考えていた時期でもあり、ありのままで歌を歌いながら、これまでよりも音楽に耳を澄ましていく、そんな感触がありました。

左から:真舘晴子、リ・ファンデ / 撮影:Daisuke Murakami
左から:真舘晴子、リ・ファンデ / 撮影:Daisuke Murakami

真舘:練習ではスピーカーから聴こえるリさんの声を目には見えないのに、音として見ることを意識していました。レコーディングでは、回を重ねるごとに、伸ばす息が合っていくのが楽しかったです。今回のアルバムは全曲を通して、リさんの声と作曲の音楽性がとても楽しめる1枚だと思います。それぞれのゲストの声や、音の組み合わせのバランスの印象がいろんな景色を運んでくれて、自分もこんな声の生かし方ができたらな、と羨ましい気持ちになります。

こういったロマンチックな曲も、自分の音楽でも作ってみたいです。でも、もう少し大人になってからかもしれません。貴重な体験をありがとうございました!

―実際に真舘さんに歌ってもらった感覚はどうですか?

:よかったと思います。もう「よかった」以上の言葉が見つからない(笑)。去年ワイズリーと一緒にライブをやるはずだったんですけど、台風で中止になっちゃって……でもその後いろいろと話して、スコットランドで活動したりライブしたいっていう思いを聞いたんですよね。それがすごく素敵だなって思って。そのときにちょうどBelle and Sebastian(スコットランドの代表的バンド)をモチーフにした曲があって、それが“おかしなふたり”だったんです。そういうつながりの連続があって。

リ・ファンデ“おかしなふたり feat.Haruko Madachi”を聴く(Apple Musicはこちら

―これは男女のすれちがいというか、ギクシャクした関係を歌った曲ですよね。

:そうです。別れそうだけど別れない、お互いある種の後ろめたさを感じながら続いている関係性を歌ってますね。本当は戻れるのに戻れないとか、意地悪したくないのにしちゃうとか、傷つけたくないのに傷つけちゃうとか。そういう関係性ってあるじゃないですか。この曲を通じて、本当の素直な気持ちに戻れるような感覚を思い出してくれたらいいなっていう、知り合いのカップルに向けた個人的な気持ちもあります。

―真舘さんの揺れるような声質がこの曲の世界観に合っているような気がしました。

:ワイズリーのときとはまた違った晴子ちゃんの魅力を感じてもらえればいいですよね。リハも何回かやったんですけど、どんどん馴染んできて。これからライブで歌う機会があったらもっとよくなっているような気がします。

左から:真舘晴子、リ・ファンデ / 撮影:Daisuke Murakami
左から:真舘晴子、リ・ファンデ / 撮影:Daisuke Murakami

―女性ボーカルと言えば、NegiccoのNao☆さんの新作にも曲を提供しましたよね。あれもNao☆さんの姿と絶妙に重なる歌詞がすごくよかった。リさんの作詞センスは女性ボーカルに合っているのかもしれませんね。

:女性の話を聞くのは好きだし、男の人の気持ちを歌詞にするよりも楽な感じがします。女性って自分とは違う存在なんですけど、だからこそなりきることができる。それが曲を制作するうえではいい作用があるんですよね。だからNao☆さんの曲も全然苦労せず、すぐ書けちゃいました。

Nao☆“約束”を聴く(Apple Musicはこちら

「ぼくの村の村長になってほしいです」ーー奇妙礼太郎とリ・ファンデの名前のつけられない関係性

―デュエット曲としては、奇妙礼太郎さんと歌った“Whisper”もあります。奇妙さんにもリさんについての質問をお送りして、お返事をいただきました。

―Lee&Small Mountains時代からリ・ファンデさんと共演されてきましたが、奇妙さんにとって、リ・ファンデとはどのような存在でしょうか?

奇妙:ぼくの村の村長になってほしいです。

―ソロとしての第一歩を踏み出したリさんに、先輩として一言アドバイスを頂けますでしょうか?

奇妙:先輩ではないですけれど、仲良くしてくれてありがとう、よろしくお願いしますという気持ちです。

左から:奇妙礼太郎、リ・ファンデ。“Whisper”のレコーディングより / 撮影:Daisuke Murakami
左から:奇妙礼太郎、リ・ファンデ。“Whisper”のレコーディングより / 撮影:Daisuke Murakami

―リさんに対する愛と年齢を超えた信頼感が伝わってくるお返事ですね(笑)。これは奇妙さんとのデュエットを想定して書いた曲ですか?

:そうです。仕上げたのはレコーディング直前でしたけど、ずっと前から構想はありました。

―先ほどの奇妙さんのコメントにも通じるような、ちょっと昔の刑事ドラマの相棒感というか、男同士のバディ感が濃く伝わってくる曲ですね。それでいてちょっとかわいい感じもする。

:最初はもっとセクシーで不良っぽい感じの音楽にしようと思っていたんですよ。でも、スタジオでギターのボブさんが全然違う感じのフレーズを持ってきてくれたので、そこからガラッとメロディも歌詞も含めて、ソウルっぽい感じに変えました。

―RCサクセションの名曲“君が僕を知っている”を思い出しました。

:ああ。そのエッセンスも無意識ですけど入ってると思います。RCは奇妙さんも好きだと思うし。僕と奇妙さんの関係って普通の友達という感じでもないし、名前のつけられない、このふたりの間にしかない関係だと思っているんです。

そんなふたりが大声で歌いあって、ひとつの楽曲を作っているのが面白いと思うんですよね。育った環境も違うし、見てきた景色も違うし、作ってきた音楽も違う。けど、そんな中でも近い部分があるから一緒にやるわけだし、一緒にいいものを作ろうとしている。そういう気持ちを表してみたらいいんじゃないかって。

リ・ファンデ“Whisper feat.奇妙礼太郎”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

―奇妙さんにこの曲を聴かせたときに、何か感想とか言われました?

:いや、そういうのはないです(笑)。でも楽しそうにやってくれましたね。

―<違う色>とか<あいつがわかってくれた>とか、誰かが自分という個性を認めてくれたことを感謝する歌詞が印象的ですね。アルバム全体を通じて伝わってくる、いろいろな人がそれぞれの色のままでいればいいんだ、というメッセージが凝縮された印象を受けました。

:自分って他の人とちょっと違うのかなとか、これから普通に生きていけるのかなとか漠然と考えているような人たち。そういう人たちがこれを聴いて自分の音楽だと思ってくれたらうれしいですね。今はわかってもらえなくても、いつかは理解してくれる人が出てくるよって。それは今の僕にとって、奇妙さんをはじめとする一緒に音楽を作ってくれる仲間がいるってことなんですよね。

左から:奇妙礼太郎、リ・ファンデ / 撮影:Daisuke Murakami
左から:奇妙礼太郎、リ・ファンデ / 撮影:Daisuke Murakami
Page 3
前へ 次へ

リリース情報

リ・ファンデ『HIRAMEKI』
リ・ファンデ
『HIRAMEKI』(CD)

2020年10月14日(水)発売
価格:2,200円(税込)
LEEH-002

1. シャイニング
2. Whisper(feat.奇妙礼太郎)
3. おかしなふたり(feat.Haruko Madachi)
4. すべ
5. chap! chap!
6. Believer
7. ずっと君のもの
8. Black

イベント情報

『Tears Rock Show Ueno編』

2020年10月18日(日)
会場:東京都 YUKUIDO工房
出演:リ・ファンデ / 曽我部恵一

『Tears Rock Show』

2020年11月21日(土)
会場:兵庫県 神戸 旧グッゲンハイム邸
出演:リ・ファンデ / 奇妙礼太郎

2020年11月22日(日)
会場:愛知県 名古屋 金山ブラジルコーヒー
出演:リ・ファンデ / 奇妙礼太郎

2020年11月28日(土)
会場:東京都 青山月見ル君想フ
出演:リ・ファンデ(band set)

プロフィール

リ・ファンデ
リ・ファンデ

2015年11月3日にROSE RECORDSからLee&Small Mountainsとして『Teleport City』を7inch+CDフォーマットにてリリース。2017年1月20日、デビューフルアルバム『カーテン・ナイツ』を発売。同年2月26日、下北沢THREEにて、曽我部恵一を招いて開催されたレコ発はソールドアウト。10月にはTSUTAYA O-nestで初のワンマンライブを行った。2018年は自主企画イベント『Love can move mountain!』を精力的に展開。SaToA、いーはとーゔ、The Wisely Brothers、SCOOBIE DO、奇妙礼太郎、シアターブルックなどを招き、下北沢を中心に活動。2019年夏からはリ・ファンデ名義で活動をスタート。2020年10月ソロとしてファーストアルバム『HIRAMEKI』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される