世界各国から社会を挑発する表現、Chim↑Pomキュレーションの『ひっくりかえる』展

社会と向き合った表現を試みる世界各国のアーティストたちによる展覧会『ひっくりかえる ―Turning around― 展』が、4月1日から東京・神宮前のワタリウム美術館で開催される。

同展では、日本、フランス、ロシア、カナダなど世界各国で社会と向き合ったアート活動を展開しているアーティストたちの作品を展示。日本からは、『ヒロシマの空をピカッとさせる』『LEVEL 7 feat. 明日の神話』などの作品で知られる若手アーティストグループ、Chim↑Pomが出展する。また、Chim↑Pomは同展のキュレーションも手掛けている。

フランスからは、貧困や差別のもとで暮らす人々を撮影した巨大な写真を、現地の人々と一緒に壁に貼るというプロジェクトを進めているアーティスト「JR」、ロシアからは、現ロシア政権や警察、資本家を敵視し、神父の服に警察の帽子という服装での万引きや博物館での公開セックスなど、挑発的なアクションを実行しているアーティスト集団VOINAが参加。カナダからは、反資本主義の活動家カレ・ラースンによって創刊され、既存のマスメディアを批判し続けている雑誌『Adbusters』が出展する。

また、特別参加作家として、丸木位里、丸木俊をはじめ、じゃましマン、竹内公太、イエス・メン、指差作業員が名を連ねている。

『ひっくりかえる ―Turning around― 展』

2012年4月1日(日)~7月8日(日)
会場:東京都 神宮前 ワタリウム美術館
時間:11:00~19:00(水曜は21:00まで)
参加作家:
Chim↑Pom
JR
VOINA
Adbusters
特別参加作家:
じゃましマン
竹内公太
丸木位里、丸木俊
イエス・メン
指差作業員
and more
休館日:月曜
料金:大人1,000円 学生(25歳以下)800円 大人ペア券1,600円 学生ペア券1,200円
※期間中、何度も使えるパスポート制

(画像上から:Chim↑Pom Red card 2011 ©2011 Chim↑Pom Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo、Chim↑Pom LEVEL 7 feat.「明日の神話」 2011 ©2011 Chim↑Pom Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo、ヴォイナ 「無血クーデター」 2010、JR 28 ミリ、女性たちこそがヒーローより プロヴィデンシアの貧民街 2008 リオ・デ・ジャネイロ)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 世界各国から社会を挑発する表現、Chim↑Pomキュレーションの『ひっくりかえる』展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて