ニュース

『爆音映画祭』にてトクマルシューゴ、テニスコーツらがライブ、セレクトした映画の上映も

5月17日からバウスシアター(東京・吉祥寺)にて開催される『爆音映画祭』のイベントとして、ライブと映画上映がセットになった上映が開催される。ミュージシャン自らが選んだ映画と、本人によるライブが作り出す豪華な一晩だ。

17日(土)は、07年にアルバム『主観』をリリースし、「おっさんの体にユーミンが宿る」というキャッチコピーで話題を呼んだ「かえる目」のライブと、映画『喜劇 とんかつ一代』を上映。

18日(日)は映画『ティム・バートンのコープスブライド』とトクマルシューゴによるソロライブ。

19日(月)は無声映画『白い花びら』を上映しながらのテニスコーツの生演奏のほか、テニスコーツのさやと二階堂和美によるユニット「にかスープ&さやソース」の姿を追ったドキュメンタリー作品『Harmonies』が上映される。

爆音映画祭オフィシャルウェブサイトではそれぞれの映画へのコメントも掲載されているのでそちらもお見逃しなく。また、17日(土)と21日(水)にはCINRAセレクトによるウォン・カーウァイ監督作品『花様年華』も上映される。

『爆音映画祭』
ライヴ+映画上映 presented by map
会場:バウスシアター(東京・吉祥寺)

2008年5月17日(土)19:30(予定)~
ライブ&トーク:かえる目
上映作品:『喜劇 とんかつ一代』

2008年5月18日(日)19:30(予定)~
ライブ:トクマルシューゴ
上映作品:『ティム・バートンのコープスブライド』

2008年5月19日(月)19:30(予定)~
ライブ+同時上映:テニスコーツ&梅田哲也 『白い花びら』
上映作品:『Harmonies』

※映画の上映はライブ後となります。終了は22:30~23:00を予定

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に