特集 PR

『Reborn-Art Festival』の飲食は芸術祭・フェス飯の常識を覆す

『Reborn-Art Festival』の飲食は芸術祭・フェス飯の常識を覆す

『Reborn-Art Festival』
インタビュー・テキスト
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:関口佳代

石巻に入ってから、生産者の顔の見えるところで料理を作ったり勉強したいという思いに変わったんです。(今村)

―そもそも、松本さんも今村さんも、東北出身ではないですよね? 今、石巻を拠点に活動している理由をお伺いしてもいいですか?

今村:自分は、千葉の松戸が出身で、震災後にボランティアで石巻に来たのがきっかけです。2011年の5月頭にきて、本当は2週間ぐらいだけの予定だったんですけど。5月って、まだみんな体育館にいるような状況で……帰れなかったんですよね。

千葉とかはもう生活できるようになっていたんですけど、同じ日本で、こっちの人はこんなことになっているのかって思っちゃうと……千葉で就職も決まってたけど、就職はいつでもできるしと思って、辞めました。それで結局、2年間ボランティア活動をしていたんです。

―当時石巻に来たのは、料理をメインにしたボランティアが目的だったんですか?

今村:いや、そうではないですね。当時、男性は全員スコップを持って泥かきをやっているような状況だったので。2011年の夏過ぎから、電気工事士や、解体屋、塗装屋とかと「店舗再生班」を組んで、「お店を再開したい」という人たちの店舗の再生をお手伝いするようになりました。

そうしていくうちに、こっちの酒屋さん、肉屋さん、魚屋さん、さらに漁師さんや農家さんと繋がっていって。こういう生産者の顔の見えるところで、僕は料理を作ったり勉強したいっていう思いにどんどんと変わっていったんです。それで最後に、一緒にやってきた店舗再生班に自分からお願いして、自分の店を作ってもらいました。だからここは、想いのこもったお店だし、潰すわけにはいかないんです。

今村の店「四季彩食 いまむら」にて
今村の店「四季彩食 いまむら」にて

―松本さんは、いかがですか?

松本:僕は、茨城出身で、石巻に入ったのは震災から2年後です。当時、東京のイタリア料理屋を辞めて、ファミレスのメニュー開発のお仕事をやっていたんですけど、石巻の水産加工会社の立ち上げを手伝ってくれないかと話をもらったのがきっかけで。

こっちに時々来るようになって、漁師さんや農家さんや仲卸さんと会うきっかけがあったり、市場を見せてもらったりしているうちに、東京で働いていたときに思っていた「生産者さんともっと近くで飲食店をできないかな」という気持ちがまた自分のなかに出てきたんです。それで、「こっちで飲食店をやればいいんじゃないかな」と。東京って、便利だからこそできないことがあるじゃないですか。

松本圭介

―そうですね、たくさんあると思います。

松本:たとえば、農家さんと知り合うきっかけがあっても、なかなか頻繁に会いに行けなかったりする。しかも東京には、石巻の食材って、「三陸産」で入ってくることが多いんですよね。たとえば築地とかに仕入れに行っても、「石巻産」と札に書いてあることはあんまりなくて。でも実は、博多明太子の原料のタラコは、7割が石巻産のタラのタラコだったり、アナゴも水揚げ量は日本で常に3位までには入っていたりするんですよ。

特産が特産としてあるというのは、それをあえて作為的に作ってしまっているということ。(目黒)

―たしかに、「石巻の名産物ってなに?」と聞かれても、正直あまりパッと思い浮かばないです。

松本:僕もお店を始めるにあたって、「石巻といえばこれだ!」って、外から来た人に見せられるものはなんだろう? って結構考えたし、いろいろ探したんですよ。でも、なくて。逆に言うと、石巻だけで、魚は200種類以上あがるし、宮城県と括ればお米もある。

今村:メインのものが決められないぐらい獲れすぎるんですよね、石巻は。

松本:そう。でも、それでいいんじゃないかと思ったんですよ。つまり、「石巻に行けばなんか美味いもんが食べられる!」っていう方向性でいい。スペインのサン・セバスチャンのバル街みたいに、お店をはしごしてもらえる街になればいいですよね。食材の資源はいっぱいあるわけだから。世界中から石巻に、食の街として食べに来てくれればいいなって。

今村:それは本当、まったくその通りだと思います。それは、自分たち世代がやっていって、若い子たちがさらに活性化させていってくれればいいですよね。

今村正輝

目黒:「特産」って、街単位で作っていくものなんですよ。つまり、特産が特産としてあるというのは、それをあえて作為的に作ってしまっているということ。東北の人たちって、基本的に、自分たちから発信するのが苦手なんですよね。だから、「東北産」というものをあまり聞かないんです。でも、そういう場所だからこそ、面白味とか、変わらないものがたくさん残っている。

―そもそもなぜ、海のものも、お米も、肉類も野菜も、美味しく育つことができるんですか?

目黒:三陸は、暖流と寒流がぶつかる場所だったり、わりと温暖な場所だったりして、気候的な面で恵まれている条件だというのはありますね。それは海だけではなくて、山とかの資源もそうだと思うんですよね。

松本:そこも「循環」的なところですよね。海がいいということは、そこに降る雨がよくて、大地がよくて、流れてくる川がよくて、海がいいっていう流れなんだと思います。

今村:海藻とか、養殖が盛んなのも、ミネラルのおかげですよね。万石浦なんて、世界の種ガキの8割くらいはルーツが万石浦だと言われていますから。

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

『Reborn-Art Festival』

2017年7月22日(土)~9月10日(日)
会場:宮城県 石巻市(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町
参加作家:
ヨーゼフ・ボイス
JR
金氏徹平
マイク・ケリー
パルコキノシタ
クー・ジュンガ
ギャレス・ムーア
名和晃平
カールステン・ニコライ
ナムジュン・パイク
マーク・クイン
齋藤陽道
さわひらき
島袋道浩
ルドルフ・シュタイナー
鈴木康広
ヨタ
宮島達男
ハスラー・アキラ
カールステン・ニコライ
Chim↑Pom
コンタクトゴンゾ
デビッド・ハモンズ
有馬かおる
岩井優

青木陵子+伊藤存
増田セバスチャン
SIDECORE
八木隆行
ファブリス・イベール
バリー・マッギー
宮永愛子
田口行弘
カオス*ラウンジ

参加シェフ・生産者:
渡邉篤史(ISOLA)
岩永歩(LE SUCRÉ-COEUR)
楠田裕彦(METZGEREI KUSUDA)
目黒浩敬(AL FIORE)
手島純也(オテル・ド・ヨシノ)
小林寛司(villa AiDA)
藤巻一臣(サローネグループ)
松本圭介(OSPITALITA DA HORI-NO)
今村正輝(四季彩食 いまむら)
奥田政行(アル・ケッチァーノ)
緒方稔(nacrée)
小野寺望(イブキアントール)
堀野真一(OSPITALITA DA HORI-NO)
生江史伸(L'Effervescence)
石井真介(Sincére)
今村太一(シェフズガーデン エコファームアサノ GOEN)
佐藤達矢(nacrée)
安齊朋大(La Selvatica)
成瀬正憲(日知舎)
川手寛康(Florilèges)
菊池博文(もうひとつのdaidokoro)
ジェローム・ワーグ(RichSoil &Co.)
原川慎一郎(RichSoil &Co.)

プロフィール

目黒浩敬(めぐろ ひろたか)

Reborn-Art Festival フードディレクター。AL FIORE(宮城) / 代表。1978年、福島県新地町生まれ。宮城県川崎町在住。2005年に仙台でイタリア料理店「AL FIORE」を開店。同時に食を考えるきっかけ作りとして、数々の食育活動や野外でのワークショップなどを全国で開催。もっと深く食の根源から見つめ直したいとの思いから、就農のため2015年をもって閉店。現在は、ワインづくりのための葡萄栽培をはじめ、自然の中で楽しみながら、食や自然に対して気づきの場になるコミュニティづくりに励んでいる。

松本圭介(まつもと けいすけ)

OSPITALITA DA HORI-NO(石巻) / 料理長。1979年、茨城県生まれ。イタリアマエストロの称号を持つ石崎幸雄のもと、リストランテ・ジャルディーノでイタリア料理を学ぶ。2012年に震災後の仕事で石巻に訪れた際に、石巻の食材や環境、様々な魅力に惹かれ、2015年7月に「OSPITALITA DA HORI-NO」を開店。

今村正輝(いまむら まさてる)

四季彩食 いまむら(石巻) / 料理人。1981年、千葉県生まれ。大学卒業後、世界中を旅して周り、多くの経験と人に出会う。那須や東京で和食の修行をした後、震災のボランティアとして石巻に移住。そこで知り合ったボランティアの仲間たちと2013年4月に「四季彩食 いまむら」開店。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初