特集 PR

アートとゴミの違いって? 高嶺格インタビュー

アートとゴミの違いって? 高嶺格インタビュー

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:小林宏彰
2011/01/13

その美術家の名前「格」は、ものの「本質」を意味する言葉だ。高嶺格はしかし、高みから何かを説くよりも、生身の個人の目線から、人々が忘れがちな、または忘れたフリをしがちな問いをあぶり出す。2トンの粘土でつくったブサイクなジョージ・ブッシュに「God Bless America」を歌わせたり、在日韓国人の恋人から受けた問いへの葛藤を作品化したり。はたまた、英語が共通語の国際展であえて故郷の鹿児島弁(とエスペラント語!)を使った作品を発表したり。今回、横浜美術館で1月21日から3月20日まで開催される首都圏初の大規模な個展『高嶺格:とおくてよくみえない』は、美術館という存在そのものにも問いを投げかける展覧会になりそうだという。

(インタビュー・テキスト:内田伸一 撮影:小林宏彰)

アートを観に行く美術館なのに「よくみえない」っていう

―今回の横浜美術館での個展は、「とおくてよくみえない」という謎めいたサブタイトルがついていますね。そこに込めた意図とは?

アートとゴミの違いって? 高嶺格インタビュー
高嶺 格「とおくてよくみえない」
“Too Far To See”
※本展イメージ画像

高嶺:この展覧会は横浜美術館で開催したあと、広島市現代美術館にも巡回するんですね。最初に両方のキュレーターと集まって相談をした際に、どちらもいわば典型的な「美術館」だねという話が出て。所蔵コレクションがあってそれを展示したり、それとは別に企画展をしたり。

―たしかに一般的には、美術館って「アートの殿堂」ですよね。

高嶺:そんな美術館という存在自体を考える展覧会ができないかと話したときに、人々が作品と出会えるのが美術館だけど、そこでも見えない、見えづらい状況ってあるよね? という言葉が出てきて。

―混雑した美術館でよく思いますね、遠くてよく見えないよって。

高嶺:距離感のとりかたひとつでコミュニケーションが成立したり、だめだったりする。人と人、国と国の関係とかでも同じで…。今回の展覧会はそのあたりの問題意識からスタートしています。

―美術館での展覧会のあり方を、高嶺さん流にゆさぶる試みということですか。

アートとゴミの違いって? 高嶺格インタビュー
高嶺格

高嶺:いま(取材時)、この横浜美術館ではドガ展をやっていて、会場はすごくキレイに設営され、キャプション群もきっちりと丁寧に展示されています。たとえば、そのあつらえをそのまま使えないかと。ドガの生涯を解説したボードとかもそのままで、彼の名画があったところに別の物を置くとか。

―そうなるともう「よくみえない」というより「よくわからない」(笑)!?

高嶺:それはさすがにいろんな事情で実現できなさそうなのですが、なるべく自分の手で作ったものを減らそうと考えています。

―謎が多いですね。新作も登場予定だそうですが、どんなものになりそうですか?

高嶺:新作…あると思います。って実はまだ詳しくは決まってないんですが(笑)。僕はアトリエをもっていなくて、美術館なりフェスティバルなりに声をかけてもらった際に、現地に行って滞在制作することが多いんですね。滞在制作の中で生まれる新作と、過去に作った作品とが同時に展示されるので、過去の作品でも自然と違う見られ方をするだろうから、その流れをどうするかを考えています。

―では、出展予定の作品やこれまでの創作姿勢について伺いながら、この謎の(?)展覧会に、少しでも迫れればと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『高嶺格:とおくてよくみえない』

2011年1月21日(金)〜3月20日(日)

会場:横浜市 みなとみらい 横浜美術館

時間:10:00〜18:00(金曜は20:00まで開館、入場は閉館の30分前まで)
休館日:木曜

料金:一般1,100円 大学・高校生700円 中学生400円 小学生以下無料

『三木あき子(『横浜トリエンナーレ2011』アーティスティックディレクター)×高嶺 格クロストーク』

2011年1月22日(土)

会場:横浜美術館レクチャーホール

時間:15:00〜16:30(開場は開演の30分前)

定員:240名

料金:無料

『高嶺格 トーク』

2011年3月19日(土)
会場:横浜美術館レクチャーホール 

時間:15:00〜16:30(開場は開演の30分前)
定員:240名

料金:無料

『学芸員によるレクチャー』

2011年2月5日(土) 天野太郎(横浜美術館 主席学芸員)

2011年2月12日(土) 太田雅子(横浜美術館 学芸員)
2011年3月6日(日) 木村絵理子(横浜美術館 学芸員)

会場:横浜美術館レクチャーホール

時間:各回15:00〜16:00(開場は開演の30分前)

定員:240名

料金:無料

高嶺格演出作品
『Melody♥Cup』

2011年2月19日(土)15:00〜、19:30〜
2011年2月20日(日)14:00〜、18:00〜
会場:神奈川県 横浜赤レンガ倉庫1号館 料金:一般前売3,200円 学生・ユース前売2,200円 一般当日3,700円 学生・ユース当日2,700円

プロフィール

高嶺格

1968年鹿児島県生まれ、滋賀県在住。美術家、演出家。京都市立芸術大学工芸科漆工専攻を卒業後、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー (IAMAS)卒業。1990年代初頭よりパフォーマンス活動を行い、ダムタイプの作品にも参加。現在は、インスタレーションや映像、写真、パフォーマンスやその演出など、多彩な手法で表現を展開する。バットシェヴァ・ダンス・カンパニー(イスラエル)や、金森譲などダンスや演劇とのコラボレーションも多く、演出家としても活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『LAPSE』予告編

柳俊太郎、SUMIREらが出演するBABEL LABEL製作の映画『LAPSE』の予告編。SALU書き下ろしの主題歌“LIGHTS”と共に頭に流れ込む3篇のシーンやセリフに魅了され、近いようで遠く、遠いようで近い世界観に引き込まれる。一瞬、現れるメッセージ「未来に抗え。」。この力強い一言には、どんな想いが込められているのだろうか。(角田)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業