特集 PR

Ryohuが追求するヒップホップのフォルム 立役者・冨田ラボと語る

Ryohuが追求するヒップホップのフォルム 立役者・冨田ラボと語る

Ryohu『DEBUT』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:小田部伶 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

「音楽になりすぎてはいけない」というとはどういうことか? お互いの制作の流儀とともに、より具体的に言語化を試みる

Ryohu:ヒップホップって、基本的にループミュージックじゃないですか。その中で、ギターも、生じゃなくて打ち込みのほうがよさが出る場合もある。こういうことって今回、冨田さんとやる前から考えていてたことだったんです。

Ryohu“Foolish”を聴く(Apple Musicはこちら

Ryohu:僕は楽器を全く弾けないので、たとえばTENDREさんと曲を一緒に作るとき、自分の中にある漠然としたイメージを伝えてギターを弾いてもらっても、どうも思いどおりにならないときがあるんですよね。それは、僕のミックスのスキルなんかも含めて到達できなかったことではあるんだけど、そこに悶々としていたことがあって、「どうしたらいいですかね?」っていうテンションで、雑談の中で冨田さんにお話したんだと思うんですよ。

冨田:ギターのストロークひとつとっても、「なんか違うな」っていうことがあるんだよね。

Ryohu:そうなんですよ。その演奏が全然悪いわけじゃないんですけど。

冨田:そうそう。「ダメ」なわけじゃないんだよね、その場面においては「違う」ということだよね。なにが違うのかっていうのを具体的に言葉にするのも難しいんだけど、でも、Ryohuさんが言った「音楽になりすぎる」という言葉は、その違いをすごく端的に表しているような気がする。

「それだと音楽になりすぎています」と伝えたときに、完全に戸惑ってしまう音楽家もいると思うんだけど、たぶんヒップホップが好きな人だと、この感覚はわかると思うんだよね。Ryohuさんが言うようにヒップホップはループミュージックだから、自分が一番好きな四小節を抜き出してループさせようと思ったとき、あくまでもその四小節の中にある情報量がちょうどよくて、その前後にある「流れ」はいらない。もちろん、生演奏ゆえの微細な揺れや差異みたいなものを求めているからこそ、人に演奏してもらうんだけど、でも、こっちが求めているのがより「微細な」場合が多いかな。勘違いされそうだから付け足すと、「正確さ」みたいなものとはまったく違う次元の話なんですけどね。

Ryohu“Heartstrings”を聴く(Apple Musicはこちら

冨田:ループミュージックというか、ヒップホップの価値観に慣れた僕らの耳には、その洗練された微細な違いが大事になるんだよね。ストレートなGコードをずっと弾いているだけなんだけど、最後にピンッて変な音が入っているのをベストだと思っている、みたいな(笑)。

Ryohu:そうそう。

冨田:演奏だけに重点を置く場合は、コードの動きの中で音楽的な変化をつけようとするし、それゆえに大きな緩急が生まれて、その「流れ」を評価したりするけど、ループミュージックの場合はそうじゃないんだよね。

Ryohu:そうなんですよね。ここはもうセンスの問題だと思うんですけど。あと、ヒップホップはやっぱりラッパーがいるのが強いところでもあるんですよね。「ラップが入れば成り立つ」という意識で曲を作っていくというか。

冨田:それ、すごくあるね。ラップが乗る場合は、歌ものよりも言葉やフロウ自体でビートやグルーヴを変えられる。あくまでもラッパーのグルーヴでストーリーを付けたいわけだから、それにぴったりなトラックであってほしい、というのはあるよね。それゆえに、演奏そのものに余計な緩急はいらなくなってくる。

Ryohu“You”を聴く(Apple Musicはこちら

冨田:ラップの場合は2拍と4拍でクラップが鳴って、そこにラップが入るだけでめちゃくちゃかっこいいものだってあるじゃない? そう考えるとやっぱり、いわゆるバンドとは別だよね。バンドの場合はあくまでも相乗効果だから。さっきRyohuさんが言ったように、今は演奏もトラックメイクも両方できる人が増えているから、こういう話が通じる人は多いと思うんだけど、ここは重要なポイントだよね。

Ryohu:超重要です。今、冨田さんの話を聞いていて思ったんですけど、究極的には、ギターテックとかも全部入ってもらって、マイクも全部ちゃんと決めてもらって、そのうえで演奏者の方にギターを録ってもらったとしても、「なんか違うな」と思ったら、僕はそれをiPhoneで録ってオーディオにして使う可能性だって全然あるんですよ。遠回りすぎるやり方かもしれないけど。

