天野祐吉と広告クリエイターが語る広告制作の舞台裏、全12回の初回ゲストに佐藤可士和

雑誌『広告批評』の元編集長・天野祐吉が、公開トークイベント『クリエイターズ・トーク』を立ち上げた。

同イベントは、天野祐吉を聞き手に毎回ゲストを迎え、広告界を代表するトップクリエイターは、どのような考えのもとで広告を作っているのかを全12回にわたり探るもの。記念すべき第1回のトークは、ゲストに佐藤可士和(アートディレクター)を迎え、1月30日に東京・本郷の東京大学情報学環福武ホールにて開催される。参加には『クリエイターズ・トーク』事務局への電話予約が必要となっており、定員に達し次第受付終了となる。

なお、2月以降の登場クリエイターには、箭内道彦、大貫卓也、葛西薫、澤本嘉光、福里真一、前田知巳、中島信也、伊藤直樹、谷山雅計、中治信博、山崎隆明、麻生哲朗らが顔を揃えている。

『クリエイターズ・トーク』
私はこうして広告をつくってきた

会場:東京都 本郷 東京大学(本郷キャンパス)/情報学環福武ホール

『第1回』

2011年1月30日(日)14:00~(13:00開場)
ゲスト:佐藤可士和
料金:2,000円
定員:150名※高校生未満入場不可
予約方法:クリエイターズ・トーク事務局(03-6221-0443)で電話受付

第2回以降ゲスト(予定):
麻生哲朗
伊藤直樹
大貫卓也
葛西薫
澤本嘉光
谷山雅計
中治信博
中島信也
福里真一
前田知巳
箭内道彦
山崎隆明

  • HOME
  • Life&Society
  • 天野祐吉と広告クリエイターが語る広告制作の舞台裏、全12回の初回ゲストに佐藤可士和

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて