インタビュー

サイファー入門。新橋で世代を越えて繋がる路上コミュニティー

サイファー入門。新橋で世代を越えて繋がる路上コミュニティー

インタビュー・テキスト
中島晴矢
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

夜8時を過ぎたJR新橋駅前は、もう大概の店が閉まって静かだった。ゆりかもめの新橋駅と汐留駅へとをつなぐ立体歩道。その隅の方には若者たちが溜まっていて、いくつかの小さい輪ができている。

無造作に置かれたスピーカーからはビートが流れ、どこからともなく徐々に人が集まってきた。輪の中心を向いて、各々が音に乗せてマスク越しにラップを繰り出す。そう、彼らは「サイファー」をしているのだ。

ヒップホップ文化の1つであり、複数人が輪になって即興でラップをするサイファー。その中で、頻度高く継続的に開催されているのが新橋サイファーだ。

見たところ誰でも参加できそうだが、とはいえフリースタイルラップ。勝手がわからず尻込みしてしまう人も少なくないだろう。こうしたサイファーの輪に加わるにはどうしたらいいのだろう? 新橋サイファーの主催者であるラッパー、error version(エラーバージョン)、OSAGARI(オサガリ)、VIP KID(ビップキッド)の3名に、路上で話を伺った。

※本記事は2021年2月24日に実施された取材をもとに制作しています。

意地でも毎週やる。ラップでディスられたのがきっかけで生まれた新橋サイファー

―新橋サイファーはerrorさんが始められたそうですが、いつごろ、どんなきっかけでスタートしたのでしょうか?

error:2016年11月に始めたので、今年で5年目ですね。もともとフリースタイルラップは2010年代のブーム初期から好きで、いざ自分でもやってみようと思い立ったのが2016年で26歳くらい。

それでTwitterで見つけた地元、大森の平和島サイファーに参加してみたんです。そうしたら、高校生が多くて僕だけちょっと年上だったんですね。

OSAGARI:ちょうど『高校生RAP選手権』(BAZOOKA!!!)が流行ってましたもんね。2015年には『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)も始まって。

OSAGARI
OSAGARI

VIP KID:そのころからサイファー自体の母数がかなり増えましたよね。

VIP KID
VIP KID

error:そうそう、当時はローカルなサイファーが各地にあって。で、平和島サイファーでバトルをやってた時に「90年生まれなら90年代でサイファーしてろよ」ってラップでディスられたんです(笑)。

それがきっかけで、自分たち世代が集まってるサイファーってあるのかなって探したけど、なかった。じゃあ自分で立ち上げよう、と。

―ディスがきっかけっていうのはいいですね(笑)。新橋をチョイスしたのは?

error:やっぱり一番大きかったのは「サラリーマンの町」というイメージです。僕自身の通勤ルートでもあったし、桜田公園といういい場所もあって、社会人が集まりやすい。

そこでTwitterで情報を発信したり、その前に参加していたフリースタイルバトルのイベント『社会人ラップ選手権』で知り合った人に声をかけたりして、一番最初は7人集まりましたね。そこから週1回水曜日に開催を重ねてきました。

サイファーは毎週水曜日20時から開始。BGMがなりだすと、3~5人ほど人の輪が自然といくつか生まれてくる
サイファーは毎週水曜日20時から開始。BGMがなりだすと、3~5人ほど人の輪が自然といくつか生まれてくる

OSAGARI:僕とerrorさんが出会ったのも『社会人ラップ選手権』なんですよ。「名刺交換からはじまるフリースタイルバトル」と謳っているように、社会人がそれぞれの仕事を武器にラップで競い合う(笑)。新橋サイファーには2017年の夏くらいからほぼ毎週参加してますね。そうしたら、自然に「主催を手伝いませんか?」と。

―サイファーを運営し続けるのはけっこう勇気がいるし大変だと思うんですが、どうやって開催しているんでしょうか?

error:当時は横浜や早稲田など別のいろんなサイファーに参加していて、運営の流れはある程度わかってたので特に不安はなかったです。地元のサイファーは不定期開催だったので、いつ行けるかもわからなかったし、自分のペースでやりたかったというのもあります。

今は主催も合計で4人いますし、仕事の兼ね合いで来られない時に責任を分担できる仲間がいるので、だいぶ助かってます。

OSAGARI:基本スタンスは、意地でも毎週やる(笑)。全国どのサイファーを見ても、毎週やってるところはないんじゃないかなと思います。サイファーって小さいスピーカーが1台あれば始められるから、乱立はするんですけど、安定して続けてるところはなかなか珍しい。

21時を過ぎた頃には人も多くなり周囲は賑やかに
21時を過ぎた頃には人も多くなり周囲は賑やかに

VIP KID:とにかく開催率が高いですよね、新橋サイファーは。

―VIP KIDさんはお2人よりさらに若いそうですが、どのような経緯で主催に加わったんですか?

VIP KID:高校を卒業して働いてたんですが、去年の夏に本格的にヒップホップに注力したいと思って仕事を辞めました。それからアルバイトしながら自分で曲を作ったり、サイファーをしたりする日々を送ってます。新橋に合流したのは2019年の冬から。毎週火曜日には上野サイファーも主催してます。

―精力的ですね。

VIP KID:もともとラップを始めたのは高2。それこそ『フリースタイルダンジョン』がブームで、学校で友達にフリースタイルを仕掛けられたのがきっかけです(笑)。

地元が足立区なんですけど、近所の舎人公園でサイファーがあって参加してました。ただ中高生しかいなかったから、もっといろんな人がいるところで韻やフロウを学びたいと思って、松戸のサイファーに参加したり、高校卒業を機に上野サイファーを開いたり。

VIP KID:新橋サイファーはすでに有名だったので、新橋に来てみたらめちゃくちゃ社会人が多くて、社会人としてもラッパーとしてもいい刺激がある。それから毎週通うようになって、気付いたら2020年の秋に主催メンバーに加わってました。

―サイファーの捉え方やヒップホップ体験も三者三様なんですね。

OSAGARI:僕は大学生の時にラップを始めて、サイファーにも参加するようになりました。時期によってその捉え方は変わっていってます。

最初はラップスキルを伸ばしたくてサイファーに参加してたんですが、社会人3、4年目になると若い人と関われる機会ってあんまりないから、この文化は大事だと思うようになった。少なくともこの活動がずっと続けばいいと思って主催に関わるようになりました。

error:そう。主催のメンバーも含めて、参加者の世代がバラけてるのはすごくいいなと思ってますね。

VIP KID
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

新橋サイファー

小学生から社会人、老若男女、初心者から玄人。様々なMCの交流の場
毎週水曜日 20:00~終電まで開催

開催場所の詳細は下記、Twitterを参照

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談