草間弥生、宮島達男、ヤノベケンジら17名の現代美術作家、バンコクで大規模展覧会

今年迎えた「日メコン交流年」をきっかけとした展覧会『Twist and Shout: Comtemporary Art from Japan』が、タイのバンコク芸術文化センターで11月20日から開催される。

これまでのタイの現代美術界は、オルタナティブスペースや大学附属のギャラリーを利用した比較的小規模な展覧会が主流となっていたが、昨年7月に巨大複合施設「Bangkok Art and Culture Centre」がオープンしたことに伴い、広い空間を活かした展覧会の企画が求められているという。

今回の展覧会は、インディペンデントキュレーターの窪田研二と、豊田市美術館学芸員である能勢陽子が、タイの若手キュレーターとともにキュレーションを担当。ヤノベケンジの“ジャイアントトラヤン”、宮島達男の“MEGADETH”などの大規模な代表作から、草間弥生、会田誠、小谷元彦、山本桂輔、金氏徹平、千葉正也、青山悟、青木陵子、泉太郎、のびアニキ、西野達、雨宮庸介、志賀理恵子、高嶺格、宮島達男、遠藤一郎の計17名による作品を紹介する。

オープニングには参加作家によるパフォーマンスが行われるほか、宮島達男、タイ人作家、キュレーターが登場するアーティストトークも開催される予定だ。

『Twist and Shout: Comtemporary Art from Japan』展

2009年11月20日(金)~2010年1月10日(日)
※オープニングは11月19日(木)18:30~20:30
会場:タイ バンコク芸術文化センター(Bangkok Art and Culture Centre)

出品作家:
[第1章:TWISTED WORLD / TWISTED MIND(捻れた世界/精神)]
草間弥生
ヤノベケンジ
会田誠
小谷元彦
山本桂輔
金氏徹平
千葉正也

[第2章:Recapture of the World(世界の再構成)]
青山悟
青木陵子
泉太郎
のびアニキ
西野達
雨宮庸介

[第3章:SHOUT IT LOUD or LOW(密やかな/声高な叫び)]
志賀理恵子
高嶺格
宮島達男
遠藤一郎

キュレーター:
窪田研二(インディペンデントキュレーター)
能勢陽子(豊田市美術館学芸員)
共同キュレーター:
ピッチャヤー・スパワニット(バンコク芸術文化センター、キュレーター)
ペンワディ・ノッパケート(ジム・トンプソン・アートセンター、アシスタント・
キュレーター) 

オープニング・パフォーマンス

2009年11月19日(木)

・遠藤一郎氏による「未来へ」
・ヤノベケンジ氏のジャイアントトラヤンの入魂式

アーティストトーク

オープニング
2009年11月21日(土)
会場:BACC オーディトリアム
出席:
日本人出品作家、タイ人作家、キュレイター等

クロージング
2010年1月9日(土)
会場:BACC 講堂
出席:宮島達男、タイ人学生

  • HOME
  • Art,Design
  • 草間弥生、宮島達男、ヤノベケンジら17名の現代美術作家、バンコクで大規模展覧会

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて