ニュース

ねごと、4か月連続リリース第1弾のシングルから謎解きPV&育つ新アー写公開

ねごとのニューシングル『nameless』が11月7日にリリース。タイトル曲のPVと新たなアーティスト写真が公開された。

11月から2013年2月の2ndフルアルバムまで、4か月連続リリースを展開するねごと。第1弾作品となる『nameless』には、タイトル曲とカップリング曲“100”の2曲が収録されるほか、期間限定盤にはDVDが付属する。

今回公開されたPVは、PerfumeやサカナクションなどのPVも手掛ける関和亮が制作。『nameless!隠された名前を探せ!』と題され、様々なヒントからキーワードを探しあてる謎解き要素を交えた映像作品になっている。また、2ndアルバムに先行してリリースされるシングル3作品のPVはストーリー仕立ての三部作になるという。

また、新たなアーティスト写真は「育つアーティスト写真」と銘打たれ、写真内に植えられた植物の種が徐々に育っていく仕掛けになっているとのこと。植物が成長していく様子は特設サイト内のUstreamでチェックすることが可能だ。

ねごと
『nameless』期間限定通常盤(CD+DVD)

2012年11月7日発売
価格:1,260円(税込)
KSCL-2138/9

1. nameless
2. 100
[DVD収録内容]
・“nameless”PV
※メンバーオリジナルデザインメッセージ4種
※期間限定3部作共通特殊仕様ジャケット
※シングル3作購入者全員応募企画あり

amazonで購入する

『お口ポカーン!! ~SEED with groove~』

2012年12月6日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋アートピアホール

2012年12月7日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 大阪 サンケイホールブリーゼ

2012年12月16日(日)OPEN 17:15 / START 18:00
会場:東京都 TOKYO DOME CITY HALL

料金:全公演 前売3,800円 当日4,300円

(画像上:ねごと、画像下:ねごと『nameless』ジャケット)

ねごと
ねごと
ねごと『nameless』ジャケット
ねごと『nameless』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと