ニュース

レンブラントから草間彌生まで、巨匠たちの秘めた素顔に迫る自画像コレクション

イタリア・フィレンツェのウフィツィ美術館所蔵のコレクションを日本で初めて本格的に紹介する展覧会『ウフィツィ美術館  自画像コレクション  巨匠たちの「秘めた素顔」1664-2010』が、11月27日から大阪・北区の国立国際美術館にて開催される。

同展は、東京大学を中心とする日本側とウフィツィ美術館との共同研究の成果を生かして企画された。これまで公開の機会が限られていた同美術館の自画像コレクションから約70点を厳選し、形成期から現代までの350年におよぶ流れを概観する。

レンブラントから始まり、ドミニク・アングル、シャガール、モーリス・ドニほか、ヨーゼフ・ボイス、草間彌生、横尾忠則、杉本博司らの自画像が展示される。教科書に登場するような巨匠たちの素顔に迫るには、またとない機会となるだろう。

なお会期中には、記念講演会、シンポジウムのほか、様々な関連イベントも予定されているので、詳しくは同展のオフィシャルサイトをチェックしてほしい。


『ウフィツィ美術館 自画像コレクション 巨匠たちの「秘めた素顔」1664-2010』

2010年11月27日(土)~2011年2月20日(日)
会場:大阪府 北区 国立国際美術館
時間:10:00~17:00(金曜日は19:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(※2011年1月10日(月・祝)は開館)、2010年12月27日(月)~
2011年1月4日(火)、1月11日(火)
料金:
当日 一般1,400円 大学生1,100円 高校生800円 
前売り・団体

記念講演会
『巨匠たちの素顔』

2010年11月27日(土)
時間:14:00~
講師:ジョヴァンナ・ジュスティ(ウフィツィ美術館タペストリー・19世紀および現代美術部門部長)

シンポジウム
『自画像の美術史 ルネサンスから現代まで』

2010年12月11日(土)
時間:14:00~
パネリスト:
小佐野重利(東京大学文学部教授)
圀府寺司(大阪大学文学部教授)
中井康之(国立国際美術館主任研究員)

映画会
『Voluptas Dolendi 苦悩の快楽~カラヴァッジョのしぐさ 』

2011年1月15日(土)、1月16日(日)
時間:両日とも11:00~、14:00~の2回上映

講演会
『現代作家の自画像表現 所蔵作品を中心に』

2011年2月5日(土)
時間:14:00~
講師:中井康之
各日ともに
会場:国立国際美術館 地下1階講堂
各回定員130名(10:00~整理券配布)
※聴講は無料ですが、本展の観覧券が必要

(画像上:ラヴィニア・フォンターナ ≪スピネッタの前の自画像≫ 1578年、画像中:草間彌生 ≪自画像(Self-Portrait)≫ 2010年 ©Yayoi Kusama、画像下:ニコラ・ファン・ハウブラーケン ≪花輪のなかの自画像(?)≫ 1720年頃 全画像:All works ©Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali)

ラヴィニア・フォンターナ ≪スピネッタの前の自画像≫ 1578年 ©Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali
ラヴィニア・フォンターナ ≪スピネッタの前の自画像≫ 1578年 ©Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali
草間彌生 ≪自画像(Self-Portrait)≫ 2010年 ©Yayoi Kusama ©Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali
草間彌生 ≪自画像(Self-Portrait)≫ 2010年 ©Yayoi Kusama ©Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali
ニコラ・ファン・ハウブラーケン ≪花輪のなかの自画像(?)≫ 1720年頃 ©Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali
ニコラ・ファン・ハウブラーケン ≪花輪のなかの自画像(?)≫ 1720年頃 ©Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談