ニュース

モリサワ主催の無料文字文化フォーラムに、青葉益輝、浅葉克己、長友啓典

株式会社モリサワが主催する無料イベント『第3回モリサワ文字文化フォーラム「○△□がやって来る」』が、12月10日に大阪のモリサワ本社で開催される。

今回で3回目を迎える『モリサワ文字文化フォーラム』は、印刷やウェブ、出版、デザイン業界の人々を対象に、文字文化への探究心を次世代へ受け継がせるべく開催されているイベント。これまでに「百人一首」を巡る特別講演会や、タイプデザイナーの第一人者であるマシュー・カーターと日本のトップクリエーターを招いたセッションイベントなどを行っている。

イベントタイトルにも冠されている「○△□」は3人のアートディレクターを指しており、「○」が長友啓典、「△」が浅葉克己、「□」が青葉益輝を表現している。この愛称はコピーライターの故眞木準によって名づけられ、デザインの基本要素である「○△□」と、同じ年齢で共に桑沢デザイン研究所の卒業生である3人に当てはめられたものだ。なお、この3人は今年1月から2月にかけて東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で第4回目となる『○△□展』を開催するなど、以前から交流があることでも知られている。

今回のフォーラムでは、長友、浅葉、青葉の3人に加え、アートディレクターの清水柾行が司会進行として登場。それぞれ異なるデザイン表現やそのアプローチについて対談する予定だ。

参加申し込みはモリサワ公式ウェブサイトのメールフォームで受付中。会場ではフォーラムの開催を記念した特別ポスターも12月6日から12月20日まで展示が予定されており、こちらは自由に入場が可能となっている。

第3回モリサワ文字文化フォーラム
『○△□がやって来る』

2010年12月10日(金)16:30~18:00(開場16:00)
会場:大阪府 モリサワ本社4F 大ホール

講師:
青葉益輝
浅葉克己
長友啓典
司会進行:清水柾行

料金:無料
定員:150名

『特別ポスター展示』

2010年12月6日(月)~12月20日(月)(平日10:00~18:00のみ)
会場:大阪府 モリサワ本社エントランスホール

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー