特集 PR

今、日本で洋楽は売れてるの? Lady Gagaを売った井口昌弥に訊く

今、日本で洋楽は売れてるの? Lady Gagaを売った井口昌弥に訊く

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く連載『ギョーカイ列伝』。第4弾に登場するのは、ユニバーサルミュージックのインターナショナルでマネージング・ディレクターを務める井口昌弥。世界最大のレコード会社で、これまで数々の洋楽アーティストのマーケティング戦略を手掛けてきた井口は、Lady Gagaを日本でも大ヒットさせるなどした手腕を買われ、現在36歳にして「海外マーケティング本部 本部長」「経営推進本部 社長室 副室長」を兼任し、将来を担う存在として期待されている。

近年は「若者の洋楽離れ」が囁かれるなど、日本における「洋楽」を巡る状況は厳しいと言われることも多いが、井口は「未来は明るい」と語る。CDからストリーミングに移行し、音楽とテクノロジーが結びついてダイナミックな変化が起こり続けている2010年代において、はたして「洋楽」はどこに向かうのか? 2020年に向けて、ますますエンターテイメントコンテンツの輸入と輸出が盛んになるであろう今は、それをもう一度再考するタイミングであるはずだ。

Lady Gagaを担当させてもらって、洋楽のアーティストで紅白までいけたのは、圧倒的に大きな体験でした。

―井口さんはどんな学生時代を経て、ユニバーサルミュージックに入社されたのでしょうか?

井口:大学に入って、バンドをやったりしていたんですけど、大学3年を終えたときに1年休学して、バックパッカーとして世界中を旅していました。その頃、今うちにいるナオト・インティライミも世界を回っていて、ニューヨークで偶然会ってるんですよ(笑)。

―なぜバックパッカーをやろうと思ったのですか?

井口:親の薦めで中学受験をして、中高一貫の学校に行って、そのまま大学まで行ったんですよね。なので、今考えると青くさいんですけど、「これは自分の考えでやりました」みたいなものがほしくて。いろんな国を見てみたかったし、実際に行ってみると、自分とは生活環境がまったく違う人たちがこれだけいるんだということを知れたし、逆に自分が日本人であることを強烈に意識させられる体験にもなりました。それは今の仕事にも活きていますね。

井口昌弥
井口昌弥

―そのあとに就職活動をして、ユニバーサルミュージックに入社されたと。

井口:1日に「8時間も」働かないといけないんだったら、好きなことを仕事にした方がいいと思ったんです。逆の捉え方をすれば、「8時間しか」働かないんだから、仕事なんてなんでもいいって考えもあるとは思うんですけど、僕は「8時間も」と思ったので、好きな音楽を仕事にしたいなと。

―入社後は主に洋楽のディレクターとしてマーケティングのお仕事をされていたそうですね。今36歳にして「マネージング・ディレクター」というポジションに就かれているのは、かなり早い歩みだと思うのですが、ご自身にとっての転機となったのはどんな仕事でしたか?

井口:とにもかくにも一番大きいのは、Lady Gaga(以下、ガガ)だと思います。ガガをデビューのとき(日本デビューは2009年)から担当させてもらったのですが、洋楽のアーティストで紅白までいけたのは、圧倒的に大きな体験でした。「ヒットするってこういうことなんだ」っていうのが体験できて、自信にもなったので、一番大きな転機でしたね。

―ガガのプロモーションに関して意識したのは、どんな部分だったのでしょう?

井口:海外で受けてるものを、そっくりそのまま日本に持ってくるだけで、同じように受けるかというと、そうではないじゃないですか? そのアーティストが持っているどの要素が日本に合うかを考えることが重要。もし10個売れるポイントとなる要素を持っていたとしても、10個全部を伝える必要はないんです。それよりも、そのなかの3個を拡大して伝える方が大事で、そのための取捨選択は非常に重要だと思います。

井口昌弥

―実際に、どんな「日本ならでは」のプロモーションを?

井口:たとえば、今でこそ常套化した手段ですけど、当時は海外アーティストが朝のワイドショーに出ることって、あまり多くなかったんです。でも、ちょうど『スッキリ!!』(日本テレビ系列)が始まって2~3年経った頃で、空気感として「ガガに合いそうな番組だな」と思っていて。

とにかく1回『スッキリ!!』で取り上げて頂けないかと言い続けました。実際に取り上げて頂き、そのあとパフォーマンスでも出演させて頂くと、番組との相性のよさもあって一気に認知が高まったんです。

―確かに、昔は海外アーティストが出るテレビ番組というと『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)、もしくは他の朝の番組のイメージでした。今では『スッキリ!!』に出ることが常套化しているようにも思います。

井口:あと、『徹子の部屋』(テレビ朝日系列)に出して頂けたのも大きかったです。平日の13時にテレビを見てる方は、定石通りに考えれば、直接的なガガのターゲットではないかもしれない。ただ、そういった定石よりも、「黒柳徹子さんとガガが一緒の画に映ってたら絶対バズるし、興味を惹かれるよな」ということで。ネットでいかにバズを起こすかを考えるのは、今では当然のことですけど、当時は番組と一緒になってかなりインパクトを残せたように思います。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロフィール

井口昌弥(いのくち まさや)

ユニバーサル ミュージック合同会社ユニバーサル インターナショナル マネージング・ディレクター、兼経営推進本部社長室副室長、兼海外マーケティング本部本部長。1980年5月11日、神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業。2004年入社し、その後レディー・ガガ、ブラック・アイド・ピーズ、リアーナ、Ne-Yoといった様々な洋楽アーティストのディレクターを歴任。2016年、「海外マーケティング本部」を設立し、洋楽アーティストの国内戦略に加え、邦人アーティストの海外戦略の指揮を執る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)