特集 PR

人は老いるとセックスをしなくなるのか? ダレン・オドネルの問い

人は老いるとセックスをしなくなるのか? ダレン・オドネルの問い

『True Colors Festival』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

1981年に公開された『ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう』という映画がある。ウディ・アレン監督らしい風刺の効いた人間と性に関するコメディ映画だが、このタイトルには私たちが否応なく持ってしまう「性」への下世話な好奇心が反映している。

さて、それから約40年後。2021年現在の東京で、同様のイメージを喚起させる舞台作品が『True Colors Festival』(主催:日本財団)のプログラムのひとつ『True Colors DIALOGUE』で上演されることになった。5人の高齢者が登場し、これまでに経験したセックスについて振り返っていくという異色の作品だ。同作を構想・演出するのは、カナダのアート&リサーチ集団「ママリアン・ダイビング・リフレックス」を主宰するダレン・オドネル。俳優としてキャリアをスタートさせた彼は、いささか変わった手段で社会に介入するプロジェクトを行なってきた人物。なぜ「セックス」をテーマにしようと思ったのか? そんな疑問を赤裸々にぶつけてみた。

※この記事の取材は2020年1月に実施しました。

(メイン画像:©︎Katsumi Omori)

人は老いていくとセックスすることを止めてしまうと考えがちですが、それは本当なのか?

―今回の作品、『私がこれまでに経験したセックスのすべて』(以下、『セックスのすべて』)ですが、タイトルからしてちょっと驚いてしまいます。複数の高齢者が自身の性にまつわる体験を赤裸々に語っていく……という刺激的な内容は、いったいどのように着想されたのでしょうか?

オドネル:私が新しいプロジェクトを始めるときの第1段階は「その場所を訪れる」ことなんです。『セックスのすべて』はドイツの北西部にあるオルデンブルクという街に招待されたときに作った作品なのですが、街を散歩していて「ここでは、おばあさんたちが平気で自転車に乗っている!」と、気づいたんですね。私の故郷であるカナダでも自転車に乗るおばあさんはいますが、1年365日、日常的に乗っている人はきわめて稀です。ところがオルデンブルクでは、どこに行ってもみんな自転車に乗っている。そこから「高齢であること、年齢を重ねていくとはどういうことなのか」を考えるようになったんです。

続く第2段階として、より深くリサーチに入っていくわけですが、自分が高齢者に対してもっとも理解していないことは何かを考えていくと、それはやっぱりセクシャリティについてなんですよ。私たちは、人は老いていくとセックスすることを止めてしまうと考えてしまいがちですが、それは本当なのか? こういったプロセスを経て『セックスのすべて』のテーマが決まりました。

ダレン・オドネル<br>1965年カナダ出身。作家、脚本家、パフォーマンス・アーティスト。都市計画の学位。1993年にアート&リサーチ集団「ママリアン・ダイビング・リフレックス」を設立。ヨーロッパ最大規模の芸術祭ルール・トリエンナーレで大型の教育普及プログラムを担当するなど、「社会の鍼治療」という独自メソッドが世界的に評価される。ユニークなアート表現で国籍、言語、世代や立場を越えた人々との創作を続ける。(©︎Nicole Bazuin)
ダレン・オドネル
1965年カナダ出身。作家、脚本家、パフォーマンス・アーティスト。都市計画の学位。1993年にアート&リサーチ集団「ママリアン・ダイビング・リフレックス」を設立。ヨーロッパ最大規模の芸術祭ルール・トリエンナーレで大型の教育普及プログラムを担当するなど、「社会の鍼治療」という独自メソッドが世界的に評価される。ユニークなアート表現で国籍、言語、世代や立場を越えた人々との創作を続ける。(©︎Nicole Bazuin)

―たしかにセックスについての先入観や偏見ってたくさんあります。

オドネル:そうですよね。そこで65歳以上の男女に集まってもらってセクシャリティや年齢を重ねていくことについてのディスカッションを重ねました。さらにそこから面白い発見をしたのですが、当時65歳以上の世代というのは大半が1930~40年代に生まれて、1960年代にセックスのピークを迎えた人たちなんです。生まれたときはセクシャリティについておおっぴらに語れるような時代ではなかったけれど、第二次世界大戦が終わり、民主化と市民による政治運動やカウンターカルチャーが花開きはじめた1960年代には、あらゆる場所でその議論や試みが展開されていく。そのような強いコントラストの時代を生きてきた人たちのセックスにまつわるエピソードは非常に興味深いものでした。

―1960年代というと、フリーセックスや新しい家族形態の模索などを謳ったヒッピーカルチャーをはじめ、カウンターカルチャーが世界的に盛り上がった時代ですね。

オドネル:その潮流はヨーロッパだけでなくアメリカやアジアでも共時的に見られるものです。同時に1960年代は革命と運動の時代でもありますから、この激動の時代を生き抜いた人たちの人生に何が起こったかについて、セクシャリティを介して知ることができると感じました。個人ごとに経験は異なりますが、そこには家族、夫や妻であること、それにまつわる失望など、さまざまな物語があります。この変遷を出演する各人が1年ごとに振り返っていくというスタイルをとるのが、この『セックスのすべて』という作品なんです。

True Colors DIALOGUE『私がこれまでに体験したセックスのすべて』メインビジュアル ©︎Katsumi Omori
True Colors DIALOGUE『私がこれまでに体験したセックスのすべて』メインビジュアル(サイトで見る) ©︎Katsumi Omori
Page 1
次へ

イベント情報

True Colors DIALOGUE ママリアン・ダイビング・リフレックス / ダレン・オドネル
『私がこれまでに体験したセックスのすべて』

東京公演

2021年4月8日(木)/ 4月9日(金)/ 4月10日(土)/ 4月11日(日)
会場:東京都 青山 スパイラルホール

京都公演

2021年3月26日(金)/ 3月27日(土)/ 3月28日(日)
会場:京都芸術センター 講堂

プロフィール

ダレン・オドネル

1965年カナダ出身。作家、脚本家、パフォーマンス・アーティスト。都市計画の学位。93年にアート&リサーチ集団「ママリアン・ダイビング・リフレックス」を設立。ヨーロッパ最大規模の芸術祭ルール・トリエンナーレで大型の教育普及プログラムを担当するなど、「社会の鍼治療」という独自メソッドが世界的に評価される。ユニークなアート表現で国籍、言語、世代や立場を越えた人々との創作を続ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側