特集 PR

『ラブライブ!』のプロジェクトはなぜ成功した? 木皿陽平の考え

『ラブライブ!』のプロジェクトはなぜ成功した? 木皿陽平の考え

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く連載『ギョーカイ列伝』。今回登場するのは、アニメやゲーム関連の音楽を中心に展開しているレコード会社「ランティス」の制作本部チーフプロデューサー・木皿陽平。数多くのヒットアニメに携わり、SCREEN mode、大橋彩香などのプロデュースも手掛けている売れっ子プロデューサーだが、やはり特筆すべきは『ラブライブ!』の成功だろう。

『ラブライブ!』プロジェクトとして、CD、ライブ、アニメ、ゲームなど、幅広いメディアミックスを展開し、作品に登場するスクールアイドルグループとして実際のキャストが活動するμ'sは、2015年に『第66回NHK紅白歌合戦』に出場、翌年には東京ドーム公演を成功させるなど、一大ブームを巻き起こした。その核にあったのは、マイウェイを貫く木皿の媚びない姿勢だった。『ラブライブ!』のファンはもちろん、「アニメや声優には興味がない」という人にこそ、その人気と成功の秘訣を知っていただきたい。

仕事って人生の大半の暇つぶしみたいなものだし、だったら、やりたいことをやりたいじゃないですか。

―まずは木皿さんがエンタメ業界に入るまでの経緯をお伺いしたいのですが、学生時代はご自身で音楽活動をされていたそうですね。

木皿:僕、ロックは一切通ってなくて、ずっとクラシックをやっていたんです。楽器はチェロだったんですけど、オーケストラで指揮者の真似事みたいなことをやったこともあって。いろんな楽器の音を聴いて、バランスを取って、音楽を紡いでいくという、ディレクターの基本みたいなことを楽しんでいました。

ただ、才能がなかったので、その道を進むことは最初から考えていなくて。でも、仕事って人生の大半の暇つぶしみたいなものだし、だったら、やりたいことをやりたいじゃないですか。それでレコード会社に行こうと思って、新卒でエイベックスに入りました。

木皿陽平
木皿陽平

―アニメも昔からお好きだったんですか?

木皿:好きでした。ちょうど高校生の頃に『エヴァンゲリオン』がブームになっていたり、OVAも見ていて、『天地無用!魎皇鬼』とか、高橋留美子さんの作品とかが好きでしたね。古い漫画とかアニメが好きで、神保町に行って古雑誌を買ったり、ひたすらレーザーディスクを見たり。

当時のエイベックスは「J-POP」「ユーロビート」「ディズニー」が強いコンテンツだったなかで、「エイベックスのレーベルカラーを活かして、アニメをやるのは絶対に面白いと思います!」みたいなことを言ったら、アニメの部署に配属してもらえて。そこで制作・宣伝をやっていたんですけど、上手くいかず、1年で異動になってしまったんです(笑)。

―わずか1年で?

木皿:まあ、新人でいきなり制作を担当するのは、知識や経験が足りないから厳しかったんですよね。そうしたら、そのタイミングで映像の営業部署を立ち上げることになって異動して、そこからは水を得た魚のように頑張れたんですけど……やっぱり制作がやりたくなって。

木皿陽平

―木皿さんはランティスに入るまでに、何度も転職をされているそうですね。

木皿:そうなんです。エイベックスから、インターチャネルというゲームコンテンツ会社に移ったんですけど、そこでも上手くいかず(苦笑)。体を壊しちゃったのもあって、もう音楽の第一線からは距離を置こうと思い、ITの仕事に興味を持って、ドワンゴに入ったんです。そこでは、着うたフルの配信サイトの編成業務や渉外業務をやっていました。

―音楽に関わる仕事ではあったけど、制作からは身を引いたと。

木皿:でも、外回りをするようになったときに、たまたまランティスとがっつり関わるようになったんですね。そうしたら、すごくウェルカムな雰囲気を出してくださって、半ば社員状態になっていたんです。

そのときに、『涼宮ハルヒの憂鬱』とかをやってたプロデューサーで、今執行役員になっている斎藤(滋)と意気投合して、また音楽を作りたい気持ちが芽生えたんですよね。それで2010年7月に、ランティスに入りました。

ランティスの方針がいいのは、「いいものを作ることを最優先にしよう」という考えが強いところ。それは、会社を作った人たちが現場出身だから。

―ランティスに入ったのは、アニソン業界の盛り上がりを感じて、可能性を見出していたということでもあるのでしょうか?

木皿:僕は、あんまり「アニソン」という括りをしてなかったので、「アニソンをやりたい」っていうよりも、「アニメの音楽をやりたい」と思っていたんですよね。アニソンのマーケットが確立されつつある時期だったんですけど、まだそこまでだったし、僕はオーケストラをやっていたので、劇伴とかBGMのほうに興味があったんです。

―CDが売れなくなってきて、レコード会社の体力が落ちてきたなか、逆にアニメ業界は勢いを増していた分、制作環境がよかったということもあったのかなと。

木皿:確かに、相対的には売れてましたけど、ランティスの方針がいいのは、「いいものを作ることを最優先にしよう」という考えが強いところで。それは、会社を作った人たちが現場出身だからなんですよね。

会社を作った人たちがみなミュージシャンなので、現場に理解があって、すごく働きやすいんです。うちの会社の人間は、話していても「音楽が好きなんだな」って感じがするので、それもこの会社に来たいと思った理由でした。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロフィール

木皿陽平(きさら ようへい)

株式会社ランティス 制作本部チーフプロデューサー。『ラブライブ!』では音楽プロデューサーを務める。現在は、大橋彩香、SCREEN mode、HopStepSing!などを担当している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業