ニュース

noble初コンピ盤は澁澤龍彦の小説モチーフ、Serph、石橋英子、wegら参加

音楽レーベル「noble」によるコンピレーションアルバム『Invisible Folklore』が、10月14日にリリースされる。

同作は小説家・澁澤龍彦の遺作であり、平安時代を舞台に、天竺を目指す高丘新王が怪奇と幻想の世界を遍歴する物語『高丘親王航海記』をモチーフにしたコンセプトアルバム。同レーベルゆかりの音楽家が、同作を構成する7つの章「儒艮」「蘭房」「獏園」「蜜人」「鏡湖」「真珠」「頻伽」のそれぞれを担当し、小説の世界観を表現した書き下ろした楽曲を提供している。

参加アーティストは、10分を超える楽曲を提供しているworld's end girlfriendをはじめ、Serph、石橋英子、Gutevolk、KASHIWA Daisuke、kazumasa hashimoto、Ametsubの7組。また、ジャケットアートワークは、nobleから映像作品をリリースしている画家nakabanが担当している。


V.A.
『Invisible Folklore』

2011年10月14日発売
価格:2,100円(税込)
NBL-203

1. departure / Serph
2. 蘭房 / 石橋英子
3. yummy dream / Gutevolk
4. Sky Liner / KASHIWA Daisuke
5. untitled poem114 / kazumasa hashimoto
6. distress / Ametsub
7. R.I.P. / world's end girlfriend

amazonで購入する

(画像上から:Serph、石橋英子、world's end girlfriend、V.A.『Invisible Folklore』ジャケット)

Serph
Serph
石橋英子
石橋英子
world's end girlfriend
world's end girlfriend
V.A.『Invisible Folklore』ジャケット
V.A.『Invisible Folklore』ジャケット
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー