特集 PR

『Reborn-Art Festival』の飲食は芸術祭・フェス飯の常識を覆す

『Reborn-Art Festival』の飲食は芸術祭・フェス飯の常識を覆す

『Reborn-Art Festival』
インタビュー・テキスト
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:関口佳代

現状は、鹿を「有害獣として撃ってください」というお願いがあって、そのほとんどが埋められている。(目黒)

目黒:あと、今もうひとつ注目しているのが、鹿。今、石巻の牡鹿半島には鹿がたくさん生息しているんです。5月くらいの新緑の季節になると、鹿たちは若葉を全部食べちゃうんですね。そうすると木が育たず、はげ山になっちゃうので、三陸の養殖ができるところに流れてくるミネラルが圧倒的に減って、豊かな漁場として残らない可能性が出てくる。

僕らは先人の恩恵で、豊かな環境のなかで生かさせてもらっているので、それを絶やすのではなく、「循環」させることに、今一生懸命トライしているんです。その取り組みのひとつとして、鹿の解体処理場を立ち上げようとしています。

目黒浩敬

―解体処理された鹿は、どうするんですか?

目黒:全国に向けて、食肉として発信していこうっていうのが、まず第一です。第二段階は、皮や骨など、余ったところを加工して販売していこうということですね。

現状は、「年間1000頭処理してください」とか「有害獣として撃ってください」というお願いが行政から猟友会にあって、そのほとんどが埋められている。でも、尊い命を、単に数を精査していくわけでなく、本当に美味しいんだから、ちゃんと食材として活用したり、クラフト製品として再生したりしながら、無駄に命を絶つのではなく循環させていくべきだと思うんです。

松本:石巻のハンターさんが獲った鹿が、今までの料理人人生のなかで一番と思うぐらい、本当に美味しいんですよ。

人間力というものが、もう1回見つめ直されるべきタイミングなのかなって思う。(松本)

―目黒さんは「料理人は、料理を作ることだけが仕事ではなく、正しい食を伝えることが大事」と、以前インタビューでおっしゃっていましたが、松本さんや今村さんにもそういう意識がありますか?

松本:僕はもっと、食べる方に、人に語れるような食の楽しみ方をしてもらえればいいなって思うんです。たとえば、鹿のハンターさん自身がキッチンで調理して、お客様に持っていって、「この鹿はね……」って言っているようにストーリーが伝わるお皿を作りたい。その食事の背景にある大変さとか、生産者がなにに喜びとプライドを持って食材を作っているのかというところを、お客様に伝えられるようなことをやっていきたいんです。

それに加えて、「命をいただくということには最低限のルールがあって、それを守っていかなければ、命のバトンタッチをしてはいけないんだよ」ということも伝えていきたい。そういうメッセージを、料理のお皿のなかで表現できるような料理人になりたいなと思いますね。

―去年のプレイベントで食事をいただいているときも考えていたんですけど、東京で忙しくせわしなく生きていると、食事も……。

目黒:簡素になってきますよね。

―そうなんです。パッと食べられるファストフードとかコンビニで済ませちゃうことが多い。

目黒:僕もたまに行きますよ。でも、心は満たされないですよね。どんどん荒んでいきますよ。

―そう、心の余裕がなくなるということにも繋がるんだろうなと思って。

松本:そうですね。忙しいなかだと仕方がないと思いますし、パッと食べられる食事も、日本の食事文化のなかで成立しているものだとは思います。ただ、それが続いてしまうと、どんどんと自分自身の荒みみたいなものが見えてくる。どこかで、落ち着いて「いただきます」から始まって「ごちそうさまでした」で終わるような食事ができたほうがいいですよね。

―一人ひとりの生き方や心の持ち方、人間力において、「食事」というのは、日々の「循環」の大事な役目を担っているというか。

松本:そうだと思います。結局、日本だけではなく、世界がそうなんですけど、「人間力」がなんでも作ってきたわけじゃないですか。今の便利な社会もそう。

でも、ここからまた、人間の力で変えていかなきゃいけないものが結構あると思う。人間力というものが、もう1回見つめ直されるべきタイミングなのかなって思うんです。たとえば、日本で年間に廃棄されている食材の量が1900万トンって、想像できないですよね。

―1900万トン……。

松本:でも、それも人間力で変えていける。それこそ僕らみたいな料理人が、大きなことではなくても、自分でできることを精一杯やって、それぞれで広がっていけば、結果的に大きなものになっていくと思うんですよ。

今村:石巻の人のいいところは、去年のプレイベントでも、「ちょっと手伝ってくれない?」って声をかけたら、20人くらいとうもろこしを剥くのを手伝いに来てくれたり、お皿を洗ってくれたりするんです。みんな、誰かがなにかを達成したいんだって言ったら、見返りを求めずに、すぐ来てくれるんですよ。

それはやっぱり、震災や津波が起きたことで、偉い人もお金持ちも1回リセットされたし、お互い助け合って生きていかなければっていうことを、みんなが経験しているからだと思う。

―それこそ、都心部などで忙しなく、合理性を追求して生きている人たちから削ぎ落とされてしまっている「人間力」かもしれませんね。

目黒:『RAF』自体、「育む」ということがコンテンツについていて、その本領が発揮されるのは、今年の本祭に繋がっていってこそだと思います。本祭では、地元のお母さんと食堂をやったり、荻浜のビーチでレストランをやったり、いろんなコンテンツが派生していく予定です。

あと、ワークショップもやろうとしています。どういう感じでやるかはまだ決まっていないけど、小野寺(望)さんというハンターさんがすごく面白い人なので、その人と歩くだけでもワークショップになると思いますね。

今村:楽しそうですよね。芸術祭は僕も好きで、各地に行ったりしているんですけど、結局、食べたり飲んだりするところは自分で調べていかなきゃいけないじゃないですか。それでいろいろまわるのも面白いですけど、芸術祭のなかにレストランがあって、そこに地元や東京の名だたるシェフたちが来ていて、さらに音楽が聴けるなんて……最高ですよね。

左から:目黒浩敬、松本圭介、今村正輝

Page 4
前へ

イベント情報

『Reborn-Art Festival』

2017年7月22日(土)~9月10日(日)
会場:宮城県 石巻市(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町
参加作家:
ヨーゼフ・ボイス
JR
金氏徹平
マイク・ケリー
パルコキノシタ
クー・ジュンガ
ギャレス・ムーア
名和晃平
カールステン・ニコライ
ナムジュン・パイク
マーク・クイン
齋藤陽道
さわひらき
島袋道浩
ルドルフ・シュタイナー
鈴木康広
ヨタ
宮島達男
ハスラー・アキラ
カールステン・ニコライ
Chim↑Pom
コンタクトゴンゾ
デビッド・ハモンズ
有馬かおる
岩井優

青木陵子+伊藤存
増田セバスチャン
SIDECORE
八木隆行
ファブリス・イベール
バリー・マッギー
宮永愛子
田口行弘
カオス*ラウンジ

参加シェフ・生産者:
渡邉篤史(ISOLA)
岩永歩(LE SUCRÉ-COEUR)
楠田裕彦(METZGEREI KUSUDA)
目黒浩敬(AL FIORE)
手島純也(オテル・ド・ヨシノ)
小林寛司(villa AiDA)
藤巻一臣(サローネグループ)
松本圭介(OSPITALITA DA HORI-NO)
今村正輝(四季彩食 いまむら)
奥田政行(アル・ケッチァーノ)
緒方稔(nacrée)
小野寺望(イブキアントール)
堀野真一(OSPITALITA DA HORI-NO)
生江史伸(L'Effervescence)
石井真介(Sincére)
今村太一(シェフズガーデン エコファームアサノ GOEN)
佐藤達矢(nacrée)
安齊朋大(La Selvatica)
成瀬正憲(日知舎)
川手寛康(Florilèges)
菊池博文(もうひとつのdaidokoro)
ジェローム・ワーグ(RichSoil &Co.)
原川慎一郎(RichSoil &Co.)

プロフィール

目黒浩敬(めぐろ ひろたか)

Reborn-Art Festival フードディレクター。AL FIORE(宮城) / 代表。1978年、福島県新地町生まれ。宮城県川崎町在住。2005年に仙台でイタリア料理店「AL FIORE」を開店。同時に食を考えるきっかけ作りとして、数々の食育活動や野外でのワークショップなどを全国で開催。もっと深く食の根源から見つめ直したいとの思いから、就農のため2015年をもって閉店。現在は、ワインづくりのための葡萄栽培をはじめ、自然の中で楽しみながら、食や自然に対して気づきの場になるコミュニティづくりに励んでいる。

松本圭介(まつもと けいすけ)

OSPITALITA DA HORI-NO(石巻) / 料理長。1979年、茨城県生まれ。イタリアマエストロの称号を持つ石崎幸雄のもと、リストランテ・ジャルディーノでイタリア料理を学ぶ。2012年に震災後の仕事で石巻に訪れた際に、石巻の食材や環境、様々な魅力に惹かれ、2015年7月に「OSPITALITA DA HORI-NO」を開店。

今村正輝(いまむら まさてる)

四季彩食 いまむら(石巻) / 料理人。1981年、千葉県生まれ。大学卒業後、世界中を旅して周り、多くの経験と人に出会う。那須や東京で和食の修行をした後、震災のボランティアとして石巻に移住。そこで知り合ったボランティアの仲間たちと2013年4月に「四季彩食 いまむら」開店。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催