ニュース

雑誌『GINZA』がリニューアル、やくしまるえつこ、星野源エッセイなど連載開始

4月12日に発売された女性ファッション誌『GINZA』5月号で、やくしまるえつこ、星野源の連載がスタートした。

マガジンハウスから刊行されている『GINZA』は、今号よりアートディレクションにデザイナーの平林奈緒美を迎えリニューアル。夏木マリ、宮沢りえ、永作博美といった豪華女優陣がゲストモデルとして登場しているほか、黒柳徹子から学ぶおしゃれの心得など多彩な記事が掲載されている。

今回からスタートしたやくしまるの連載「やくしまるえつこ郵便局」では、やくしまるによる手紙、イラストと共に、ファッションブランドとのコラボを展開。初回となる今号では「スズキタカユキ」がフィーチャーされている。また、『GINZA』読者に向け、大友良英、zAk、鈴木慶一、Bose(スチャダラパー)らがやくしまるの紹介文を寄稿している点も注目だ。

同じくスタートした星野源の連載「銀座鉄道の夜」は、『そして生活はつづく』などの著書を持つ星野によるエッセイシリーズ。仕事や生活など周りで起きた事に対して、真夜中のテンションで哲学するというテーマのもと、今回は「おっぱいの巻」と題したテキストを寄せている。なお、漫画好きの星野によるラブコールを受け、同連載のイラストは漫画家の花沢健吾が手掛けている。

『GINZA』5月号

2011年4月25日発売
価格:650円(税込)
発行:マガジンハウス

amazonで購入する

『GINZA』5月号
『GINZA』5月号
やくしまるえつこ
やくしまるえつこ
星野源
星野源
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」