冨田:わかるよ(笑)。いくらすげえいいビンテージマイクで録ったとしても、それでもiPhoneで録ったほうを使っちゃうっていう(笑)。

Ryohu:そういうのが、ヒップホップなんですよね。最近よく思うんですけど、受け取るだけが音楽じゃないというか。僕は聴いている側の感情も介入する余地のある、隙間のある音楽が好きなんですけど、それが「音楽すぎてはいけない」ということに繫がっているような気がします。もちろん、受け取るだけで圧倒される音楽もあると思うんですけど、僕のなかでビートミュージックっていうのは、聴いている人の感情が介入できる余地があることが大事なんですよね。

Ryohu“Rose Life”を聴く(Apple Musicはこちら

―冨田さんとRyohuさんは世代も違うし、見てきたものもまったく違うと思うんですけど、それでも、こうして意志の疎通が素晴らしく上手くいくところ、お互いの求める理想が分ち合えているところが、ものすごく幸福なことですよね。

Ryohu:冨田さんは、音楽しすぎず、でも、音楽でもある。そのバランスが最高でした。

冨田:僕とRyohuさんの考える「ちょうどいいところ」が似ていたんだろうね。もはやヒップホップはメインストリームのベーシックと言っていいものなわけで、今、「音楽になりすぎちゃいけない」という価値観をまったく度外視して制作することって、僕には考えられないんですよね。

Ryohu:冨田さんは、そういうことを理解したうえで、本当に作れちゃうのがすごいんですよね。僕はできないんですよ。自分の中にある音楽的なゴールに、スキルがないから触れない。でも、自分の中にあるイメージを冨田さんに伝えると、それを実際に作ることができるし、冨田恵一としてのアティチュードも作品の中に反映してくる。そういうところを本当に尊敬しています。

僕はひとりで考えすぎちゃうタイプでもあるので、冨田さんのような方がいてくれると、曇り空を晴らしてもらえるというか、「そういう考え方があるのか!」っていうことを提示してもらえる。今回、人と一緒に音楽を作るのはつくづく楽しいなって思ったし、なにより、音楽を好きな人と一緒に作るのは重要なことだなと改めて思いましたね。

Page 4
前へ 次へ

リリース情報

Ryohu『DEBUT』初回限定盤
Ryohu
『DEBUT』初回限定盤(2CD)

2020年11月25日(水)発売
価格:4,180円(税込)
VIZL-1824

[CD1]
1. The Moment
2. GMC
3. Heartstrings
4. You
5. Tatan's Rhapsody
6. Somebody Loves You
7. No Matter What
8. Foolish
9. Anytime, Anywhere, Anyone
10. True North
11. Level Up
12. Eternal
13. Rose Life

[CD2]
1. Flower
2. Thread
3. Cloud

Ryohu『DEBUT』通常盤
Ryohu
『DEBUT』通常盤(CD)

2020年11月25日(水)発売
価格:3,300円(税込)
VICL-65438

1. The Moment
2. GMC
3. Heartstrings
4. You
5. Tatan's Rhapsody
6. Somebody Loves You
7. No Matter What
8. Foolish
9. Anytime, Anywhere, Anyone
10. True North
11. Level Up
12. Eternal
13. Rose Life

プロフィール

Ryohu
Ryohu(リョフ)

ヒップホップクルー・KANDYTOWNのメンバーとしても活動するラッパー / トラックメーカー。10代より音楽活動を始める。OKAMOTO'Sのメンバーと共にズットズレテルズとして活動。2016年、KANDYTOWNとして1stアルバム『KANDYTOWN』をリリース。2017年にはソロとして本格始動し、EP『Blur』(2017年)、ミックステープ『Ten Twenty』(2018年)を発表。Base Ball Bear、Suchmos、ペトロールズ、OKAMOTO'S、あいみょんなど様々なアーティストの作品に客演する。2020年11月、1stアルバム『DEBUT』をリリースした。

冨田ラボ
冨田ラボ(とみた ラボ)

音楽家、音楽プロデューサー。冨田ラボとして今までに6枚のアルバムを発表、最新作は2018年発売の『M-P-C “Mentality, Physicality, Computer”』。冨田ラボの元に今の音楽界に欠かせないアーティストたちが集結、次の時代のPOPSを提示する名盤として話題となる。音楽プロデューサーとしても、キリンジ、MISIA、平井堅、中島美嘉、ももいろクローバーZ、矢野顕子、RIP SLYME、椎名林檎、木村カエラ、bird、JUJU、坂本真綾、夢みるアドレセンス、Uru、藤原さくら、Negicco、鈴木雅之、VIXX、スガシカオ、新しい地図、Naz、kiki vivi lily、高野寛、数多くのアーティストにそれぞれの新境地となるような楽曲を提供する他、自身初の音楽書「ナイトフライ -録音芸術の作法と鑑賞法-」が、横浜国立大学の入学試験問題にも著書一部が引用され採用されたり、音楽ファンに圧倒的な支持を得るポップス界のマエストロ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材