特集 PR

覆面UT・パブリックインベーダー。その音が不穏でポップな理由

覆面UT・パブリックインベーダー。その音が不穏でポップな理由

Eggs
インタビュー・テキスト・編集
黒田隆憲

マカロニえんぴつやSUPER BEAVER、sumikaらが所属するインディーズレーベルmurffin discsが主催する『murffin discs Audition 2020』で、見事グランプリに輝いたパブリックインベーダーがデジタルシングル『404号線』でデビューした。

パブリックインベーダーは、作詞作曲を担当する上田とメインボーカルのyuriによる二人組。

グランプリを獲得した“ネオシティ”は、フリーキーなギターフレーズや不穏なコード進行が印象的な楽曲だったが、“404号線”では一転、ネットレーベルなどが台頭した2010年前後のクラブの雰囲気を思わせるような、レトロなサウンドへとシフトしている。

かと思えば、先日公開した新曲“Virus”では、トライバルな要素を取り入れるなど一筋縄ではいかない音楽性の彼ら。そのクリエイティビティーはいったいどこから来ているのだろうか。

年齢や性別など、多くが謎に包まれているスペースインベーダー。その正体にできる限り迫った。

「漫画でも音楽でも、好きになると自分でつくりたくなる」

―まずはパブリックインベーダー結成の経緯から教えてもらえますか?

上田:去年の1月くらいに「バンドがやりたい」と思ったんですけど、自分の周りにはオリジナルの曲をやっている人が全然いなくて。それでインターネットの「バンドメンバー募集」の掲示板に、自作のデモ音源を貼って「一緒にやってくれる人いませんか?」みたいな感じで書き込んだところ、ボーカル志望のyuriから連絡があったんです。

yuri:自分はState ChampsやAfter Tonight、See You Smileのようなポップパンクがずっと好きで。日本だとMy Hair is Badやクリープハイプ、FOMAREなどをよく聴いていて、そのあたりをミックスしたようなバンドを高校生の頃からやっていました。

でも、そのバンドが解散してしまい、「どうしよう?」と考えていた矢先、たまたま上田のデモを掲示板で聴いて、「あ、これ歌いたい」と思ったんです。それで連絡をしたのがパブリックインベーダーのはじまりでした。

パブリックインベーダー<br>2020年に行われた『murffin discs Audition 2020』にてグランプリを獲得。作詞作曲、サブボーカルを担当する上田と、メインボーカルのyuriによる2人組ユニット。その正体、年齢、性別などは謎に包まれている。2021年5月、murffin Lab.より“404号線”をデジタルリリース。サウンドプロデュースには、MOP of HEADのGerogeを起用しており、新鮮なサウンドのなかにも、どこか懐かしいクラブミュージックを感じさせる1曲となっている。
パブリックインベーダー
2020年に行われた『murffin discs Audition 2020』にてグランプリを獲得。作詞作曲、サブボーカルを担当する上田と、メインボーカルのyuriによる2人組ユニット。その正体、年齢、性別などは謎に包まれている。2021年5月、murffin Lab.より“404号線”をデジタルリリース。サウンドプロデュースには、MOP of HEADのGerogeを起用しており、新鮮なサウンドのなかにも、どこか懐かしいクラブミュージックを感じさせる1曲となっている。

上田:なので、最初は二人でバンドをやるつもりだったんですよ。でも、それからあっという間にコロナが広がり、ほとんどのライブハウスが営業停止になって、バンドとしての活動をはじめづらい状況になっていった。

それで夏くらいに、「バンドじゃないかたちでもやれることはないかな?」と、新しい方向性についてyuriに相談しました。もともとバンドというフォーマットには収まりたくない気持ちもあったんですけど。

―じゃあ、結成してまだ1年くらいしか経っていなかったんですね。そもそもお二人は、どんなきっかけで音楽に目覚めたんですか?

上田:小さい頃は、親が車で流していたGReeeeNやスキマスイッチなどを聴いていました。幼稚園からピアノも習っていたんです。そんなに好きじゃなかったんですけど、中学3年くらいまで惰性でやっていて。普通、そのくらいやっていれば到達しているはずのレベルにさえ届かなかった(笑)。

yuri:自分は小さい頃からアニメが大好きで、なかでも『NARUTO-ナルト-』に夢中でした。最初に覚えて歌ったのも、SUPER BEAVERさんの“深呼吸”(『NARUTO-ナルト-疾風伝』のエンディングテーマ)でしたね(笑)。

学生時代に友人とカラオケに行って、そこでsupercellさんの“君の知らない物語”などを歌ったときに声を褒めてもらえたのがすごく嬉しくて。それがきっかけで歌を歌うことが好きになったのかもしれないです。

supercell“君の知らない物語”

―上田さんは、パブリックインベーダー以前、なにかバンドをやっていたのですか?

上田:サークルのコピバンとかはやったことありますが、オリジナル曲をやるとか、そういうのはなかったです。高校生の頃から趣味で、別にどこに発表するでもなくただ曲をつくっていましたね。

―曲づくりはなぜやりはじめたのでしょう?

上田:なんでだろう……(笑)。中学3年くらいのときにギターをはじめて、いろんな曲をコピーしていくうちに、「曲ってこうやってできているんだな」「コード進行にもパターンがあって、わりと似たようなものが多いんだな」というのがだんだんわかってくるじゃないですか。

そのときに聴いていたGReeeeNの曲なども、「そうか、この曲と同じコード進行なんだ」みたいなことがわかってくると、今度は自分でも曲をつくりたくなってきて。昔から、たとえば漫画を読んで「面白いな」と思ったら、自分でも描いてみたくなる性格だったんですよね。

―そういえば以前、音楽プロデューサーの木崎賢治さんにインタビューしたときも「なにかを好きになると、その構造を調べたくなるし、仕組みがわかると自分でもつくりたくなる」とおっしゃっていました(参考記事:音楽プロデューサー木崎賢治が、成功や失敗で気づいた仕事の流儀)。

上田:最初のうちは、簡易的な音楽制作アプリを使って遊びで曲をつくっていたんですけど、しばらくしてiPhone版のGarageBandを見つけて「これ、できそうだな」と思ったんです。そこからどんどん曲づくりにハマっていきましたね。

―二人でやることになって、参考にした音楽はありましたか?

上田:はじめたばかりの頃は、初期のRADWIMPSみたいに「バンド編成だけど何でもあり」みたいな姿勢が好きだったので、「こういうのいいよね」という話はしていました。

でも、「二人でユニットみたいなかたちでやっていこう」となってからは、そういう方向性の話はほとんどしてなくて。「こんな音源があるんだけど、どう?」みたいな感じで送るなど、基本的にネット上でのやり取りで制作していましたね。

Page 1
次へ

プロフィール

パブリックインベーダー
パブリックインベーダー

2020年に行われた『murffin discs Audition 2020』にてグランプリを獲得。作詞作曲、サブボーカルを担当する上田と、メインボーカルのyuriによる2人組ユニット。その正体、年齢、性別などは謎に包まれている。2021年5月、murffin Lab.より“404号線”をデジタルリリース。サウンドプロデュースには、MOP of HEADのGerogeを起用しており、新鮮なサウンドのなかにも、どこか懐かしいクラブミュージックを感じさせる1曲となっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性