特集 PR

小島みなみ&紗倉まなインタビュー「AV業界を肯定したいよね」

小島みなみ&紗倉まなインタビュー「AV業界を肯定したいよね」

iroha
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

「女性らしくを、新しく。」をブランドコンセプトとして掲げるirohaとのコラボレーション連載『21世紀の女子解放論』。第5回目は、AV女優の小島みなみと紗倉まなを招いた。二人はそれぞれのソロワークと同時に、アイドルユニット・乙女フラペチーノを結成し、音楽活動を続けている。まもなくリリースされるシングル『私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上』で、トリプルファイヤー、マキタスポーツ、近藤良平などカルチャー濃度の高いクリエイターを布陣し、ポップでガーリーなサウンドを作り上げた。

この他にも、紗倉は文筆家、小島はバラエティータレントとしても活動しており、AVに留まらない多面的な才能を発揮している。そんな彼女たちを突き動かしている欲求とは一体何なのか? そして、性や欲望とどのような付き合い方を日々しているのだろうか? プリミティブな欲望の発露であると同時に、表現の一手段にもなりうる欲望とは何か? その正体を探ってみた。

頑張った分だけ評価される職業だから。普通のお仕事って、なかなか個人の努力が評価されないじゃないですか。(小島)

―お二人がAV業界に入ったきっかけは?

紗倉:私の場合、「ちょっと変わってるね」ってみんなからよく言われるんですけど、14歳のときに偶然AVを見ちゃったのがきっかけなんです。父の書斎にあったビデオデッキを何の気なしに再生したら、裸の女性がパッと目の前に映し出されてビックリして。でも「イヤだな」って感じではなく、むしろ女性が自分の全部をさらけ出せる仕事があることに憧れを覚えたんですよね。それで18歳の誕生日の翌日、今の事務所にメールを送りました。

紗倉まな
紗倉まな

―自ら志願して。

紗倉:就活感覚。でも、絶対落とされると思ってたんですよ。

―え、なぜ?

紗倉:自分に対するコンプレックスがすごかったですからね。自分の内面も外見も全部イヤで……もしもデビューするなら全身整形したいと思っていたくらい。だからこそ一回裸になって全てをさらけ出したら、人生をリスタートできるかもしれない、と思ったんですけど。

―ちょっと意外なエピソードですね。小島さんはどんなきっかけでしたか?

小島:私は、高校を卒業して「何しようかな~」ってふわふわ考えてたんです。そんなときに、たまたま当時の事務所の社長さんを紹介してもらって……その人は女性だったんですけど、話を聞くと自分でもやれそうかな、と思えたんですね。だから、まなちゃんみたいに意欲的ではなくて、なんとなく始めました。

小島みなみ
小島みなみ

紗倉:意欲的というか、裸になることに抵抗がなかったんだよね。家族全員、夏なんか家ではみんな裸だったから。

小島:裸族だ!

紗倉:そうそう。高等専門学校の女子寮で暮らしてた頃も、パンツとスケスケのシャツ姿ですたすた歩いていたし。友達から「まなちゃん、裸で唐揚げ作ったりしないでね。ヤケドしちゃうから」なんて言われて、「たしかにそうだ!」と気づかされて。

―それは友達なりの配慮であって、油ハネ注意は口実ですよね(笑)。

紗倉:ですよね(笑)。そんな感じで、大勢の人の前でご開帳したりすることには抵抗ゼロだったんです。

左から:紗倉まな、小島みなみ

小島:すごいなあ。私は本当に恥ずかしかった。初めてジャケット写真を撮るときも「え、男の人いるけど、なんで? こっち見てるよ!」って感じで、笑顔カチコチ。

紗倉:でも絶対そこからスタートした方がいいですよね。身体を見せることが、自分の中でだんだんマンネリ化しちゃうでしょ。

小島:そうだね。今は乙女フラペチーノの活動とか、バラエティー番組のお仕事とか、幅が広がって楽しいけれど、最初は「6本出演したらやめよう」と思ってたんです。できればバレずに引退したかったから、宣伝活動もほとんどしなかったし。

―数本でAVから引退する人は多いみたいですね。

小島:今は「有名になりたい!」って気持ちが全開ですよ。そう変われたのは、周りのスタッフさんがすごく優しくて、頑張った分だけ評価される職業だったから。普通のお仕事って、なかなか個人の努力が評価されないじゃないですか。

―AVの現場で働くことで、自分自身が肯定されていくみたいな感じがあった?

