ドコモダケを様々なアーティストが料理、シアタープロダクツ、本城直季ら参加

ドコモの広告から生まれたキャラクター「ドコモダケ」をアーティストに託し、それぞれが個性溢れる料理法でその魅力を紹介する展覧会『HOW TO COOK DOCOMODAKE?』が、10月4日(土)から初台のNTTインターコミュニケーション・センターにて開催される。

参加するのは松井えり菜 、古武家賢太郎、嶺脇美貴子、近藤聡乃、黒田潔、KYOTARO、MUSTONE、本城直季、姉川たく、シアタープロダクツなどイラストレーターから写真家、ファッションブランド、ジュエリーアーティストまでジャンルを問わない様々なアーティスト達。

なお、同展は昨年10月にニューヨークSOHOにあるギャラリーで開催され、10日間という短い会期にもかかわらず6500人を超える入場者を記録。今回は満を持しての開催となる。キノコのおいしい秋にふさわしい展覧会になりそうだ。

会場では作品集をはじめ、ドコモダケのベレー帽、ケチャップをかけられるなど様々な方法で料理されたドコモダケのストラップなどの展覧会限定ミュージアムグッズも販売される。

『HOW TO COOK DOCOMODAKE?』
2008年10月4日(土)~10月13日(月・祝日)10:00~18:00
会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]特設会場

出展アーティスト:
近藤聡乃
アンリアレイジ
千鳥屋+市原
松井えり菜
横山豊蘭
今井トゥーンズ
古武家賢太郎
黒田潔
KYOTARO
嶺脇美貴子
MUSTONE
本城直季
えぐちりか
福井利佐
姉川たく
シアタープロダクツ
plaplax

休館日:10月6日
料金:無料
主催:ドコモダケアディクト委員会

  • HOME
  • Art,Design
  • ドコモダケを様々なアーティストが料理、シアタープロダクツ、本城直季ら参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて