ニュース

愛猫チロの死と生への欲、古希を迎え写真の入り口に立つ荒木経惟『古希ノ写真』

古希を迎える写真家・荒木経惟の『古希ノ写真』が、東京・清澄のタカ・イシイギャラリーで5月8日から開催される。

エロ(性・生)とタナトス(死)をテーマに作品を発表し続けてきた荒木にとって、古希はひとつの転機といえるだろう。「70は写真の入り口、100まで生きねば写真が撮れぬだろう」と語る彼の作品からは、写真に対する深い愛情を感じることができる。自分の目を通して見る偽りのない世界、何よりも荒木本人の「見るもの」と「見られるもの」を浸透する直接的なビジョンが作品に命を与えている。

同展では、中判(Fuji GF670カメラ)で撮影したカラーと白黒の最新作品を発表。これらの作品には、妻の死後に荒木と生を歩み続けた愛猫・チロの死が影響を与えている。大切な人を失うことによって生まれる喪失感や孤独、「死」を間近に感じることで深まる生(性)への欲、「死」を受け入れつつもみなぎる生命力を作品から感じとることができるだろう。

昨年『遺作』を発表した荒木だが、本展では自身の過去を振り返りつつも未来へ目を向けている。「写真の入り口」に立つ今、荒木自身の、そして写真の可能性を極限まで追求した展示だ。

荒木経惟
『古希ノ写真』

2010年5月8日(土)~6月5日(土)
会場:タカ・イシイギャラリー(東京・江東区清澄)
時間:12:00~19:00
定休日:日、月、祝日

オープニング・レセプション

2010年5月25日(火)
時間:17:00~19:00

(画像上:荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery、画像中:荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery、画像下:荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 B & W print Courtesy of Taka Ishii Gallery)

荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 RP Direct print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 B & W print Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟 「古希ノ写真」 2010年 Nobuyoshi Araki “Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old” 2010 B & W print Courtesy of Taka Ishii Gallery
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」