今度は女性ボーカル集合、HARCO監修の柔らか歌声コンピがひな祭りにリリース

透明感のある柔らかな歌声の女性ボーカリストたちの楽曲を収録したコンピレーションアルバム『Sweet Voices - Fairy Girlfriends』が、3月3日にリリース。同アルバムは、昨年12月にリリースされた『Sweet Voices - Gentle Boyfriends』に次ぐシリーズ第2弾。前作と同じくHARCOが監修、選曲を手がけている。

参加アーティストは、原田郁子、コトリンゴ、土岐麻子、羊毛とおはな、空気公団、原田知世、YUKI、イノトモ、advantage Lucy、Michiluca、カルネイロ、Minuano(ミヌアノ)、ミナクマリ、嶺川貴子、HARQUA、湯川潮音の16組。なお、早耳のポップスファンの間で話題のMinuanoとカルネイロは、それぞれ書き下ろしの新曲を提供している。

聴いた誰もがおだやかな気持ちに包まれること間違いなしの、スイートでロマンチックな至福のコンピレーションCDに仕上がっている。

V.A.
『Sweet Voices - Fairy Girlfriends』

2010年3月3日発売
価格:2,300円(税込)
UVCA-3003

1. たのしそう かなしそう / 原田郁子
2. classroom / コトリンゴ
3. How Beautiful / 土岐麻子
4. ララルラ ラルララ(バンドバージョン) / 羊毛とおはな
5. 旅をしませんか / 空気公団
6. シンシア / 原田知世
7. 夏のヒーロー / YUKI
8. 遠くまで / イノトモ
9. Hello again / advantage Lucy
10. 海を渡る鳥 / Michiluca
11. 翡翠の羽 / カルネイロ
12. 曇りガラスに街が流れる / Minuano
13. Relish /ミナクマリ

amazonで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 今度は女性ボーカル集合、HARCO監修の柔らか歌声コンピがひな祭りにリリース

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて