特集 PR

unBORDE・鈴木竜馬を取材。ゲス乙女を巡る報道に対して提言も

unBORDE・鈴木竜馬を取材。ゲス乙女を巡る報道に対して提言も

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

個人がそれぞれ、メジャーフィールド以外でやれることが増えると、メジャーの会社はメジャーの意義とか意味を考えないといけない。

―この連載記事はCINRA.NETとCAMPFIREの合同企画なのですが、竜馬さんはクラウドファンディングについてどのような印象をお持ちですか?

竜馬:勉強不足ではあるんですけど、たとえばアイドルでいうと、昔はメジャーフィールドのものだったのが、今は「アイドルやってるんです」と言うことがもっと身近なものになって、そういう人たちが自分の作品を出すためにクラウドファンディングを使うのは、めちゃくちゃいいなと思っています。自己主張の場としてネットというインフラがあって、そこで自分のサポーターを集められることは、最高だと思う。

個人がそれぞれ、メジャーフィールド以外でやれることが増えると、メジャーの会社はメジャーの意義とか意味を考えないといけない。そうやってこちらがいろいろと考えさせられるのも、すごくいいことだと思いますね。

鈴木竜馬

―クラウドファンディングは多様化するニーズに対応するという側面があるわけで、その意味では、メジャーとインディーそれぞれにしかできないことに対して活かすことができると。

竜馬:とにかく、アーティストが自己主張する場を作れるというのは素晴らしいと思うんです。しかも、アーティストはコンビニで働く時間があるなら、その時間をもの作りにあてた方が絶対にいいわけで、クラウドファンディングで資金を集められるならバイトを減らせるわけですもんね。

それに対して、「自分でバイトして稼げ」とかいうやつはどの口が言ってんだって話でね。支援する人がいてこそ成り立つわけだから、それに対して第三者がなにかを言う筋合いはないと思います。

自分はあくまで会社人なわけですけど、会社の資本でいろんなことがやれるというのは、最高にいいですよ。

―では最後に、エンターテイメント業界に入りたいと思っている人、また興味はあるんだけど、業界の未来に不安も感じている人に対して、なにかメッセージを伝えていただけますか?

竜馬:自分はメジャーメーカーにいて、あくまで会社人なわけですけど、会社の資本でいろんなことがやれるというのは、最高にいいですよ。失敗したら怒られるかもしれないけど、会社を口説いて、そのお金で自分がやりたいことをやって、それがヒットしたら、すごい快感を得られるわけじゃない? それなのに、今はみんな若干ビビりすぎかなとは思います。

「会社のお金なんだからいいじゃん」って言うのはちょっと乱暴だけど、でもそのくらいの気持ちでやった方がいいですよ。「制作費がこれしかないから、このなかでこじんまりと」ではなくて、「どうしてもやりたいから、制作費や宣伝費を出してくれ」って、会社に対してプレゼンすればいいわけで。

―今の人はかつての100万枚のような成功体験を感じることが難しいので、そこで二の足を踏んでしまう部分があるのかもしれませんね。

竜馬:それはあると思うけど、やっぱり目標は高く持つべきだと思います。

―リスクがあるのは当然だから、まずはトライしてみることが重要で、会社にはそれができる環境があると。

竜馬:それがメジャーという環境であるわけで。それで失敗ばっかりだったら、才能がないってことだし、もちろん運も大事だし。ただ、その職責に置かれたのなら、ベットをしないというのは、職責を放棄するようなことだと思う。ヒットを作るためにやってるんだったら、そのリスクを背負うことも含めて、仕事としてやるべきだと思います。自分の思い描くことが絵空事だったとしても、俺はほら吹きのようにそういうことをいつも言っていたいです(笑)。

だって、そうじゃないと面白くないじゃん? 当たるも八卦、当たらぬも八卦で仕事をするのは嫌だけど、なにかが化けるときはポジティブな意味で当たるも八卦、当たらぬも八卦だから。可能性というのは、いつも見ていたいよね。

そういう意味でも、エンタメ業界に入ったのなら、後日、ある程度の歳になったときに成功談も失敗談もあわせて笑える話がたくさんあった方がいい。俺らも諸先輩方々のそういった話に、常にエネルギーをもらってきたわけだから(笑)。

鈴木竜馬

Page 4
前へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロフィール

鈴木竜馬(すずき りょうま)

株式会社ワーナーミュージック・ジャパン執行役員 / 邦楽第1クリエイティブルーム本部長 / unBORDEレーベルヘッド。1969年、東京生まれ。1993年、株式会社SONY CREATIVE PRODUCTSに入社。1999年、ワーナーミュージック・ジャパン入社。RIP SLYMEのデビューから、山下達郎、竹内まりやなどの販売促進担当として様々なプロジェクトに携わる。2010年、社内に邦楽レーベル「unBORDE(アンボルデ)」を発足。きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースなど、レーベルの陣頭指揮を執りながら現在に至る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表