特集 PR

unBORDE・鈴木竜馬を取材。ゲス乙女を巡る報道に対して提言も

unBORDE・鈴木竜馬を取材。ゲス乙女を巡る報道に対して提言も

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

ここ数年の日本の昼のワイドショーみたいなものは、才能を後押しするというよりも、足を引っ張ったり、潰したり、いじめ気質みたいなものが強くて、それは本当にクソだと思う。

―2016年はunBORDE設立5周年のアニバーサリーイヤーとなりましたが、この5年のなかで、一番苦労したことはどういったことでしょう?

竜馬:それはマーケットの問題ですね。今の音楽業界の趨勢として、第何次かのバンドブームになってるとは思っていて、それはいいことなんですけど、フェスにお客さんが集まる一方で、マーケットとして作品までなかなかお金が回ってこない。

悲しいかな、蓋が見えているというか、「10万枚×10組」という話をしましたけど、実際は3~5万でせめぎ合ってる感じなんです。「3万枚×30組」を作っていくのは大変なんですよね。1~2万枚売れるアーティストをたくさん抱えているインディーズのレーベルもあるから、そういう道も選択肢としてはあるけど、それはメジャーがやるべきことではないと思う。なので、蓋が見えてるなか、それでもやりたい音楽をやるという、そのバランスが難しいです。

―そこを超えていけるアーティストをいかに見出すかが課題とも言えそうですね。

竜馬:その意味で言うと、ゲスの極み乙女。はバンドシーンにいながら、蓋がない存在だと思ったんです。音楽的にも、画的にもそうで、きゃりーのときと同じように、出会った瞬間に「これはやらなきゃ絶対ダメだ」と思いました。彼らの3回目のライブのときはもう、うちのスタッフが行ってましたからね。

―「画的」というのは?

竜馬:ゲスの極み乙女。は、最初から音楽的にかなり可能性を感じさせられたけど、見た目の作り込みが十分ではなかった。だけど、そこはRIP SLYMEやきゃりーで培った経験を活かして、彼らをよりよく見せられるスタイリストやヘアメイクを提案できると思ったんです。そうすることで、バンドとしての蓋を見ずに、また違う夢が見れるなと。

―そんな彼らが活動自粛になってしまったことは、当然unBORDEにとって大きな出来事で、そのことに関する苦労もあったかと思います。

竜馬:もちろん苦労はあったけど、なにが大変かって、メディアとのやり取りなんですよ。ここに関しては、誰になにを言われても声を大にして言いたいんですけど、エンターテイメント業界においては、その人の才能を世の中に届ける手助けをすることが、メディアとして本来正しいというか、大義であるべきだと思うんです。

海外にだってパパラッチはあるし、そういうメディアが日本にもあるのは当然だけど、ここ数年の日本の昼のワイドショーみたいなものは、もちろんすべての番組がそうではないと思いますが、才能を後押しするというよりも、足を引っ張ったり、潰したり、いじめ気質みたいなものが強くて、それは本当にクソだと思う。たとえば彼は、人として反省すべき部分もありますけど、それで音楽のことも否定されるのはちゃんちゃらおかしいと思いますね。

鈴木竜馬

―現状としては、バンドは活動自粛期間に入り、ニューアルバム『達磨林檎』の発売が一時中止となっているわけですが、今後に関してはどうお考えですか?

竜馬:それこそ、アルバムは川谷一人で作ったものではなく、バンドメンバー四人で作ったものですから、作品自体に罪はないと思うので、届けるべきタイミングを待って出したいと思っていますよ。

ひとつ絶対にやるべきかなと思っているのは、ワイドショーとかの知ったかぶりのコメンテーターだったり、番組プロデューサーだったりに対しては、「あなたは彼らの作品を聴いたことがありますか?」「実際に彼らのライブを観たことがありますか?」と突き付けて、「作品や公演に触れた、その上でモノを言ってください」と。レコード会社の制作チームとしては、しかるべきときに、それを真摯に伝えていくということです。

―ゲスの極み乙女。の活動休止前のラストライブは、個人的にも本当に素晴らしかったと思います。

竜馬:確かに本当に素晴らしかったので、生配信すればよかったなって思ったし、知ったかぶりのコメンテーターのスマホに強制的に映像を送りつけたかったですよ(笑)。まあ、今はとにかく、しかるべきタイミングでリスタートして、作品を届けられたらと思っています。

とはいえ、この1年大変だったといえば大変だったけど、どうってことないといえばどうってことなくて。そもそも、スキャンダルなんかあってもなくても、作品を1枚1枚リリースしていくのって、本当に大変なことなんですよ。ただ、どんなに大変だったとしても、それがヒットしたら、その喜びとは本当に替え難いもので、疲れなんて吹っ飛ぶんですよね。そこはA&Rという仕事の醍醐味だと思います。

Page 2
前へ 次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロフィール

鈴木竜馬(すずき りょうま)

株式会社ワーナーミュージック・ジャパン執行役員 / 邦楽第1クリエイティブルーム本部長 / unBORDEレーベルヘッド。1969年、東京生まれ。1993年、株式会社SONY CREATIVE PRODUCTSに入社。1999年、ワーナーミュージック・ジャパン入社。RIP SLYMEのデビューから、山下達郎、竹内まりやなどの販売促進担当として様々なプロジェクトに携わる。2010年、社内に邦楽レーベル「unBORDE(アンボルデ)」を発足。きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースなど、レーベルの陣頭指揮を執りながら現在に至る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で