ニュース

愛猫チロの死と生への欲、古希を迎え写真の入り口に立つ荒木経惟『古希ノ写真』

古希を迎える写真家・荒木経惟の『古希ノ写真』が、東京・清澄のタカ・イシイギャラリーで5月8日から開催される。

エロ(性・生)とタナトス(死)をテーマに作品を発表し続けてきた荒木にとって、古希はひとつの転機といえるだろう。「70は写真の入り口、100まで生きねば写真が撮れぬだろう」と語る彼の作品からは、写真に対する深い愛情を感じることができる。自分の目を通して見る偽りのない世界、何よりも荒木本人の「見るもの」と「見られるもの」を浸透する直接的なビジョンが作品に命を与えている。

同展では、中判(Fuji GF670カメラ)で撮影したカラーと白黒の最新作品を発表。これらの作品には、妻の死後に荒木と生を歩み続けた愛猫・チロの死が影響を与えている。大切な人を失うことによって生まれる喪失感や孤独、「死」を間近に感じることで深まる生(性)への欲、「死」を受け入れつつもみなぎる生命力を作品から感じとることができるだろう。

昨年『遺作』を発表した荒木だが、本展では自身の過去を振り返りつつも未来へ目を向けている。「写真の入り口」に立つ今、荒木自身の、そして写真の可能性を極限まで追求した展示だ。

荒木経惟
『古希ノ写真』

2010年5月8日(土)~6月5日(土)
会場:タカ・イシイギャラリー(東京・江東区清澄)
時間:12:00~19:00
定休日:日、月、祝日

オープニング・レセプション

2010年5月25日(火)
時間:17:00~19:00

(画像上:荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery、画像中:荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery、画像下:荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 B & W print Courtesy of Taka Ishii Gallery)

荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 B & W print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 B & W print Courtesy of Taka Ishii Gallery
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年