紗倉:それはすごくありました。SNSとかだと、否定的な意見も目に入ってきちゃうんですけど、じつはAV業界の中って、お互いがお互いをすごく尊重し合っていて、絆がとても深いんですよ。否定的な部分があるからこそ、肯定していきたいよねっていう気持ちのバランスがあって、そこに私はすごく共感できる。もちろん「自分の裸が後世に残るなんて後悔しないの?」という意見もよくわかる。でも同時に裸をさらけ出すことが恥ずかしくない自分もいるから、そこは個々人の価値観の違いだなと思います。

小島:私は今の仕事をすることで、どんどんやれることが広がっていった実感があるから続けてるんだと思う。子どものときからダンスも歌も好きで「アイドルになりた~い!」って願っていて、乙女フラペチーノでその夢がかなった。そうするとまた次の目標が現れて、どんどん貪欲になるんですよね。

Page 1
次へ

商品情報

iroha designed by TENGA
iroha designed by TENGA

「女性らしくを、新しく。」をコンセプトにTENGAから登場した、女性用プレジャー・アイテムブランド。女性目線で考えられた機能性とデザインで、女性に寄り添うセルフケアを提供します。

リリース情報

乙女フラペチーノ『私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上』乙女とパンツ 盤
乙女フラペチーノ
『私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上』乙女とパンツ 盤(CD+DVD)

2016年8月26日(金)発売
価格:2,300円(税込)
LNZM-1145/6

[CD]
1. 私ほとんどスカイフィッシュ
2. 乙女の炎上
3. 私ほとんどスカイフィッシュ(みなみver.)
4. 私ほとんどスカイフィッシュ(まなver.)
5. 私ほとんどスカイフィッシュ(Instrumental)
6. 乙女の炎上(Instrumental)
[DVD]
1. “私ほとんどスカイフィッシュ”Music Video
2. 密着ドキュメンタリー
・ジャケット撮影ドキュメンタリー
・Music Video撮影ドキュメンタリー
・レコーディングドキュメンタリー

乙女フラペチーノ『私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上』乙女と電車 盤
乙女フラペチーノ
『私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上』乙女と電車 盤(CD+DVD)

2016年8月26日(金)発売
価格:2,300円(税込)
LNZM-1147/8

乙女フラペチーノ『私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上』乙女と矢 盤
乙女フラペチーノ
『私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上』乙女と矢 盤(CD+DVD)

2016年8月26日(金)発売
価格:2,300円(税込)
LNZM-1149/50

プロフィール

小島みなみ
小島みなみ(こじま みなみ)

1992年12月14日生まれ。趣味は、散歩、テニス。「恵比寿★マスカッツ」「SEXY-J」メンバー。テレビ東京『ゴッドタン』『マスカットナイト』、映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2』、NOTTV『もう!バカリズムさんのドH』、お笑いライブ《6人のテレビ局員と1人の千原ジュニア》等に出演、各種バラエティにて活躍中。最近では、香港のTVCM出演や台湾での写真集発売等アジアでの活動も目立っている。

紗倉まな
紗倉まな(さくら まな)

1993年3月23日生まれ。趣味は、コラム執筆、絵を描くこと。「SEXY-J」メンバー。ドラマ『闇金ウシジマくん Season2』、映画『ゴッドタン THE MOVIE』『エターナルマリア』『KARATE KILL(2017年公開)』などに出演。『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)、および『最低。』(KADOKAWA)の出版、企業のWEBサイトにてコラムの連載等、執筆活動を積極的におこなっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図