特集 PR

ゆきみは考え抜く。生きること、バンド活動休止後の今歌う歌

ゆきみは考え抜く。生きること、バンド活動休止後の今歌う歌

ゆきみ『オーバーチュアと約束』
インタビュー・テキスト・編集
飯嶋藍子
撮影:湯浅良介

糸を手繰るような繊細さで、物語の情景を眼前に映し出してくれるような歌。今年活動休止を発表したあいくれのボーカル・ゆきみが本格的にソロ活動を始動、クラウドファンディングで制作のサポートを募り、初のソロ作品『オーバーチュアと約束』をリリースした。

ゆきみという同じ糸が織りなす、まったく違う強さを持った4曲が収録された本作。「歌う場所がほしい」と組んだバンドが活動休止となった今、ゆきみは歌に対して、この先の道について、そしてソロについて、どのようなことを考えているのだろうか。じっくり語ってもらった。

コミュニケーションって想像力。想像することをやめてしまった瞬間に成立しなくなる。

―ゆきみさんは「自分が歌う場所がほしい」という理由でバンドを組んだそうですが、そもそも「歌う場所がほしい」「歌いたい」という気持ちを持つきっかけはなんだったのでしょう?

ゆきみ:最初は、単純にカラオケが好きだったんです。中学生の頃は、放課後友達と一緒によくカラオケに行っていて。当時はバンドっていうものがよくわかっていなかったんですけど、どうやらバンドを組んだらカラオケみたいに歌う場所ができるらしいぞ! っていう(笑)。

ゆきみ<br>1993年12月17日生まれ。東京都出身。クラシックピアノを4歳より始める。2009年に自身がボーカルを務めるバンド「あいくれ」結成。バンド活動を行いながら、ピアノ弾き語りなどでのソロ活動も行い、その両方で作詞作曲を担当する。2016年には国立音楽大学を卒業。2019年には音楽活動のみならず、自身が製作・デザインを手がけるプロジェクト「nana and patty」を立ち上げる。2020年、バンドの活動休止を発表し、ソロ活動を本格始動するためのクラウドファンディングを実施。見事目標達成し、初のソロEP『オーバーチュアと約束』をリリース。
ゆきみ
1993年12月17日生まれ。東京都出身。クラシックピアノを4歳より始める。2009年に自身がボーカルを務めるバンド「あいくれ」結成。バンド活動を行いながら、ピアノ弾き語りなどでのソロ活動も行い、その両方で作詞作曲を担当する。2016年には国立音楽大学を卒業。2019年には音楽活動のみならず、自身が製作・デザインを手がけるプロジェクト「nana and patty」を立ち上げる。2020年、バンドの活動休止を発表し、ソロ活動を本格始動するためのクラウドファンディングを実施。見事目標達成し、初のソロEP『オーバーチュアと約束』をリリース。

―自分専用のオケがあるってことですもんね(笑)。

ゆきみ:それくらいシンプルな気持ちでした。本当にカラオケの延長線上みたいなところで「歌うの楽しい! じゃあバンドやってみたらもっと楽しいのかも」と思って始めたのが最初です。

―たとえば友達に褒められたとか何か成功体験があったから、歌うのが楽しいと思えたんですか?

ゆきみ:いや、ただみんなで歌って盛り上がるだけで楽しかったんです。だから、「歌を聞かせる」というよりは単純に「歌いたい!」っていう欲求が強くて。そこから何かを決意したわけでもなく、好きなことを続けていたら今になっていました。

ゆきみ『オーバーチュアと約束』を聴く(Apple Musicはこちら

―好きな歌がお仕事になって規模感や関わる人の人数も変化したと思うんです。そうなると、「歌うのが好き」って気持ちだけでは乗り切れない時もあるんじゃないかなと思うんですがどうですか?

ゆきみ:少なくともメンバーと意見が食い違ったり、どうしても衝突したりすることはあって。でも、その時はどちらかが折れるのではなくて、お互いに違う意見を持ったうえでコミュニケーションを取って、どちらもやりたいことを見つけていく。

ゆきみ

ゆきみ:コミュニケーションって想像力だと思うんです。想像することをやめてしまった瞬間に成立しなくなってしまう。そのすり合わせで時間もかかっちゃうんですけど、誰か一人でも「やりたくない」ことはやらないと貫いてバンドもソロもやってきていて。

Page 1
次へ

リリース情報

ゆきみ『オーバーチュアと約束』
ゆきみ
『オーバーチュアと約束』

2020年8月12日(水)配信

1. 今日を生きる
2. 猫には三角の耳がついている
3. アーモンドとチョコレート
4. 白いダリア

プロフィール

ゆきみ

1993年12月17日生まれ。東京都出身。クラシックピアノを4歳より始める。2009年に自身がボーカルを務めるバンド「あいくれ」結成。バンド活動を行いながら、ピアノ弾き語りなどでのソロ活動も行い、その両方で作詞作曲を担当する。2016年には国立音楽大学を卒業。2019年には音楽活動のみならず、自身が製作・デザインを手がけるプロジェクト「nana and patty」を立ち上げる。2020年、バンドの活動休止を発表し、ソロ活動を本格始動するためのクラウドファンディングを実施。見事目標達成し、初のソロ作品『オーバーチュアと約束』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施