ニュース

冬季コレクションは従来の芸術観を覆す戦後日本美術、川村記念美術館『絵画の森』

『絵画の森』と題して美術館を周囲の環境も含めたひとつの森に見立て、夏季と冬季にそれぞれ約120点の所蔵作品を展示している川村記念美術館が、12月12日(金)より冬季コレクションの展示を行う。

冬季の中心は、コレクションの中でもこれまで展示される機会の少なかった戦後日本美術の作品。今回は、新たな表現を牽引した瀧口修造(1903~1979)、斎藤義重(1904~2001)らの作品に加え、ニューヨークを拠点に単色の平面を構成した作品の制作を続ける桑山忠明(1932~)、鉄を素材とした彫刻作品によって空間や時間についての思索を行った若林奮(1936~2003)、ものを作り出すのではなく、ものと人と空間の関係自体に注目し、世界と直接に関わろうとした李禹煥(1936~)の作品などを展示する。

戦後、日本で活動した美術家たちは、海外の美術動向と並行しながらも独自の表現を追及することで従来の芸術観をくつがえし、あらためて芸術とは何か、さらには人間とは何かといった問題の再考をすることとなった。レンブラントや印象派からシュルレアリスムの作品、さらにはバーネット・ニューマンの『アンナの光』など欧米の傑作とともに、日本で生まれた同時代の表現を鑑賞することで、異なる文化から派生した美術の多様な森を実感することができるだろう。

リニューアル2008 コレクション展示
川村記念美術館『絵画の森』戦後日本美術の作家たち

2008年12月12日(金)~2009年2月1日(日)9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場:川村記念美術館(千葉県佐倉市)
休館日:月曜日(ただし1月12日は開館)、12月25日~1月1日、1月13日

出品作家:
瀧口修造
菅井汲
堀内正和
飯田善國
山口勝弘
オノサト・トシノブ
斎藤義重
荒川修作
桑山忠明
高松次郎
李禹煥
若林奮
中西夏之
杉本博司

主催:川村記念美術館(DIC株式会社)

料金:一般1,000円 学生・65歳以上800円 小中学生・高校生500円
※学生と65歳以上の割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要

定時ガイドツアー:
毎日14:00より美術館ガイドスタッフによるコレクション解説を行っている。参加費は入館料のみ。また、1台500円で音声ガイド機器の貸し出しも行っている。

(画像上:李禹煥 ≪線より≫ 1983年、画像下:瀧口修造 ≪デカルコマニー≫ 1964年)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像