特集 PR

I Don’t Like Mondays.はなぜ今、「ダサさ」をさらけ出す?

I Don’t Like Mondays.はなぜ今、「ダサさ」をさらけ出す?

I Don’t Like Mondays.『ミレニアルズ ~just I thought~』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:木村篤史 編集:飯嶋藍子

「ダサい」と言われてもいいから自分自身に向き合った歌詞を書こうと覚悟を決めました。(YU)

―YUさんの変化を、メンバーのみなさんはどんなふうに感じていたのでしょうか。

KENJI(Ba):僕たちはメンバー全員バックボーンが洋楽ということもあり、今までのYUはサウンドを重視しつつそこに合う言葉をチョイスしていて。要するに、言葉の響きを大切にした歌詞を書いていたんですけど、今回は、サウンドはそのまま大事にしつつ、芯をえぐってくる歌詞をYUが書いてきたので、バンドが新しいステージに上がったと思いましたね。

KENJI(Ba)
KENJI(Ba)

YU:今までアイドラは「スタイリッシュな音楽」とよく言われてきたんですけど、今回はたとえ「ダサい」と言われてもいいから自分自身に向き合った歌詞を書こうと覚悟を決めました。

SHUKI(Dr):確か昨年末だったと思うんですけど、プロデューサーから、「完璧すぎないちょっと汚れた部分や、不完全さ、粗さをあえて残していったらどうか?」みたいなヒントをいただいていて。曲だけでなく、歌詞から活動に至るまで色々と考えている最中にコロナになったこともあり、より深く自分たちを見つめ直すことになったんです。

―そういう意味では、第2弾の“MR. CLEVER”は表面を取り繕いながら世渡りする自分を嗤う、アイロニーたっぷりの楽曲ですよね。

SHUKI:「今のI Don't Like Mondays.を象徴するような曲を書こう」という話になり、でき上がったのが“MR. CLEVER”でした。YUの歌詞が、本当にYUそのままだったので(笑)、やっといちばん自然体になれたのかなと。やりたいこと、やるべきこと、やれることが全て一致した曲だと思います。

SHUKI(Dr)
SHUKI(Dr)

―やりたいこと、やるべきこと、やれることのバランスを考えながら曲作りができるのは、やはりアイドラは全員が曲を作れて、コライト(共同での曲作り)という形を取りつつ常にバンドを俯瞰できるからなのかもしれないですね。

YU:まさにそうだと思います。曲を作る前に僕らは「その曲が、なぜ今僕らに必要なのか?」までロジカルに考えていくバンドなので、そうした話し合いから生まれた結果の5曲なのだと思います。

20代の頃はイキがってカッコつけてたけど、そういうことがしょうもなく思えてきた。(YU)

―1曲ずつ伺っていきたいのですが、まず第1弾シングル“モンスター”はどのように生まれたのでしょうか。

YU:メンバーからもらった最終デモを聴いたときに、僕は「欲望」について歌いたいと思ったんです。「欲望」をテーマに生々しい歌詞を書くって、絶対にやってこなかったスタイルで。今までの僕だったらちょっとこっぱずかしくて、英語詞に逃げたりしていたと思うんですよ。でも、「欲望」について歌うのであれば振り切ってやろうと。前もってメンバーにも相談せず書き上げて、レコーディングの直前に見せました。

―今までのコライトのやり方では、悪い意味でバランスが取れてしまうと考えたんですね。

YU:そうなんです。コライトでクオリティが上がるのは間違いないのですが、角が取れて丸くなってしまうところもある。そこが自分たちのコンプレックスでもあったんですよね。

どんどん削ぎ落として綺麗にしすぎちゃうのが僕らの悪いところでもあったので、粗さをどう出していくかを改めて考えたときに、4人で作ったスタイリッシュなサウンドに、たったひとりで書き上げた独断と偏見による歌詞を乗せるのがひとつの手段なのかなって。

左から:CHOJI、YU、KENJI、SHUKI

―今までとは違う曲を実際に歌ってみて、抵抗や違和感などありました?

YU:意外にも吹っ切れて歌えました。それは年齢もあるのかもしれない。20代の頃はイキがってカッコつけてたけど、30代になり環境の変化もあって、そういうことがしょうもなく思えてきたというか。

いい意味で人の目が気にならなくなったんです。「ダサいと言われたって別に構わないよ、だってこれが歌いたいんだから」と言える覚悟が生まれたのは、前回のツアーが無事に成功して自信がついたことも大きい気がします。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

I Don’t Like Mondays.『ミレニアルズ ~just I thought~』
I Don’t Like Mondays.
『ミレニアルズ ~just I thought~』

2020年12月30日(水)配信

プロフィール

I Don’t Like Mondays.(あいどんとらいくまんでいず)

YU、CHOJI、KENJI、SHUKIからなる4人組ロックバンド。キャッチーなメロディライン、そこにセクシーなサウンドと、英語を巧みに織り交ぜたニヒルな歌詞が組み合わさった楽曲でパーティーシーンを彩る。全楽曲において自身で作詞・作曲・アレンジを手掛け、ジャケット、ミュージックビデオも自らディレクションしている。また、アパレルブランドのサウンドトラックを手掛けるほか、ハイブランドショップとのコラボ、他アーティストへの楽曲提供、ミュージックビデオの企業コラボなど、多岐にわたって活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材