世界中から写真作品が集まる国際アートイベント『TOKYO PHOTO 2010』

今年で2回目となる日本初の国際的な写真のアートフェア『TOKYO PHOTO 2010』が、東京の六本木ヒルズ・森タワーで9月20日まで開催中だ。

同展は、アジア最大規模で開催される写真作品の国際アートイベントで、写真作品の展示・販売を行うほか、特別展やセミナーなども開催。写真を見る楽しみだけでなく、所蔵し収集する楽しみも紹介する。初開催となった昨年は、アートフェアの枠を超えて新しいアートイベントとして国内外で高い評価を受けた。また、ニューヨークやパリの市場と連動する国際的な市場を東京に誕生させ、いまや世界中で注目を集める日本の写真作品の魅力を発信することも目的としている。

タカ・イシイギャラリーや小山登美夫ギャラリーなど日本を代表する25のギャラリーに加え、DANZIGER PROJECTSなどニューヨーク、ロス、アムステルダム、香港、台湾から世界有数のギャラリーが来日出展。アーティストは森山大道、蜷川実花ら日本の作家をはじめ、Robert FrankやWilliam Egglestonら最先端の作家が招かれ、計400点以上の作品が展示される。

サンディエゴ写真美術館による特別展『PHOTO AMERICA II』をはじめ、日米の編集者とフォト・コレクターが語る写真の魅力と見方や買い方・集め方の講演を行うセミナー、トークショーなども開催される。アート作品を所蔵し収集する楽しみをより身近に感じることができるだろう。

『TOKYO PHOTO 2010』

2010年9月17日(金)~9月20日(月・祝)
会場:東京 六本木ヒルズ 森タワー40階 academyhills 40
時間:
2010年9月17日(金)11:00~20:00
2010年9月18日(土)11:00~20:00
2010年9月19日(日)11:00~20:00
2010年9月20日(月・祝)11:00~18:00
※最終入場は、各日閉会の30分前

料金:前売り1,200円 当日一般1,500円 学生1,300円 ペア2,500円(男女2名様ご来場につき)

(画像上から:Mary Mattingly Air Ship Arecibo City, 2010 30 X 30 inches Chromogenic dye coupler print © Mary Mattingly. Courtesy Robert Mann Gallery, New York、Lee Friedlander Nude 20.5x30.6cm 1975 gelatin silver print、Loretta Lux Isabel 2009年、森山大道 「狩人」 1972年)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 世界中から写真作品が集まる国際アートイベント『TOKYO PHOTO 2010』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて