ニュース

ホフディランが今年も記念日ライブ『14年の土曜日』を開催、がっつりと男気値下げ

ホフディラン主催のライブイベント『14年の土曜日』が、彼らのメジャーデビュー記念日の7月3日にSHIBUYA-AXで開催されることがわかった。

昨年行われた誕生13周年記念ライブ『13年の金曜日』は、BIKKE(TOKYO NO.1 SOUL SET)やかせきさいだぁ≡、TOMOVSKYが出演。豪華ラインナップで盛り上がりを見せただけに、早々に開催が発表された今回のイベントも今後の発表に注目が集まりそうだ。

また、チケット料金をドリンクなしの3,980円に設定するなど、昨年の公演と比べて約1,000円も割り引くという大胆な試みを実施。これについてメンバーの小宮山雄飛は、「世の中、不景気でしょ?やっぱそれなりに負担だと思うんですよ、ライブの代金だって。それが理由でライブに行きたいけど行けない、という人を減らしたい。そもそも、この世界で「値下げ」っていうことを誰も言い出さないこと自体がおかしい。」と男気溢れるコメントをしている。

また、『13年の金曜日』の会場で即完売となったワタナベイビープロデュースDVDも第3弾発売予定。オフィシャルウェブサイトで2月12日からチケットの超最速先行予約が行われる。

メジャーデビュー14周年記念日
『14年の土曜日』

2010年7月3日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:SHIBUYA-AX

出演:
ホフディラン
and more

料金:前売3,980円 当日4,480円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会