桜美林大学にて、チェルフィッチュ岡田利規氏の新作書き下ろし作品を上演

第49回岸田戯曲賞作家、岡田利規氏の新作書き下ろし作品『ゴーストユース』が桜美林大学パフォーミング・アーツプログラム(OPAP / オパップ)として、11月20日から桜美林大学内のPURNUS HALLにて上演される。

岡田氏の新作は、自身の団体チェルフィッチュにおいても、来年3月に行なわれる「2年半ぶりの新作公演」『フリータイム』まで予定されてなく、見逃せない公演となりそうだ。

公演によせて

「ゴーストユース」は、まあ一言でいうならば、三十五歳の主婦が二十歳だったときのことを回想する、という話です。青春が甘いものだったか地獄のような時期だったかさえ、僕はもう喉元を過ぎてしまったので
よく覚えていません。でも実は、当事者であったときは当事者であるゆえに、それが今と同様よく分かってなかった気がします。だったら青春のことなんて、誰にも分からないってことになりますね。とまあ、そう
いうことについて描く演劇を、二十歳前後の19人の俳優たちと作ってみようと思っています。

岡田利規(チェルフィッチュ主宰 / 桜美林大学非常勤講師)

桜美林大学パフォーミングアーツプログラム「OPAP」
『ゴーストユース』
2007年11月20日(火)~11月25日(日)
会場:桜美林大学内PRUNUS HALL
料金:前売・ご予約 一般1,000円、学生800円、高校生以下500円
   当日一般1,200円、学生1,000円、高校生以下700円

  • HOME
  • Stage
  • 桜美林大学にて、チェルフィッチュ岡田利規氏の新作書き下ろし作品を上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて