ニュース

空間を包み込む穏やかな「黒」の世界、梶岡俊幸個展『The Birth Canal-未来へのうねり』

和紙に鉛筆と墨で「闇の世界」を描く梶岡俊幸の個展『The Birth Canal-未来へのうねり』が、4月9日(木)から東京・南青山のスパイラルガーデンにて開催される。

梶岡の作品は一見真っ黒い絵のようだが、よく見ると膨大な量の鉛筆の線で埋め尽くされ、その上におおらかに墨が重ねられている。これらの作品は川面を描いており、恐怖や不安を感じさせながらも、同時にゆったりと包み込むような穏やかさをも与える。

同展では、高さ5m、横幅9mの絵画が吹き抜け空間にそびえ立ち、スパイラルカフェから臨むギャラリー壁面は複数の巨大な作品に覆われる。タイトルの「Birth Canal」(産道)は、それらの作品が屹立した光景を運河(canal)に見立て、流れる水の闇は生命の根源であるとして名付けられている。

梶岡がよく眺めていた夜の川面には、計り知れない何かを宿した闇が揺らいでおり、同時に、自分もその一部であったという体の記憶を呼び覚ますものだったという。その経験にもどづいて生まれた今回の展示。独特のスケールと質感で、スパイラル全体が穏やかな黒の世界に包まれるだろう。

art-life+vol.11 梶岡俊幸展
『The Birth Canal-未来へのうねり』

2009年4月9日(木)~26日(日)11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
会期中無休
料金:無料

(画像:noctune 2007)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで