特集 PR

西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

『さくら』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
編集:川浦慧、久野剛士(CINRA.NET編集部)

小説家・西加奈子が書く物語には、多様な人物が登場する。多くが欠点を抱え、時には逃げるし弱音だって吐く。「私自身も辛いと逃げてしまうタイプなので、自分を肯定したいから書いているところもあります」と話す西は、人生の主人公になれていない彼らをやさしい眼差しで見つめ、圧倒的な肯定感で包み込む。

2005年に発表、西にとって長編小説2作目となった『さくら』が映画化されることになった。普遍的にみえる家族と一匹の犬を通して描かれる、生きることの意味や人同士の結びつき。一人ひとりの日常は決して画一的でなく、葛藤し模索する日々は、今に必要な物語だと感じる。西自身も、作品に葛藤を抱いていたと話す。でも、完璧じゃないあの頃の自分も認めたい。そんな西の願いを『さくら』にのせてお届けする。

(メイン写真:©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会)

生きていく以上は、死ぬまで自分を肯定するしかない。

―『さくら』を発表されたのは、15年以上前になります。現在はご結婚され、お子さんも生まれ、お仕事も含め環境がまったく異なりますよね。

西:まったく違いますね。当時は結婚もしていなかったですし、小説家として食べられずバイトをしていました。はじめて『さくら』を発表したのは、短編のひとつとして。年老いた犬を家族が囲んでいるシーンが浮かんで、そこから書き始めたものです。その短編を、長編小説に書き換えました。

西加奈子(にし かなこ) 撮影:若木信吾<br>1977(昭和52)年、イランのテヘラン生れ。エジプトのカイロ、大阪で育つ。2004(平成16)年に『あおい』でデビュー。翌年、1匹の犬と5人の家族の暮らしを描いた『さくら』を発表、ベストセラーに。2007年『通天閣』で織田作之助賞を受賞。2013年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞受賞。2015年『サラバ!』で直木賞受賞。その他の小説に『窓の魚』『きいろいゾウ』『うつくしい人』『きりこについて』『炎上する君』『円卓』『漁港の肉子ちゃん』『地下の鳩』『ふる』など多数。
西加奈子(にし かなこ) 撮影:若木信吾
1977(昭和52)年、イランのテヘラン生れ。エジプトのカイロ、大阪で育つ。2004(平成16)年に『あおい』でデビュー。翌年、1匹の犬と5人の家族の暮らしを描いた『さくら』を発表、ベストセラーに。2007年『通天閣』で織田作之助賞を受賞。2013年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞受賞。2015年『サラバ!』で直木賞受賞。その他の小説に『窓の魚』『きいろいゾウ』『うつくしい人』『きりこについて』『炎上する君』『円卓』『漁港の肉子ちゃん』『地下の鳩』『ふる』など多数。

―書かれた際は、テーマもあったんでしょうか?

西:テーマよりもシーンが先行して頭に浮かんだので、そこを出発に書きました。老犬を囲んでいる家族を思い浮かべた時に「どうしてこの家族はこんなに悲しそうなんだろう?」と思ったんですね。きっと、彼らには何かがあったに違いない。もしかしたら家族がひとり、足りないんじゃないか。そんな想像からスタートしたと思います。もう、随分前のことなので、うろ覚えですが(笑)。

原作 / 西加奈子『さくら』(小学館刊)
原作 / 西加奈子『さくら』(小学館刊 / サイトで見る

―新型コロナウイルスで家族や友人と気軽に集まれない時だからこそ、「家族がまた集まる」という物語は考えさせられるものがありました。離れてしまった家族が戻ることは途方もないことで、時間が必要なんだと。

西:そうだと思います。小説を書く上で、技量として家族の話を書くためには時間のレイヤーが必要だったということもありますけど、家族の再生には時間がかかりますよね。

『さくら』は、間違った選択をしてきた家族の話だと思うんです。家族にはいい歴史もあるけれど、それだけじゃない。間違った歴史もたくさんある。それでも、生きていく以上は死ぬまで自分を肯定する、という話なんじゃないかと映画を観てあらためて思いました。

―誰しもが、後悔している過ちを抱えて生きていると思います。

西:思い出すと怒りそうになったり、転がり回って「ああ、恥ずかしい!」と思ったりするようなことって、みんなありますよね。生まれてからずっと、美しい人なんていないでしょうから。

―美しくあり続けることは、難しいと思います。

西:キャンセルカルチャーは行き過ぎると苦しいものですが、自分の過去の過ちもわかった上で軌道修正しながら生きていくのも人間なのかなって思います。

Page 1
次へ

作品情報

『さくら』
『さくら』

2020年11月13日(金)全国公開

出演:北村匠海、小松菜奈、吉沢亮、寺島しのぶ、永瀬正敏、
小林由依(欅坂46)、水谷果穂、山谷花純、加藤雅也、趙珉和
原作:西加奈子『さくら』(小学館刊)
監督:矢崎仁司
脚本:朝西真砂
音楽:アダム・ジョージ
主題歌:東京事変『青のID』
配給:松竹

プロフィール

西加奈子(にし かなこ)

1977(昭和52)年、イランのテヘラン生れ。エジプトのカイロ、大阪で育つ。2004(平成16)年に『あおい』でデビュー。翌年、1匹の犬と5人の家族の暮らしを描いた『さくら』を発表、ベストセラーに。2007年『通天閣』で織田作之助賞を受賞。2013年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞受賞。2015年『サラバ!』で直木賞受賞。その他の小説に『窓の魚』『きいろいゾウ』『うつくしい人』『きりこについて』『炎上する君』『円卓』『漁港の肉子ちゃん』『地下の鳩』『ふる』など多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは