ニュース

KYOTAROの描く「神様」たちの姿、個展『天界トリップ』がMIZUMA ACTIONにて開催

KYOTAROこと青木京太郎の個展『天界トリップ』が、MIZUMA ACTION(ミヅマ・アクション)にて8月9日まで開催中だ。

KYOTAROは『COMIC CUE』、『COMIC H』などでの漫画活動や、資生堂マジョリカマジョルカのCMビジュアルアニメーション、など幅広い活動で知られているアーティスト。

今回の個展で描かれるのは、作家をはじめ、私たちの中にも存在しうる「神様」たちの姿。KYOTAROが描くの作品は「龍」、「天馬」、「天狗」など象徴的な存在の姿を取っており、龍をはじめ世界中の神話に少しずつ姿を変えながら遍在するこれらは、言語や文化を超えて人類が共有するイメージと考えることができる。

2004年に出版した絵本『The Baby Shower Story』や『I SAW A LOT OF FAIRIES』で見られる、動物や妖精たちの表情や仕草を感じる作品ではなく、同展見ることができる。のでは静かに息づきながらただこちらを超絶と見据える作品達がここには存在する。

巨大なキャンバスに鉛筆で緻密かつ壮大に描かれた作品たちからは、きっと受け止めきれない何かを感じ取れるはずだ。

KYOTARO展『天界トリップ』
2008年7月9日(水)~8月9日(土)11:00~19:00
会場:ミヅマ・アクション(東京・中目黒)
休廊日:日・月・祝日休廊
料金:無料

(画像:KYOTARO「天馬」、2008、キャンバス、鉛筆、112×145cm)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