インタビュー

徳谷柿次郎が長野から見つめ直す、テレワークとワーケーション

徳谷柿次郎が長野から見つめ直す、テレワークとワーケーション

インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

コロナの時代がやってきて、「新しい〇〇様式」といった概念の誕生がせわしない。ワーケーション、リモートワーク、Eラーニング。それらは時代に対応するものでもあるし、かなり便利ではあるけれど、そのいっぽうで何かが失われていくような感じも確実にある。

とはいえ、否応のない変化に対応していかなければならないのもまた人生である。では、いまの状況をどのように楽しめばいいのだろう? 東京の都心部にとどまるだけではない働き方はないものだろうか?

そこで話を聞いたのが、地元メディア『ジモコロ』を立ち上げ、現在は長野県で暮らす編集者の徳谷柿次郎だ。旅に狂い、全国を駆け回る仕事をしていた彼を、いわばワーケーションの先駆と呼べるかもしれない。

だが、この数年で彼のなかにも大きな変化が起きつつあるらしい。それを聞きたくて、PC越しにインタビューを試みた。

徳谷柿次郎(とくたに かきじろう)<br>編集者 / Huuuu inc.代表取締役、ジモコロ編集長として全国47都道府県行脚して編集しています。ヒップホップ、民俗学、郷土玩具に熱心で「やってこ!」の概念を提唱中。『Gyoppy! 』『Dooo』『やってこ!シンカイ』『ソトコト』連載も頑張ってる。
徳谷柿次郎(とくたに かきじろう)
編集者 / Huuuu inc.代表取締役、ジモコロ編集長として全国47都道府県行脚して編集しています。ヒップホップ、民俗学、郷土玩具に熱心で「やってこ!」の概念を提唱中。『Gyoppy! 』『Dooo』『やってこ!シンカイ』『ソトコト』連載も頑張ってる。

田舎で黙々と薪割りしてると、本当に自然と一体化したような気持ちになるんです。

―徳谷さんは『ジモコロ』の取材で全国津々浦々を旅して回り、そしていまは拠点を東京から長野に移して暮らし、働いています。まずその経緯をお聞かせいただければと。

徳谷:もともと旅行ってものをそんなに経験せずに育ってきたんです。そんなときに前職のバーグハンバーグで『ジモコロ』の企画が立ち上がって、取材しながら経費で旅行できるって最高だなと思ったんですよ。編集者やライターは、みんな「経費で旅したい!」って思うじゃないですか(笑)。

―たしかに。遠くに行きたいですね(笑)。

徳谷:そのほかにも野尻湖にある「LAMP」っていうゲストハウスの人と仲良くなったり、東京で働くうちにいろんな場所の人たちとつながりができてきて、その流れで長野に至った……という感じです。

長野県野尻湖の湖畔に佇むゲストハウス「LAMP」
長野県野尻湖の湖畔に佇むゲストハウス「LAMP」

―なるほど。

徳谷:実際、『ジモコロ』での経験はめちゃくちゃ大きかったです。最初は私利私欲の取材旅行だったけれど、地方で働いて暮らす価値観とか、自然のなかを車でドライブしてるだけで気持ちいいぞ、っていうローカルならではの感覚に30歳を過ぎてから出会いました。

それまでの東京の満員電車に揺られて移動してたり、渋谷や恵比寿のよくわからず参加していたパーティーに顔出したりしてる自分とのギャップがどんどん広がっていった。だから『ジモコロ』での経験と、地方への思いが同時並行でふくらんでいったわけです。

―旅してきたなかで忘れられないエピソードはありますか?

徳谷:『ジモコロ』を始める以前の話ですけど、薪割り体験ですね。『はじめの一歩』って漫画、わかります?

―ボクシングの漫画ですよね。

徳谷:そうそう。ある試合の前に、主人公の一歩が背筋を鍛えるために山の中で薪割りをするシーンが好きで、同じ方法で自分も筋肉ムキムキになれるんじゃないかと浅く思ったんです(笑)。

そんな軽いノリでFacebookに「どこかで薪割りできないかな?」と書き込みました。そうしたら長野県松本市で暮らしている女性から「お風呂は全部薪で炊いてます。うちなら薪割りできますよ」っていうコメントあったんですね。

それで会ったこともない人の家に本当に高速バスに乗り込んで行っちゃったんです。しかも一泊二日で、泊めてもらって。

―すごい行動力!

長野の大自然の中で薪を割る
長野の大自然の中で薪を割る

徳谷:そのときの体験が強烈でした。気持ちのいい夏の田舎でただ黙々と薪割りしてると、抽象的な言い方になってしまうんだけど本当に自然と一体化したような気持ちになるんです。武道の心得みたいに、薪を綺麗に割った瞬間の一本筋の軌跡がたまらなかったんですよね。

薪割りの合間に、もぎたてのキュウリやトマト、あとガリガリ君なんかをご馳走してもらったりもして。それから景色の気持ち良さですね。僕、EVISBEATSってアーティストがめっちゃ好きなんですけど、彼の“いい時間”って曲と、目の前のアルプスの山の景色がバチっとハマって、そこで一気に自然に覚醒した、と。

―瞬間的に気持ちがアガるようなツーリズムの経験ではなくて、ごくあたりまえの生活の時間が徳谷さんには衝撃だったんですね。

徳谷:そうですね。「もっとこういう暮らしをしてみたい!」と素直に思いました。

自分で育てた芋を心臓に見立ててみる
自分で育てた芋を心臓に見立ててみる
Page 1
次へ

プロフィール

徳谷柿次郎(とくたに かきじろう)

編集者 / Huuuu inc.代表取締役、ジモコロ編集長として全国47都道府県行脚して編集しています。ヒップホップ、民俗学、郷土玩具に熱心で「やってこ!」の概念を提唱中。Gyoppy!、Dooo、やってこ!シンカイ、ソトコト連載も頑張ってる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」