ニュース

空間を包み込む穏やかな「黒」の世界、梶岡俊幸個展『The Birth Canal-未来へのうねり』

和紙に鉛筆と墨で「闇の世界」を描く梶岡俊幸の個展『The Birth Canal-未来へのうねり』が、4月9日(木)から東京・南青山のスパイラルガーデンにて開催される。

梶岡の作品は一見真っ黒い絵のようだが、よく見ると膨大な量の鉛筆の線で埋め尽くされ、その上におおらかに墨が重ねられている。これらの作品は川面を描いており、恐怖や不安を感じさせながらも、同時にゆったりと包み込むような穏やかさをも与える。

同展では、高さ5m、横幅9mの絵画が吹き抜け空間にそびえ立ち、スパイラルカフェから臨むギャラリー壁面は複数の巨大な作品に覆われる。タイトルの「Birth Canal」(産道)は、それらの作品が屹立した光景を運河(canal)に見立て、流れる水の闇は生命の根源であるとして名付けられている。

梶岡がよく眺めていた夜の川面には、計り知れない何かを宿した闇が揺らいでおり、同時に、自分もその一部であったという体の記憶を呼び覚ますものだったという。その経験にもどづいて生まれた今回の展示。独特のスケールと質感で、スパイラル全体が穏やかな黒の世界に包まれるだろう。

art-life+vol.11 梶岡俊幸展
『The Birth Canal-未来へのうねり』

2009年4月9日(木)~26日(日)11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
会期中無休
料金:無料

(画像:noctune 2007)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場