ニュース

現代美術家の高嶺格展覧会が広島で開催中、市民や美術館とのコラボ作品も紹介

現代美術作家・高嶺格の展覧会『とおくてよくみえない』が、広島市現代美術館で7月10日まで開催されている。同展は1月に神奈川・みなとみらいの横浜美術館で行われた同名展の巡回展となる。

1968年に鹿児島県で生まれた高嶺は滋賀県在住のアーティスト。1990年代初頭からパフォーマンスを含む活動を始め、アーティストグループ「ダムタイプ」の作品などに参加。映像や音、コンピュータを用いた仕掛けなどを取り込んだインスタレーション作品やパフォーマンスなど、ジャンルを横断して表現と身体性を結びつける創作活動を行っている。また、振付家や音楽家との共作や、自らが演出を手がける舞台作品も発表するなど、演出家としても知られる。

同展では、2000年代初頭の作品をはじめ、2トンの粘土で作られた巨像を動かすクレイアニメ作品『God Bless America』、在日韓国人である妻との結婚式を巡る葛藤をドキュメントしたインスタレーション『ベイビー・インサドン』などの代表作だけでなく、高嶺が選んだ美術館のコレクション作品と、高嶺による映像を組み合わせた作品『物々交感論』などを展示。また、広島市民のボランティアも制作に参加した『A Big Blow-job』や、新作『とおくてよくみえない』など、高嶺による挑戦の成果を体験することができる。

高嶺格個展
『とおくてよくみえない』

2011年4月23日(土)~7月10日(日)
会場:広島県 広島市現代美術館
時間:10:00~17:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜
料金:
当日 一般1,000円 大学生700円 高校生500円
前売 一般800円 大学生600円 高校生400円

『アーティストトーク』

2011年6月25日(土)14:00~15:30
会場:広島県 広島市現代美術館
料金:無料
※要展覧会チケット、申込不要

『学芸員によるギャラリートーク』

2011年6月12日(日)14:00~15:00
会場:広島県 広島市現代美術館
料金:無料
※要展覧会チケット、申込不要

(画像上から:《とおくてよくみえない》2011年 広島市現代美術館での展示風景 撮影:中尾俊之(CACTUS)、《ベイビー・インサドン》2004年 写真インスタレーション(部分)、《God Bless America》2002 年 映像作品(イメージ)、《A Big Blow-job》2004 年/2011 年再制作 広島市現代美術館での展示風景 撮影:中尾俊之(CACTUS))

《とおくてよくみえない》2011年 広島市現代美術館での展示風景 撮影:中尾俊之(CACTUS)
《とおくてよくみえない》2011年 広島市現代美術館での展示風景 撮影:中尾俊之(CACTUS)
《ベイビー・インサドン》2004年 写真インスタレーション(部分)
《ベイビー・インサドン》2004年 写真インスタレーション(部分)
《God Bless America》2002 年 映像作品(イメージ)
《God Bless America》2002 年 映像作品(イメージ)
《A Big Blow-job》2004 年/2011 年再制作 広島市現代美術館での展示風景 撮影:中尾俊之(CACTUS)
《A Big Blow-job》2004 年/2011 年再制作 広島市現代美術館での展示風景 撮影:中尾俊之(CACTUS)
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催