新人写真家の登竜門『写真新世紀東京展2007』が写美にて開催

キヤノンが文化支援活動の一環として行っている『写真新世紀』が恵比寿東京都写真美術館にて開催。新人写真家の発掘・育成・支援を目的に今年で17年目を迎える。

これまでに国内外で活躍するオノデラユキ氏や佐内正史氏をはじめ多数の写真家を輩出し、いまや新人写真家の登竜門としても認知度の高い公募展で、今年の公募には、約1300名の応募があった。

本展では、6組の優秀賞・約30組の佳作受賞作品および、昨年グランプリを受賞した高木こずえ氏の新作を紹介。フレッシュで力強い作品の数を楽しむことができる。

『写真新世紀東京展2007』
2007年11月3日(土)~11月25日(日)休館日:毎週月曜日
会場:東京都写真美術館地下1階映像展示室
料金:入場無料

関連リンク


  • HOME
  • Art,Design
  • 新人写真家の登竜門『写真新世紀東京展2007』が写美にて開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて