ニュース

6時間に渡る対談とレクチャー『デザインフォーラム TDC DAY 2009』が開催

毎年東京TDC賞の受賞者やゲストを迎え、受賞作品やその背景などをとりあげるイベント『デザインフォーラム TDC DAY 2009』が4月5日に女子美術大学杉並キャンパスで開催される。

9回目となる本年度は、2つのレクチャーと2つの対話と松本弦人がモデレーターとなった3つの座談を行う構成で進行する。アートディレクションを多数手がけ、次世代デザイナーの象徴的存在の1人となった松本弦人が最初に対談するのは、立花文穂と伊勢克也。2人と共に文字が文字になる前の「はじまりのかたち」である「球体」をテーマにトークを繰り広げる。

また、JAGDA新人賞、東京ADC賞、N.Y.ADC金賞と言った数々の実績を残してきた植原亮輔の製作現場や共有するビジョンを、シアタープロダクツをプロデュースしている金森香を迎えて語り合う。その他にも中村勇吾と中村至男による初の対談とそれに松本弦人を迎えた受賞作を巡る40分、浅葉克己と仲條正義による受賞作品と最新のデザイン感についての対談が予定されている。

レクチャーを担当するのはタイプデザイン「Nabil」で受賞したエマヌエラ・コニディと、読書と言う概念を打ち壊し斬新なブック作品で受賞したレス・ソンの2名。最先端を行くデザイナー達の6時間に渡る対談とレクチャー。ぜひ会場に足を運んで、めくるめく豊かなデザイン・コンテンツを楽しんで頂きたい。

『デザインフォーラム TDC DAY 2009』

2009年4月5日(日)12:30~18:30(開場11:50)
会場:女子美術大学杉並キャンパス 4号館 4401教室
料金:一般2,000円 学生1,500円
定員:先着250名・事前申込み制(全席自由席)
問い合わせ:info@tdctokyo.org

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察