企画展『秀英体100』が大阪2会場へ巡回、杉浦康平の講演会も開催

生誕100周年を迎えるフォント「秀英体」の魅力を伝える企画展『秀英体100』が、大阪・モリサワ本社とdddギャラリーの2会場で3月22日から開催される。

1912年に誕生した秀英体は、現代まで使用されている大日本印刷(DNP)のオリジナル書体。築地体と並び「明朝活字の二大潮流」として、その後の和文書体に大きな影響を与えてきた。同展は、DNPが創業当時から引き継いできた文化資産である秀英体の魅力を紹介するため、1月に東京・銀座のgggギャラリーで行われた『秀英体100』の巡回展となる。

会期中は、秀英体の魅力を伝える24人+1組のグラフィックデザイナーによる「四季」をテーマに制作された新作ポスターのほか、書籍やポスター、広告など様々な作品や開発資料を展示。活版印刷からデジタル活用まで時代とともに大きく変化してきた秀英体の100年を展望する。

また、秀英体を語るうえで欠かせないグラフィックデザイナー・杉浦康平によるモリサワ本社での特別講演会や、関西のデザインシーンを牽引する、南部俊安、高橋善丸、杉崎真之助、三木健ら4人によるギャラリートークなどが予定されている。

第179回企画展
『秀英体100』

2011年3月22日(火)~5月11日(水)

会場:大阪府 モリサワ本社ビル1Fエントランス
時間:10:00~17:00
休館日:土、日曜、祝日
料金:無料

会場:大阪府 dddギャラリー
時間:11:00~19:00(土曜日は18:00まで)
休館日:日、月曜、祝日
料金:無料

出展作家:
浅葉克己
井上嗣也
葛西薫
勝井三雄
佐藤晃一
佐野研二郎
澁谷克彦
杉浦康平
杉崎真之助
祖父江慎
高橋善丸
立花文穂
永井一正
中島英樹
長嶋りかこ
仲條正義
中村至男
南部俊安
服部一成
原研哉
平野敬子
平野甲賀
松永真
三木健
コントラプンクト(デンマーク)

『オープニングパーティ』

2011年3月22日(火)17:30~19:00
会場:大阪府 dddギャラリー

『ギャラリートーク』

2011年3月22日(火)16:00~17:30
会場:大阪府 なんばSSビル
出演:南部俊安+高橋善丸+杉崎真之助+三木健
定員:先着70名
※入場無料、要予約
※参加予約はdddギャラリーで電話受付

『特別講演会』

2011年4月22日(金)18:00~20:00
会場:大阪府 モリサワ本社ビル4F大会議室
出演:杉浦康平
※入場無料、要予約(先着150名)
※参加予約はdddギャラリーで電話受付

  • HOME
  • Art,Design
  • 企画展『秀英体100』が大阪2会場へ巡回、杉浦康平の講演会も開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて